季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

一人暮らしにオススメのペットは?飼いやすくてなつくペットまとめ

一人暮らしの方、これから一人暮らしを始めようと思っている方。

一人暮らしといっても、人それぞれ事情はさまざまです。

 

親元を離れ、独立しての一人暮らし。パートナーと別れてしまっての一人暮らし。年を重ねて充実した人生を送ってきたけれど、伴侶が居なくなりやむなくの一人暮らし・・・などなど。

 

 

「一人暮らしは自由で気ままだし、全然寂しくなんかないよ〜!」との声も聞こえてきそうですが、ガランとした部屋にあなたを迎えてくれる癒しになる「生き物(ペット)」が居たら、生活がもっと楽しくなるかも!

 

でも生き物って世話が面倒じゃん!

犬は散歩も行かなきゃならないし、猫だって手が掛かりそう・・・。

 

 

確かに確かに。でも手間の掛かるペットばかりではありませんよ。

その生き物のこと、よく知らなくてそう思い込んでいるだけかもしれません。

 

「ではどんなペットが飼いやすいの?」

これから一人暮らしにおすすめのペットをご紹介していきますね!

 

・一人暮らしのペット人気ランキング
・一人暮らしにおすすめのペットの飼い方
・ペットは人生のパートナー

 

Sponsored Link

一人暮らしのペット人気ランキング

猫

 

実際に飼われているペット、飼いたいペットランキングをご紹介します。

☆1位 猫

☆2位 犬

☆3位 魚類

☆4位 鳥類

☆5位 昆虫

☆6位 うさぎ・ネズミ類

☆7位 爬虫類

☆8位 両生類

いかがですか?

思った通りだったでしょうか。

 

やはり人気ナンバー1は猫ちゃんでした。

犬も根強い人気を誇りますね。

 

3位の魚類もアリですよね。

見ているだけで癒やされますから、鑑賞するにはもってこいです。

 


Sponsored Link

一人暮らしにおすすめのペットの飼い方

犬や猫なら大変そうなのが何となくわかるけど、他の生き物の飼い方ってよくわからないなぁ・・・。と思っている方のために、ざっくりと解説していきましょう。

 

猫の飼い方

猫

 

特徴

肉食動物。人間によくなつくため、犬と並ぶ代表的なペットとして世界中で広く飼われている。現在日本国内で飼育されているネコの数は約1,000万頭。世界で100種類を超える。寿命は13〜16年(雑種)。

 

飼いやすさ

犬と違い、毎日の散歩が必要ないので、一人暮らしの人には飼いやすい動物です。

 

なつきやすさ

元来人間にとてもよくなつくため、昔から飼われている動物です。ネコにとっては飼い主さんだけが頼りなので、甘え上手で愛情たっぷり。

 

日中、一人きりにしては可哀想だと思うなら、2頭飼っても良いかもしれません。一人暮らしの人にはこの可愛さは何よりの癒しになるでしょう。

 

かかる費用

・健康診断費用 ¥5,000-

・混合ワクチン(年一回) ¥6,000-

・ノミ・ダニ予防薬(毎月) 体重により変動

・生活用具費用(初期費用) ¥6,000-

・去勢・避妊手術 体重により変動

*病院やお店によって多少費用は変わります。

その他エサ代、トイレの砂など毎月費用が掛かります。

 

注意点

ネコは基本的に完全室内での飼育ですが、一定の運動量が必要です。やりたいだけエサをあげていれば肥満体になり健康を損なうので、キャットタワーなどを置いて、運動ができる環境を整えてあげるのが良いでしょう。

 

家具などを爪でボロボロにされたくなければ「ネコの爪とぎ」なども用意してあげましょう。

 

犬の飼い方

子犬

 

特徴

基本的に肉食動物。雑食とも言われる。世界全体で4億匹いると推定されている。嗅覚が非常に優れ、人の数千から数万倍といわれている。

 

人間にとても従順なので、ペットとしてのみならず人間のパートナーとして働く犬も多い。寿命は12〜16年。大きさによって平均寿命は異なる。

 

