季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

布団の湿気カビ対策!フローリング直敷きは危険?予防方法は?

布団の湿気が気になるなあと思っていたら、ある日布団にカビが!毎日寝る場所だけに、布団にカビが生えたら本当にショックですよね。

 

カビは生えてしまったら、ちょっとくらい洗っても干してもとれないし、買い換えるにしたって粗大ごみをだすのにもお金がかかるところが多いですよね。

 

湿気の多い梅雨時~夏は、気温も高く、カビの繁殖も早い時期。布団から、床や畳にカビがうつっていたりしたら…掃除に消毒と、大変なことになってしまいます。

 

そうならないためにも、早めに布団の湿気とカビの対策をしましょう。今回のテーマはこちら。

 

・布団の湿気の原因は?
・湿気やカビのある布団で寝るのは危険!?
・フローリングや畳に布団を直接ひくのは良くない?対策は?
・布団のカビや湿気を防ぐ対策方法は?

 

Sponsored Link

布団の湿気の原因は?

 

睡眠中、人は代謝を下げて脳と身体を休ませるため、体温を下げて代謝を下げるのですが、体温を下げるために起きている時よりも多く発汗します。

 

人が睡眠中にかく汗の量は一晩でコップ一杯分ぐらい。この汗の水分が布団に湿気として染み込んでしまいます。その為、布団は湿気やすいのです。

 

布団が湿気やすい時期は?

雨

 

湿気と気温が高い梅雨~夏はもちろんカビが発生しやすくなりますが、冬場も床と布団の間が結露してしまい、カビが発生しやすくなります。

 

えっ?結露って窓に水滴がつくことじゃないの?と思いますよね。

 

いえいえ、窓だけじゃなく床だって壁だって、温度差があるところには結露が起こるのです。

 


Sponsored Link

湿気やカビのある布団で寝るのは危険!?

カビ

 

カビを吸い込むことで起こる病気があります。

 

気管支喘息、夏型過敏性肺炎、気管支肺アスペギス症など、激しい咳に悩まされる病気や、アレルギー性鼻炎などくしゃみや鼻水といった花粉症のような症状が出る病気です。

 

これらの病気は、一度かかってしまったら長引くことも多いですから、特に子供やお年寄りのいるご家庭では気をつけたいですよね。

 

しっかり湿気対策をして、布団にカビが生えないように注意してください。

 


Sponsored Link

フローリングや畳に布団を直接ひくのは良くない?対策は?

4

 

寝ている間に出たコップ1杯分もの汗の湿気は、敷布団を通してフローリングや畳に接触します。

 

敷布団とフローリングや畳には温度差があるために、この湿気が冷やされて水滴になります。

 

この結露によって敷布団が濡れた状態になってしまうので、このままの状態だと布団にカビが生えてしまうのです。

 

 

ですから、窓ガラスと同じで布団とフローリングや畳との温度差が激しい冬ほど結露しやすいのです。

 

特にフローリングは畳よりも吸湿性がありませんから、起きたら布団がビショビショなんてことに…。

 

 

でも、どうしてもフローリングに布団を敷きたいんです!

 

良くないのは分かっているけど、ベッドを置くスペースがない、畳の部屋がないなど、どうしてもフローリングに布団をひくしかない場合もありますよね。

 

フローリングに布団を敷くときには、すのこなどをひくと湿気とカビ対策になります。

 

すのこ

 

折りたたみベッドのように使用できるすのこも販売されていますから利用してみてください。

 

布団とフローリングの間に空気の流れが出来て結露を防ぐことが出来ますし、身体から出た湿気も布団から放出されやすくなります。

 

すのこを置くスペースもない方は、断熱シート+吸湿マットを利用して対策するのもありですね!

 

布団のカビや湿気を防ぐ対策方法は?

 

毎日換気と結露の拭き取りを

まずは、空気の入れ替えで湿気を外に出しましょう。加湿器を使っているお家では、特に毎日空気の入れ替えをして下さい。

 

クローゼットや押し入れの中に湿気がこもっている場合も多いです。時々は開け放して空気を入れ替えましょう。

 

扇風機などで風を送ってあげると更に効果的です。

 

 

結露も放っておくと、窓枠やカーテンにカビが生えてしまいます。

 

このカビが暖かい日に乾燥すると、増殖したカビを室内にまき散らすことになりますから、特に注意してくださいね。

 

 

布団は敷きっぱなしにしないで!

 

毎日布団が吸収した湿気を放出させないと、カビの原因になります。毎日干すのが理想的だけれど、住宅事情やライフスタイルの関係で出来ない人が多いのではないでしょうか?

 

布団乾燥機があれば解決ですが、布団乾燥機がない場合は、布団を丸めて立てたり、裏返したりして、扇風機で風を送るだけでも湿気はかなり逃がせますよ。

 

 

ベッドの人も、油断は禁物。マットレスの下に吸湿マットをひくなど対策を!

 

毎日、敷布団をめくったり風をおくったりしてくださいね。

 

加湿器に注意!

加湿

 

カビは湿度が高いと繁殖しやすくなりますからまずは、湿度計で部屋の湿度を計りましょう。

 

カビは湿度50パーセントを超えると繁殖しはじめ、60パーセント以上になると急激に繁殖します。

 

あまり湿度が低すぎるとインフルエンザなどのウィルスが活動し始めますので、お部屋の湿度は50パーセント前後が理想的です。

 

 

それから、加湿器の水タンクがカビているなんてことはありませんか?加湿器にカビがついていると、カビを湿気とともに撒き散らすことになってしまいますよ!

 

同じように、エアコンもカビが生えていたら、カビを撒き散らしてしまいますので注意して下さいね。

 

寝起きや洗濯物を部屋干しする時は除湿機を!

 

部屋の湿度が上がり過ぎると部屋や布団にカビが繁殖する原因になりますから、ぜひ除湿機を利用して下さい。除湿機がない場合は、扇風機で風をおくるだけでも違います。

 

 

ペットボトルを凍らせたものや、保冷剤を室内に置くという裏技もあります。これは、わざとペットボトルや保冷剤を結露させて、部屋の湿気を集めてしまう方法です。

 

 

【関連記事】

畳のカビを上手に掃除する方法。効果的に除去する取り方は?

押入れ、クローゼットのカビや湿気を対策!すのこや新聞紙で防止

カーテンのカビ取り方法。洗濯での上手な落とし方とは?

部屋の湿気対策。原因は?カビやカビ臭さを防ぐおすすめ除湿法

加湿器のカビ対策と掃除方法。カビ臭さを除去して防止しよう!

エアコン掃除を自分でやる方法。フィルター、ファン。カビ取り。

 

今回は、布団の湿気とカビの原因と対策についてお伝えしましたが、いかがでしたか?

 

カビの繁殖を防ぐには、とにかく湿気を防ぐことです。

 

みなさんもぜひ、記事を参考に湿気対策をして布団にカビを生やさないように気をつけて下さいね。


Sponsored Link