季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

犬の無駄吠えをしつけで防止する簡単な方法。効果的なグッズ。

憧れていた犬との生活♪公園で仲良くウォーキング。

 

休日には犬を連れてドッグカフェへ。旅行にも一緒に連れて行きたいな。…の、はずだったのに、うちの犬はいつも吠えてばかり(;-_-) =3

 

こんなんじゃ、ドッグカフェどころか毎日の散歩も恥ずかしい!そのうちご近所から苦情がくるかも

 

無駄吠えは、飼い主のしつけの問題だっていわれるけど、なにから手をつけていいのか分からない!今回は、犬の無駄吠えを防止する犬のしつけの方法を下記の流れに沿ってご紹介します。

 

・犬の無駄吠えする原因は?
・しつけで犬の無駄吠えを防止する方法はコレ!
・犬のタイプ別に無駄吠えを防止するしつけ方法
・犬のしつけにおススメのグッズや道具は?
・やってはいけないしつけ方や使ってはいけない道具はある?

 

Sponsored Link

犬の無駄吠えする原因は?

 

犬が吠えるのは、犬の本能です。吠えて当たり前なんです( ̄▽ ̄;)!!ガーン

 

 

いきなりそう言われるとガッカリですか?でも、大丈夫!犬には吠える本能と同時に、吠えない本能が元々備わっています。
犬に備わっている本能は6つ

①群棲本能(ぐんせい)・・リーダーを中心に縦社会をつくる
②権勢本能(けんせい)・・リーダーの座を狙う行動
③服従本能・・・・・・・リーダーに従い、群れで平和に暮らそうとする行動
④警戒本能・・・・・・・縄張りへの侵入者を追い出す行動
⑤防衛本能・・・・・・・群れで自分の地位を守ろうとする
⑥監守本能・・・・・・・獲物を横取りさせない本能

 

このうち、③の服従本能だけが吠えない行動で、他は吠える本能…

 

ですから、服従本能をうまく伸ばすしかありません。無駄吠え防止には、犬の本能を利用したしつけの方法が犬にも人間にもストレスフリー♪

 

上手にしつけて、犬との生活を楽しみましょう☆

 


Sponsored Link

しつけで犬の無駄吠えを防止する方法はコレ!

 

最初に無駄吠えだけでなく、すべてのしつけの基本を紹介します。

 

リーダーウォーク☆ホールドスティル&マズルコントロール☆タッチング☆

 

これが犬のしつけの基本です。詳しいやり方を紹介します↓

 

リーダーウォーク(犬のしつけ方)

 

ホールドスティル(犬のしつけ方)

 

マズルコントロール

 

タッチング(盲導犬候補生フリード)

 

きちんとしつければ、無駄吠えだけでなく、噛みつき癖や飛びつき癖などを防止することも出来ますし、犬とのおでかけや動物病院での診察もスムーズです♪

 


Sponsored Link

犬のタイプ別に無駄吠えを防止するしつけ方法

 

次に、犬のタイプ別に無駄吠えへの対応をみてみましょう!

 

まずは、どんな時に吠えているのか観察しましょう。あなたの犬は、どんな時に吠えやすいですか?

 

吠えている時に威嚇しているのか、おびえているのか、はしゃいでいるのか注意して見てみて下さい。

 

 

①わがままタイプ→エサや散歩、抱っこなどを要求して吠えるタイプ

犬のいいなりになっていると、吠えれば要求が叶うと思って無駄吠えをします。こういうタイプは、吠え始めたら、心を鬼にして無視します。あきらめて無駄吠えが収まったら、要求に答えてあげます。「吠えない方がかまってもらえる♪」と学習させるんです。

②さみしがりやタイプ→留守番中に吠えるタイプ。

飼い主を後追いして吠えるケースも。このタイプは、留守番に慣れさせるしかありません。出かけるときに声をかけたりせず、シレっと外出してすぐ(1~2分)に帰ってくることをくりかえして、慣れさせましょう。
ゲージに入れて留守番させる(ゲージに守られていると感じる)、ラジオをつけたまま外出するなども有効です。

③ハイテンションタイプ→しっぽを追いかけてクルクルまわるなど、元気で好奇心旺盛なタイプ。

静と動のメリハリをつけてあげましょう。ドッグランなどで、おもいっきり遊ばせて元気を発散させてあげて♪逆に家ではハウスに入れて静かに過ごさせると◎です。

④内弁慶タイプ→外や他の犬などが怖い

子犬の時に外に出さないと内弁慶になってしまいます。生後2~3か月の時に、外に出して慣れさせるのが一番ですが、成犬になってからだと、ゆっくり慣れさせていくしかありません。

⑤自分がボスタイプ→権勢本能が強いタイプ

リーダーは飼い主であることを、学習させましょう。

 

食事は、飼い主が先に食べてから与えるようしつけしましょう。犬の社会では、上位のものから食事をしますから、飼い主が先に食べるのも大事なしつけです。

 

犬のしつけにおススメのグッズや道具は?