飼いやすさ

どんなに小さい犬でも、ある程度の運動が必要です。そのため、毎日の散歩は欠かせません。犬種によって必要運動量が違うので、飼いたいと思う犬の特徴をよく調べてみるといいですね。

 

ブラッシングや毎月のシャンプーも必要です。

仕事で家を空けがちにする人や、世話が億劫だと思う人には向かないかもしれません

 

最近は日本でも室内飼いの犬が多くなってきました。家の広さと、飼う犬の大きさも考えたいところです。

 

なつきやすさ

犬は、なつきやすさNO.1といっても過言ではないでしょう。なんといっても従順で、飼い主に忠実です。

 

愛情深く接してあげれば、たっぷりの愛情を返してくれます。とても健気で可愛い生き物です。

 

かかる費用

・ケージ、クレートなど ¥2,500〜¥10,000

・健康診断費用 ¥5,000-

・狂犬病予防接種(年一回)¥3,000-

・混合ワクチン(年一回) ¥6,000-

・ノミ・ダニ予防薬(毎月) ¥1,000〜1,500- 体重により変動

・フィラリア予防薬(毎月) ¥1,500〜2,200- 体重により変動

・生活用具費用(初期費用) ¥1,0000-

・去勢・避妊手術 体重により変動

*病院やお店によって多少費用は変わります。

その他エサ代、トイレシートなど毎月費用が掛かります。

 

注意点

犬はなつきやすくとても愛情深いので、ペットとして、時にはパートナーや友達として人間に尽くしてくれる生き物です。しかし、それには「しつけ」がとても重要です。

 

散歩に出れば、他の人や他の犬にも会います。その時にしつけがきちんとできていないと、思わぬトラブルになる事もあるのです。

 

長時間一人ぼっちでいる寂しさからストレスを抱え、それが問題行動に発展する可能性もあるので、あまり家に帰らないという一人暮らしの方にはオススメできない生き物かもしれません。

 

ただ可愛いだけでなく、きちんとした「しつけ」を子犬の頃にするのがベストですが、大きくなってもしつけはできるので、“可愛いけど困ったちゃん”にならないように飼い主さんになったら注意してくださいね。

 

魚類の飼い方

金魚

 

特徴

淡水魚と海水魚に分けられる。種類も豊富で、観賞用としてペット人気は高い。

 

飼いやすさ

魚類はしつけなど何もいらないし、うるさく吠えたり、爪で家具を傷つけることもなく、ゆっくり眺めているだけで癒されるペットです。とても飼いやすい生き物といえますね。

 

なつきやすさ

魚は哺乳類と違ってなつかない?確かに「なつく」というのではないかもしれませんが、毎日餌をやっていると、水槽の側に立っただけで魚が寄ってくる、など聞いたことがあります。

 

これを「なついている」と取るかどうかは飼い主さん次第ですが、手を叩くと寄ってくれば可愛いですよね。

 

かかる費用

熱帯魚の場合、初期費用として

・水槽

・水槽台

・ろ過器

・ライト

・エサ

・底砂

・ヒーター

・水草

などが必要です。

 

それほど大きくない水槽を選べば約15,000円もあれば完成するようです。あとは好みの熱帯魚を買うだけです。

 

次に、毎月のコストです。金魚やメダカであれば必要ありませんが、熱帯魚を飼育するならヒーターやろ過器などの電気代が必要です。

 

約60センチの水槽であれば、月3,000円程度の出費が必要でしょう。

 

注意点

魚を元気で長生きさせるには、水環境を整えること大切です。つまり、水槽の状態をよく保つということですね。魚がすぐに死んでしまうという場合は、水槽の環境を見直してみてください。

 

大きな水槽に、高級な機材、高級な魚・・・を用意する前に、まずは小さな水槽に小さな魚から始めてみて、徐々に飼い方に慣れていくのが良いかもしれませんね。

 

鳥類の飼い方

インコ

 

特徴

現存する鳥類は約1万種。恒温動物。卵を産む。翼があり、空を飛ぶことができる。(一部飛べないものもいる)

 

視覚が発達している。犬などの哺乳類と違い色彩の判別が可能。その代わり一部の鳥類を除いて嗅覚が未発達。

 

寿命は10〜20年。大型のオウムなどは30〜50年生きるともいわれている。

 

