季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

*

一階注意!女性の一人暮らしに必須の防犯対策!グッズは?

一人暮らしの女性は、様々な犯罪に巻き込まれる可能性も大きいです。

 

そのため女性が一人暮らしを始めるときにまず考えることは“防犯対策”でしょう。

 

一人暮らしの時は用心し過ぎるくらいが丁度良いといわれます。さらに夏場は危険性も高くなるので特に注意が必要です。

 

かといって、いざ防犯対策をとるにも一体何をすればよいのか、いまいちはっきり分からない部分も多いと思います。

 

そこで今回は一人暮らしの女性におすすめの、防犯対策やグッズを紹介します!

一人暮らしの女性のみならず役に立つ情報だと思いますので、ぜひ参考にして効果のある防犯対策をしていってくださいね。

・女性の一人暮らしで1階は危険!1階角部屋はもっと危ない?
・1階で一人暮らしの女性必見!おすすめの防犯対策!
・女性の一人暮らしで必ずチェックしておきたい防犯ポイントは?
・女性の一人暮らしにおすすめの防犯グッズをご紹介!

 

Sponsored Link

女性の一人暮らしで一階は危険!一階角部屋はもっと危ない?

泥棒 空き巣 侵入 イラスト
部屋を選ぶ際、「2階以上の階数を重視する」という人も多いと思います。では、一階がなぜ危険なのかを考えてみましょう。

一階は外から部屋の中の様子が見やすく、侵入する際も壁をよじ登る必要がありません。また、洗濯物や下着も目につきやすく、女性が住んでいるということも一発で分かってしまいます。

不動産業界の方曰く、一階の方が泥棒などの被害が多いとのこと。手口は窓を割って侵入されることが多いそうです。
そして角部屋は他の部屋よりも窓が多いですよね。つまり侵入経路が多いということになりますので、さらに危険度が増します。

 

一階で一人暮らしの女性必見!おすすめの防犯対策!

女性 一人暮らし 部屋

 

一人暮らしであると気づかせない

まず大切なのは、“女性が一人で住んでいる”ということを外から気づかせないようにしましょう。

 

例えば、洗濯物は外に干さない、干す場合は男性物の下着などと一緒に干すということも効果的。

 

ピンクのカーテンなども女性が住んでいるという目印になるため、カーテンの色にも気を付けましょう!

 

また、誰もいなくても「ただいま」と言って入るのも効果的です。

 

鍵は2重ロックを!オートロックだからといって安心しない

「うちのマンションはオートロックだから安心!」なんて思ったことはありませんか?

 

実はオートロックって、住人の出入りのタイミングに合わせて中に入る「共連れ」や、内側のセンサーを誤作動させたりと、簡単に侵入することができるんですよ。

 

そのため、まずは玄関の鍵とチェーンキーの2重ロックを徹底しましょう。

 

そして余裕があればピッキング防止のために、ディンプルシリンダーキーに交換や、補助鍵を取り付けるなどの対策も良いでしょう。

 

ドアを開ける際は注意深く

在宅時、インターホンが鳴っても不用意にドアを開けてはいけません。

宅配業者のふりをして、玄関を開けた途端に不審者が侵入してきたなどの事例もあるほどです。

 

また帰宅時にあとをつけられ、鍵を開けた瞬間一緒に侵入するというケースもあるため、ドアを開ける際は周囲を見回して、うしろに怪しい人がいないかどうかを確認してから開けましょう

 


Sponsored Link

女性の一人暮らしで必ずチェックしておきたい防犯ポイントは?

女性 夜道 携帯

 

留守の時間、在宅時間を特定されないようにする

出かける際は、外から見て留守だということが分からないよう、電気やテレビをつけっぱなしにしておくのも効果的です。

 

また、外から見て電気が付いたのが外から見えると、帰宅したということが分かり、侵入されてしまう可能性もあります。

 

夜道で音楽を聴きながら、携帯を触りながらの帰宅は避ける

夜、一人で歩くときは何度も後ろを振り返るなど、警戒しながら歩きましょう。

 

イヤホンで音楽を聴いたり、携帯をいじりながら歩くと、不審者に気づくのが遅れてしまいます。

 

さらに携帯電話の光などは、「私はここにいますよ」と犯人に伝えているようなものですからね。

 

私は大丈夫という意識を捨てる

泥棒などの被害に逢った人は、「自分は大丈夫」「犯罪に巻き込まれるはずなんかない」という気持ちがあった人も多いようです。

 

犯罪者にとって“女性の一人暮らし“というだけで絶好のターゲット。あなたの常識など通用しませんよ。

 

女性の一人暮らしにおすすめの防犯グッズをご紹介!

鍵 玄関 入口

 

補助錠

“不審者は、部屋への侵入に10分以上かかると諦める”というデータがあります。

 

つまり、単純に鍵の数を増やし、侵入時間時間を増やすことが、防犯対策として最も効果が高いと言えますよね。

 

防犯アラーム・催涙スプレー

外出時には持ち歩くようにし、身につける際はバッグの外など、必ず見える位置に取り付けるのが効果的です。

 

どちらも100円ショップにも売っていますから低価格で手に入りますよ。

 

防犯ベル・防犯ライト

ベランダからの侵入を防ぐため、ベランダ用の防犯グッズも必要です。

 

不審者は光や音に敏感なので、人の動きに反応して音が鳴ったり、ライトが光ったりする防犯ベルやライトがあれば非常に効果的です。ホームセンターで1000円ほどと、割と安価で手に入ります。

 

一人暮らしの防犯対策についての簡単で分かりやすい動画も参考にしてみてくださいね。

 

【関連記事】
一人暮らし(女性)の費用平均は?学生・フリーター・社会人

一人暮らし(学生)の費用平均はどれくらい?光熱費や家具は?

一人暮らし(新社会人)の費用平均は?社会人一年目の場合。
一人暮らしにおすすめの家電は?費用や注意点は?
一人暮らしにオススメのペットは?飼いやすくてなつくペットまとめ
一人暮らしの食費を節約するコツ。外食中心・自炊なしの場合は?
一人暮らしにおすすめの家具は?必要なものの費用は?

 

いかがでしたか。

 

ここまで補助鍵や防犯ブザーなどの防犯アイテム、防犯において気を付けるポイントを紹介してきましたが、まず大切なのは「自分は大丈夫」などと過信しないこと!

 

油断している人ほど狙われやすくなります。

 

一人暮らしの女性は普段から防犯について意識し、自分の身は自分で守りましょう。