カスタネットや鈴など音の出るもの

鈴

 

音の出るもので犬の気を反らせて、正気を取り戻してもらう方法です。犬だけに聞こえる周波数の超音波を出す装置も無駄吠え防止用として販売されています。

 

首輪に超音波発生装置が内蔵されているタイプには、吠え始めたら自動的に超音波を発生するものや、リモコンタイプなどがあります。

 

酢水などのスプレー

霧吹き

 

犬が鳴き始めたら酢水を吹きかけ、嫌な臭いで犬が鳴きやむものです。

 

酢水だけでなく、専用のしつけ用スプレーも市販されていますし、超音波装置と一緒で首輪タイプもあります。あまり過度に使用しない程度に抑えておくことも大切です。

 

やってはいけないしつけ方や使ってはいけない道具はある?

 

犬に苦痛を与えるしつけ方法や声帯手術

ショックカラーとよばれる、吠えると電流が流れる首輪…。

 

しつけに「ごほうび」と「罰」は必要かも知れませんが、電流を流す方法は犬が恐怖を感じてストレスに。恐怖のあまりパニックになって余計に無駄吠えがひどくなることも。

 

声帯手術は、手っ取り早く解決できそうに思う人もいるかもしれませんが、声が出なくなるわけではなく、声が小さくしわがれたようになるだけです。
飼い主がしつけに失敗したからといって、安易に犬に苦痛を与える方法はとらないようにしましょう。

 

叩いたり怒鳴ったりする

怒る

 

飼い主を攻撃対象と感じてしまったり、遊んでもらっていると勘違いしてしまったりして
余計に無駄吠えがひどくなることがあります( ̄▽ ̄;)!!

 

叩かれる不快感と飼い主を結び付けてしまって、飼い主が傍にいることがストレスになってしまうことも…。

 

おもちゃで気をひいて無駄吠えを一時的に止める方法。

 

おもちゃなどで気をひく方法は「しつけ」というより、「気を反らす」方法ですが、無駄吠えをストップさせる方法としては、間違いではありません。

 

でも、ちょっと注意が必要です。おもちゃを与えっぱなしにしてしまわず、遊んだ後は飼い主が取りあげましょう

 

最後におもちゃを犬が持った状態にすると、主導権が犬にあると感じてしまい、飼い主の言う事を聞かなくなってしまいます。

 

いつも主導権は飼い主が持つことが、しつけの基本。犬に主導権を与えないことが、無駄吠え防止につながります☆

 

ワンちゃんと楽しく暮らそう♪

 

犬のしつけの基本は、飼い主がリーダーであることを学習させることです。こんなふうにいうと、なんだかかわいそうに思う人もいるかもしれませんね。

 

でも犬の世界では、リーダーの方が短命なんです。リーダーは、群れを守るためにいつも緊張状態…。ストレスがたまって病気になりやすいといわれているんです。
服従本能を伸ばしてあげれば、無駄吠えしなくなるだけでなく、犬も飼い主もストレスフリー♪自信をもってしつけをしてあげてくださいね☆

 

家族とペット

 

【関連記事】

犬の抜け毛の原因と対策。ひどい時期は病気やアレルギー?

犬の暑さ対策。留守番の時は?屋外や散歩時の暑さ対策。

一人暮らしにオススメのペットは?飼いやすくてなつくペットまとめ

 

今回は、犬の無駄吠えをしつけで防止する方法を紹介しました。犬の無駄吠えは、犬と飼い主の関係が悪くなるばかりでなく、ご近所トラブルに発展することもあります。
せっかく迎え入れた犬です。あなたの犬が無駄吠えをしているなら、愛情をもってしつけをして、犬と仲良く暮らせるようにしてくださいね☆


Sponsored Link