飼いやすさ

鳥は静かな環境を好みますので、大きな物音がしたり、人がしょっ中出入りするようなところでは落ち着くことができず、ストレスになってしまいます。

 

しかし、日中人がいないという一人暮らしの人の環境であれば飼うのに適しているといえますね。

 

なつきやすさ

飼鳥の中でも特に人懐っこい個体がいます。これをコンパニオンバードと呼びます。文鳥、セキセイインコ、オカメインコなどがそうです。

 

人の掌や肩に乗って遊びます。指で耳のところの羽毛を撫でてあげると気持ちよさそうに目をつぶったり、手の平でコロンと横になったりするほど懐きますよ。

 

かかる費用

インコの場合(初期費用)

・セキセイインコ ¥4,000

・カゴ           ¥ 4,500

・飼育用品       ¥390

・健康診断       ¥4,800

・キャリー       ¥1,000

その他エサ箱、エサ代、巣箱、止まり木、ブランコのおもちゃなど。

*この金額はあくまで目安です。

 

注意点

鳥の鳴き声も結構響いてうるさいこともありますので、飼う時にはご自身の環境をよく考えてください。病気になりやすく、弱い鳥もいますので、かかりつけの病院を見つけておくと良いでしょう。

 

うさぎの飼い方

うさぎ

 

特徴

捕食される側である草食動物のため、その本能から家飼いする場合も隅っこにいることが多い。デリケートな生き物でストレスを感じやすい。

 

排泄は、決まった場所にする習性があるため、しつけによって特定の場所でできるようになる。寿命は5〜11年。

 

飼いやすさ

うさぎは鳴かないのでうるさいという事はありません。しつけによってトイレも覚えてくれるし、散歩も行かなくていい

 

体臭がほとんどな無いので臭くないし、小さなスペースで飼えるので、一人暮らしの人にはもってこいの動物だといえます。

 

なつきやすさ

可愛がるとよくなつきます。飼い主の後を追ってきたり、呼ぶと飛んできたりします。抱っこは嫌いなコが多いようです。

 

かかる費用

・ケージ

・給水器

・エサ箱

・牧草入れ

・トイレ

・エサ

以上合計すると20,000円くらいになります。その他毎月かかる消耗品などで大体5,000円くらいかかります。因みにうさぎの値段ですが、ペットショップで数千円〜数万円です。

 

注意点

うさぎは神経質でストレスを感じやすいので、ケージも大きめの方が良いでしょう。そして常に清潔にしておくことが大切です。

 

えっ!?と思われるかもしれませんが、実はうさぎは犬と同様、家族の中で順位付けをするそうです。油断するとリーダーの座を奪われるかもしれません^_^;だから「しつけ」がとても大切です。

 

ネズミ類(ハムスター)の飼い方

ハムスター

 

特徴

色々種類がいるが、よく知られているのはゴールデンハムスター。ハムスターは人によく馴れて飼いやすいため、ペットとしてよく飼われれている。

 

親子・兄弟であってもケンカをし、死亡することがあるため単独飼育が基本だが、種類によっては複数飼育が可能。

 

縄張り意識が強い。特にメスは気が強いので、不用意に手を出すと噛みつかれる事がある。夜行性。寿命は2〜3年。

 

飼いやすさ

うさぎより小さいし、手間が掛からないと思われるかもしれませんが、意外と世話が大変です。夜行性なので主に夜、活発に動き回ります。

 

その時の騒音は覚悟しなくてはなりません。騒音といってもカラカラと走り回る音だけですが。

 

清潔な飼育環境を作り、新鮮な食べ物を毎日与え、時には散歩(お家の中で)もしてあげるのが望ましいです。(その時いなくならないように気をつけてください)

 

ケージの中の掃除もこまめにしてあげること。そういう事が苦でなければ一人暮らしのペットとしては最適と言えるでしょう。

 

なつきやすさ

ハムスターは、あまり触られるのが好きではありません。一日のうち必要以上に触るのはNGです。しかし人にはよく馴れますので、飼い主さんの掌の上で大好きなヒマワリの種を食べたりしてくれますよ。

 

1分でわかるハムスターの飼い方

 

