季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

赤ちゃんの脱水症状の見分け方。母乳以外の飲み物でもいいの?

赤ちゃんの脱水症状には注意が必要です。

 

そもそも、赤ちゃんは下痢や嘔吐をしやすく体温調整機能も未熟ですから、脱水症状に陥りやすい上に進行も早いからです。

 

今回は脱水症状の見分け方と、上手な水分補給の仕方を下記の流れでご紹介します。

 

・赤ちゃんの脱水症状の見分け方は?
・赤ちゃんが脱水症状になった時の対処法は?なかなか飲もうとしないときは?
・赤ちゃんの脱水症状時に良い食べ物は?
・赤ちゃんの脱水症状で病院に連れていく目安は?
・赤ちゃんの脱水症状を予防する対策は?

 

もしもの時に慌てないために、症状や対処法を知っておきましょう!

 

Sponsored Link

赤ちゃんの脱水症状の見分け方は?

 

脱水症状を起したときの症状は次のとおりです↓

軽度~中度の脱水症状の目安

・ 不機嫌で落ち着きが無い

・ おしっこの回数が減る
・ 便秘、唇や口の周りが乾燥する
・ 涙目になる

 

重度の脱水症状の目安

・ 元気が無くぐったりしている

・ おしっこが出ない
・ 目がくぼむ
・ 皮膚に弾力がなくなる
・ 汗や涙が出ない

・ 大泉門が陥没する

・ 脈が速くなる

 

脱水症状の見きわめ方

 

専門知識がない人でも気付きやすいポイントは、おしっこの回数

 

赤ちゃんは、言葉で喉が渇いたことを伝えられませんから、下痢や嘔吐をしたときはもちろん、気温の高い日、発熱時、屋外や天気の良い日の車内などは特に気をつけてあげましょう。

 

 

個人的に、意外と脱水症状になりやすいのは、デパートなどで買い物をしている時なのではないかと思います。

 

屋外では気を使っていても、デパートなどの室内では油断している人が多いようです。

 

空調で乾燥していますし、人が多くて暑くなっていることも多いので、赤ちゃんも普段より喉が渇くんでしょうね。

 

時々、顔を真っ赤にしてぐったりしている赤ちゃんを見かけて声をかけることがあります。親は買い物に夢中で気がつかないんですよね…(^_^;)

 


Sponsored Link

赤ちゃんが脱水症状になった時の対処法は?なかなか飲もうとしないときは?

 

脱水症状に気付いたら!

脱水症状を起こしているときは、体に必要な水分が足りなくなっている状態ということは皆さんご存じだと思います。

 

汗でこれ以上水分を失わないように、まずは涼しいところに寝かせてあげてください。熱っぽいようなら脇を冷たいタオルなどで冷やします。

 

次に水分補給ですが、水分をいきなりたくさん飲ませるのはNG

 

焦って一気に飲ませると吐き戻してしまって、余計に脱水症状を起してしまうこともありますから、落ちついて少しずつ与えましょう。

 

飲ませるのはお白湯でOK?

 

お白湯を飲ませるのも間違いではないのですが、量にはちょっと気をつけて欲しいんです。

 

脱水症状を起こしているときは、水だけでなくナトリウムやカルシウムなどの電解質も足りなくなっているんです。

 

ですから、イオンを含まない水をたくさん与え過ぎると、体の中のイオンの濃度が薄まってしまいます。そうすると、体はイオン濃度を元に戻そうとして水分を放出しようとしてしまうんです。

 

 

赤ちゃんの場合はうまく調節できなくて、イオン濃度が薄まったままになってしまい、けいれんを起こすことも…。

 

ですから、脱水症状を起こしている!と感じた時は、大人でも子どもでも水よりもイオン飲料を飲んだ方がよいのです。

 

イオン水

 

ただし、赤ちゃんの場合は、イオン水を与えるなら大人用のイオン水ではなく、赤ちゃん用のイオン水を飲ませてあげましょう。

 

赤ちゃん用のイオン水は、浸透圧が低めに作られていたり、ナトリウムなどの電解質の比率も赤ちゃん用に調整されていたりします。

 

 

あくまでもイオン水を与えるならですよ。離乳食が始まる前の、母乳やミルクしか口にしたことのない赤ちゃんは、イオン水を嫌がる事もあります。

 

調子の悪い時に、無理やり慣れないものを飲まされるなんて、赤ちゃんにとっては迷惑なことです。

 

 

心配しなくても、ふだん赤ちゃんが口にしている母乳やミルクには必要なミネラルや水分が含まれていますから、いつもより回数を増やしてあげたり、欲しがるなら量を増やしてあげたりすればOKです(^_^)

 

 

離乳食が始まっている赤ちゃんなら、イオン水を嫌がる事は少ないと思いますが、野菜スープやジュースでも電解質は補えますから、絶対にイオン水!と拘らずに赤ちゃんが飲みやすいもので水分を補給してあげて下さい。

 


Sponsored Link

赤ちゃんの脱水症状時に良い食べ物は?

 

離乳食が始まっている赤ちゃんの場合、基本的にはいつもと同じ食事で大丈夫です。

 

大人の場合は、失われた塩分を補うために少し味付けが濃い目のものがいいのですが、赤ちゃんは腎臓の機能が十分ではありませんから、急に塩分の高い食事をするのはおススメできません

 

 

離乳食初期~中期はいつもどおりの食事で、後期以降は少し汁物や果物の割合を増やしてあげる程度でいいでしょう☆

 

もちろん、食事時にもお茶などで水分を補給してあげて♪

 

赤ちゃんの脱水症状で病院に連れていく目安は?

 

ぐったりしている、おしっこが極端に少ない・濃いなど重度の脱水症状があるときは受診します。

 

軽度の脱水症状であっても、水分を口にできない場合や、水分を口にできても、すぐに吐いてしまう場合、下痢がひどくて追いついていないような時も受診を。

 

赤ちゃんは、大人より脱水症状が進行しやすいですから、おかしいな、と思ったら早めに診察を受けましょう!

 

赤ちゃんの脱水症状を予防する対策は?

 

とにかくよく赤ちゃんを観察してあげることです。

 

いつもよりおしっこが少ない、濃いなどのポイントがあれば速やかに水分補給です。

 

下痢や嘔吐、汗をかいた時、発熱時はいつもよりこまめな水分補給をしてあげましょう。

 

 

【関連記事】

赤ちゃんの水分補給。母乳以外のおすすめやタイミングは?

赤ちゃんの熱中症の症状と対策!!水分補給は母乳でもOK?

赤ちゃんの暑さ対策。部屋、外出先での上手な体温調節方法。

 

今回は脱水症状の見分け方と、上手な水分補給の仕方を紹介しました。

 

赤ちゃんの水分補給は小まめに。おしっこの回数が減ったら要注意。ですよ☆

 

 

記事を参考に赤ちゃんの不調にいち早く気付いてあげられるようにしてあげてくださいね。


Sponsored Link