季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

*

猫の暑さ対策!エアコンなしでもペットボトル・保冷剤で手作り方法。

Sponsored Link

梅雨そして夏本番と、夏場は徐々に暑さを増します。

 

私たち人間の熱中症も心配ですが、ご家庭でを飼われている方は家でお留守番している猫の熱中症も心配ではないでしょうか。

 

猫の熱中症対策でエアコンなどを点けたまま外出される方も多いかと思いますが、電気代を考えるとちょっと頭が痛いですよね。

 

そこで、今回は猫の暑さ対策を紹介するとともにエアコンや扇風機を使う際の注意点も紹介していきたいと思います。お届けする内容はこちら!

 

・猫は暑さに弱いの?猫に快適な状態とは?
・猫の暑さ対策。エアコンや扇風機をつけるときの注意点は?
・エアコンがない場合の猫の暑さ対策は?
・長時間留守にする場合の猫の暑さ対策は?
・猫が熱中症にならないように注意すること。

 

エアコンなしでもできる猫の暑さ対策は、費用を抑えることもできて手軽なので、覚えておいて損はないと思いますよ♪

 

Sponsored Link

猫は暑さに弱いの?猫に快適な状態とは?

 

まず、猫は暑さに弱いのか?ということですが、基本的に猫は暑さにはそれほど弱くはありません

 

とは言っても、猛暑や酷暑といった度を超えた暑さには、人間同様に猫もさすがにぐったりしちゃいます。

 

 

でも実は猫が弱いのは暑さよりも湿度

高温多湿という日本独特の夏の暑さに弱いのです。

 

なので、梅雨時期などは特に蒸し暑いので、猫をご家庭で飼われている方は除湿器などあると良いかもしれません。

 

もちろん品種によって違いがあるので、ご家庭で飼われている猫の品種がわかっている場合は調べてみてくださいね。

 

猫の暑さ対策。エアコンや扇風機をつけるときの注意点は?

 

夏になると猫の暑さ対策でエアコンや扇風機などをつけたまま外出される方も多いかと思います。

 

ですが、ただつけているだけでは猫にとって快適とは言えません

 

猫は扇風機の風を不快に感じたりしますし、エアコンの温度設定が低いと寒いだけになっちゃいます。

 

そこで、猫の暑さ対策でのエアコンや扇風機を使う際の注意点を紹介します。

 

 

エアコンを使う際の温度設定は26度~28度がおすすめです。

この温度が猫にとって快適と感じる温度なのです。

人間は25、6度が快適といわれているので、猫の方がちょこっと高めですね。

 

そして、先ほど書いたように猫は湿度に弱いので除湿ドライに設定して使ってくださいね。

 

 

そして扇風機を使う際は、猫に直接風が当たるようにするのではなく風の通りが良くなるように考えて扇風機を置くと良いでしょう。

 


Sponsored Link

エアコンがない場合の猫の暑さ対策は?

猫 階段

 

ではエアコンがない場合や使いたくない場合は、どのような暑さ対策をしたらよいのでしょうか。

 

実は猫は涼しい場所を探す達人!なのです。

 

自分で快適な場所を探すのでケージなどに入れて行動範囲を狭くするのではなく、家の中を自由に動き回れるようにしてあげてくださいね。

 

 

猫が涼しく感じる場所は意外にもトイレやお風呂場。なので、トイレやお風呂場を自由に出入りできるようにすると良いと思います。

 

注意点として猫が溺れてしまう可能性があるので、お風呂の水は抜いておくこと、トイレのフタは閉じておいてくださいね。

 

また、押し入れやクローゼットも好むので、猫が入っても困らなければ自由に出入りできるようにしてあげてください。

 

また遮熱カーテンは熱を通さないので、日差しによる気温の上昇を抑えてくれますよ。

 

長時間留守にする場合の猫の暑さ対策は?

 

やはり猫が熱中症にならないか1番心配になる時は、長時間留守にするときですよね。留守にしていると外出先でも猫の様子が気になってしまいます。

 

長時間留守にするときの猫の暑さ対策を紹介いたしますので、しっかり対策して心配の種をなくしましょう!

 

 

猫用のベッドなどに保冷剤をタオルで巻いて入れておいてあげてください。タオルで巻いた保冷剤に体をくっつけて体温調節をしたりするので、かなり効果がありますよ。

 

保冷剤がなければペットボトルに水を入れて凍らせたものでも大丈夫です。

 

また、水を入れて凍らせたペットボトルを置いておくだけでも、冷気によって涼しい場所ができるので良いですよ。

 

猫が熱中症にならないように注意すること。

 

これまで猫の暑さ対策を紹介してきました。

次に猫が熱中症にならないように注意することをご紹介します。

 

猫は口から体温調節しますので、水を飲むだけでもかなり暑さ対策になるのです。

 

なので、少し冷たいぐらいの水を常に飲めるようにしておいてあげると良いでしょう。

 

とは言っても外出中に水を入れ替えることはできませんよね。

その場合、小さめの氷を入れて水が温かくならないようにするだけでも効果がありますよ。

 

また、今では便利な循環式給水器があるので、こういったものを使うのも良いのではないでしょうか。

 

 

 

暑さ対策で素敵な猫ライフを♪

 

【関連記事】

猫の抜け毛の原因と対策。ひどい時期は病気やアレルギー?

一人暮らしの猫の飼い方。費用や必要な物って何?おすすめの種類は?

犬の暑さ対策。留守番の時は?屋外や散歩時の暑さ対策。

うさぎの暑さ対策!エアコンなしで手作り。ペットボトル、保冷剤。

ハムスターの暑さ対策!エアコン以外の方法。旅行は大丈夫?

 

今回の猫の暑さ対策はいかがでしたでしょうか。

 

猫を飼っていると、やはり暑い日の日中に外出する際は熱中症が心配ですよね。

 

暑さ対策で出かける前と帰宅後すぐに水を入れ替えるのも良いですね。

ゲージなどを作らず、自由にいろいろな部屋を出入りできるようにしてあげるのも効果があるということも分かりました。

 

猫の暑さ対策をしっかりしてあげるといつもまでも元気でいてくれますよ。

 

ペットとはいえ大事な家族だと思いますので、しっかりと猫の暑さ対策をしてあげて素敵な猫ライフを送ってくださいね。

Sponsored Link