かかる費用

体が小さいので、犬や猫ほどかかりませんが、それでも初期費用として2万円は見ておくと良いでしょう。

・ケージ

・回し車

・巣箱

・エサ・エサ箱

・トイレ・トイレ砂

・砂浴び場・砂浴び用の砂

・ウッドチップ(床材)

・オモチャ

など。その他消耗品などで月に1,000円くらいかかり(目安です)、病気になれば病院代もかかります。

  

注意点

ハムスターは哺乳類ですので、細菌やウイルスが原因の病気は人間と同じようにかかると思ってください。人間がハムスターにうつしてしまう病気はインフルエンザや水虫です。

 

ハムスターは小さい分、体も弱いので、くれぐれも気をつけてあげたいところです。ハムスターを触る前には手を洗うようにすると良いですね。

 

爬虫類の飼い方

とかげ

 

特徴

4つの目に分類される。

・カメ目—潜頸亜目・曲頸亜目

・ムカシトカゲ目

・有鱗目—トカゲ亜目・ヘビ亜目・ミミズトカゲ亜目

・ワニ目

 

両生類との違いは、水から離れて生きることができるか(爬虫類)できないか(両生類)の違いです。

 

乾燥に強いのも爬虫類の特徴です。ゆえに、卵を陸に産めるか(爬虫類)陸に産めないか(水の中に産むのが両生類)の違いでもある。寿命は10年くらい。

 

飼いやすさ

さて、では爬虫類は飼いやすいでしょうか?多分、一人暮らしのペットとしては最高かもしれません。

 

そんなに世話をしなくてもよく(全くしないのはダメですよ!)飼育代も高くない、しかも可愛い!!となれば飼ってみる事に躊躇する事はありませんね。

 

家を空けがちな人向きなペットですね。爬虫類が好きなら、ですが。

 

なつきやすさ

種類にもよると思いますが、ヘビにしてもトカゲにしても外見のわりに非常に温和なコが多いようです。滅多に人を咬む事もないし、手のひらに乗せたり、抱っこもできる種類もいます。

 

人によく馴れる生き物です。爬虫類に慣れてる人は、イグアナなんかも良いかもしれません。

 

かかる費用

飼育するための設備だけで8,000〜10,000円くらいかかるようです。その他毎月の電気代もかかりますが、思ったほど高くはないそうですよ。

 

もちろん、ペットにする爬虫類の費用もありますよね。これはピンキリだそうです。

 

注意点

爬虫類は非常に手間のかからないペットですので、一人暮らしの人にはとても向いているペットだと言えます。

 

しかし思っていたより大きくなりすぎちゃった!もう飼えない・・・などの理由で捨てたりすることのないよう、最後まで面倒を見てあげましょう。

 


Sponsored Link

ペットは人生のパートナー

猫 ペット

 

【関連記事】

一人暮らしの猫の飼い方。費用や必要な物って何?おすすめの種類は?

犬の抜け毛の原因と対策。ひどい時期は病気やアレルギー?

猫の抜け毛の原因と対策。ひどい時期は病気やアレルギー?

 

うさぎの暑さ対策。エアコンなしで手作り。ペットボトル、保冷剤。

ハムスターの暑さ対策。エアコン以外の方法。旅行は大丈夫?

 

色々と紹介してきましたが、あなたの生活スタイルにふさわしいと思えるペットは見つかりましたでしょうか?

 

ットは可愛いし、癒されるし、一人暮らしの生活の中に潤いをくれる貴重な存在になります。

 

 

でもちょっと考えてみてくださいね。

 

ペットは生き物です。人間と同じ「」があります。大事に飼っていれば10年でも15年でも長生きしてくれるパートナーです。

 

飼う以上は最後まで必ず面倒を見る!と心に誓ってください。

 

 

一人暮らしの“あなた”に飼われたペットはあなただけが頼りです。世話をしてもらえなかったら死んでしまうのです。

 

それがどんな生き物であれ、そのコの命はあなたが握っていることを忘れないでください。

 

飼う前には「そのコを迎える準備」と「心の準備」をして、これから始まる大切なパートナーとの生活を楽しんでくださいね。


Sponsored Link