季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

顔のシミを自分(男女)で消す方法。レーザーを使わない取り方は?

年齢とともにあらわれるシミ

 

顔のお手入れは、ずっと前から常日頃しているはずなのに、顔にあらわれてきたこのシミをいったいどうやって消したらよいのでしょうか?

 

よく見かけるレーザー治療は値段が気になるし、顔にレーザーをあてるのはちょっと心配。

どうにか日頃のお手入れでシミを消す方法はないものなんですか?

 

そんな声を耳にして、シミができてしまった原因を、シミの種類にわけて探ってみました。

 

そしてレーザーを使わずにシミを取る方法。

また、皮膚科や美容クリニックを受診してレーザーを使った場合の値段や注意点について、下記の流れでお話しします。

 

・顔のシミの原因と種類
・レーザーを使わないで顔のシミを消すには?
・レーザーを使って顔のシミを消す場合の値段や注意点について
・顔のシミの予防方法

 

シミの予防法もしっかり押さえておきましょうね♪

 

Sponsored Link

顔のシミの原因と種類

 

シミは女性の顔だけではく、男性の顔にもあらわれるものです。

 

共通する原因は紫外線によるものですが、女性はそのほか、ホルモンのバランスの崩れによってできることもあるんです。

 

まずは女性の顔にあらわれるシミについてお話ししていきますね。

 

 

女性の顔にできるシミの種類は、大きく分けて4つあります。

 

老人性色素班とよばれる淡褐色から褐色のシミで、肌色とシミの境がはっきりしているもの。

 

次に最近美白をうたっているコマーシャルなどでよく耳にする肝斑

これも色は淡褐色から褐色で頬骨から目尻にかけてできるシミ。

 

炎症後色素沈着も、色は同様に淡褐色から褐色なものが多いですが、ときに青っぽく見える場合もあります。

 

あとはみなさんよくご存知のそばかす

色は淡褐色で頬や鼻のあたりにあらわれるシミです。

 

 

老人性色素班の原因は、紫外線と加齢にあるといわれています。

 

肝斑はホルモンのバランスの乱れに関係してできるシミで、妊婦の方や更年期を迎えられている方に多くみられます。

 

炎症後色素沈着はというと、その名の通り、ニキビや虫刺されや傷の炎症が原因となり、その症状が治まった後に見られる色素沈着のことです。

 

10代の思春期に目立ち始めるそばかすの原因は、遺伝的な要素が大きく、紫外線に当たることで色が濃くなってしまうことがあります。

 

女性 顔

 

これに対して男性の顔にあらわれるシミは、女性と同様なシミの種類もありますが、男性の顔のシミの主な原因には、紫外線を大量に浴びたことでメラニン色素を顔につくってしまうことがあげられます。

 

加齢によって肌が老化すると、肌に溜め込んだメラニン色素が上手にターンオーバーされずに、シミとなって顔にあらわれてしまうのです。

 

そのほかストレス睡眠不足で表皮の新陳代謝が上手におこなわれず、シミの原因となることがあります。

 


Sponsored Link

レーザーを使わないで顔のシミを消すには?

鏡 女性

 

どのシミについても、また男性や女性のシミに関わらず、シミを取る方法で欠かせないことは、ビタミンC誘導体の含まれている美容液を使用することです。

 

サプリメントもビタミンCが含まれているものを選んで飲みましょう。

 

ビタミンCを皮膚に導入するには超音波付のイオン導入器を使用したり、フェイスマスクを使うとより効果があがりますよ^o^

 

 

また美白効果のある化粧品を使ってのケアは大切ですね。

 

ピーリングは肝斑や炎症後色素沈着によいとされますが、スクラブ入りのものを使うときは、その刺激で悪化してしまうことがありますので注意してくださいね。

 

顔のシミを取り除くには、毎日の積み重ねがとても大切です。

ビタミンCの摂取をかかさず、日々励みましょう♪

 


Sponsored Link

レーザーを使って顔のシミを消す場合の値段や注意点について

 

顔のシミをレーザーで取りたいという場合は、皮膚科や美容クリニックを受診しなければなりませんよね。

 

心配される費用ですが、数百万円かかっていた時代からは大分安くなっていますが、皮膚科も美容クリニックも病院なのに、レーザーでのシミ取りは保険の適応にはなりません。自費扱いです。

 

シミを取ることは美容が目的とされるため、保険は適応されないのです。自費扱いなので実際の金額は病院により幅があります

 

 

シミの種類によっても値段が違いますし、使用するレーザーの器具によっても違います。

 

数字で表すと、たとえば大手美容クリニックの肝斑治療費は顔全体で1回16,000円、コースで90,000円という料金がかかげられていますね。

 

レーザーを受ける前には、どの病院でもカウンセリングを行ってくれますので、その時費用も聞いておきましょう。

 

同時にレーザーでシミを取り除く場合、妊娠中の方や感染症のある人は施術を断られる場合がありますので注意してください。

 

 

よく耳にすることは、気になっていたシミは確かに取れたけれど、そのあとの肌荒れ乾燥肌が気になり別の問題を抱えるようになってしまったという声です。

 

レーザーのあとが色素沈着してしまうという心配もあるとのことなので、受診しようと思う病院の情報を十分得て、技術について納得したうえで治療にはいるよう気をつけてくださいね。

 

施術後、入浴はいつからしてよいか、また女性の場合はお化粧はいつからできるのかをしっかり確認しておくことも大事ですよ。

 

顔のシミの予防方法

女性 美容 お手入れ

 

顔のシミの予防はズバリ、紫外線の防止

すなわちUVケアはかかせません。

 

お日様の下ではしっかりとUVクリームを塗り、日傘や帽子を忘れずに。

 

 

また肌質を上げるために、乳液化粧水でお肌の保湿は保ちましょう。

 

そしてお顔の表面上からだけではなく、メラニン色素の沈着を予防するといわれるビタミンCをサプリメントなどで摂取して、からだの内側からのケアも大切なことです。

 

サプリメント

 

【関連記事】

そばかすを消す方法。増える原因は?自力で簡単に消したい!

ほくろが増える原因。10代20代の理由。急に増えるのは病気?

紫外線から全身を守る対策グッズまとめ。帽子、服、食べ物など

顔のしわを取る方法。おでこや目の周り、口元のしわを消すには?

20代のスキンケアおすすめランキング!乾燥肌やニキビを改善。

 

 

できたしまったシミ。レーザーを使う方法も昔に比べると値段やリスクに変化を遂げていますが、毎日の積み重ねのケアでお顔のシミ取りも十分はかれます。

 

シミを取り去るビタミンCをいっぱいお肌に取り入れてあげましょう。

保湿をしっかりし健康な肌状態を保って、お肌の新陳代謝をうながしましょう。

 

お顔にできたしまったシミ!あきらめるのはまだまだ早いですよ。

 

お顔のシミの種類やできてしまった原因を考えて、シミ対策いたしましょう。


Sponsored Link