季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

赤ちゃんの便秘の離乳食におすすめの食材。食べない時の対処。

赤ちゃんの便秘がつらそうな気がする。

 

体調が悪いのかな?食べ物かな?と、お母さんは心配ですよね。

 

離乳食をあまり食べなかったり、グズグズいって泣いてしまったりするかもしれません。

 

病院へ行くほどでもないし…。でも、なんとか便秘を解消してあげたい。

 

ニコニコご機嫌な赤ちゃんでいて欲しいですよね。

 

 

今回は、便秘の赤ちゃんにオススメの食材や調理方法離乳食を食べない赤ちゃんの対処法を、調べていきたいと思います。

 

・赤ちゃんの便秘の原因と対策は?
・赤ちゃんの便秘に良い離乳食は?
・長引く赤ちゃんの便秘。病院に行った方がいい?
・離乳食がはじまったら。赤ちゃんの便秘に。

 

上記のテーマに沿って書いていきますね。

 

Sponsored Link

赤ちゃんの便秘の原因と対策は?

離乳食

 

授乳のみだった赤ちゃんの食事から離乳食になると、水分量が減りますよね。それも、原因の一つです。

 

新生児のときは腸の善玉菌以外の菌がいないので、便秘はなかったと思います。

 

離乳食により赤ちゃんの食事のリズムがなかなか定らなかったり、食べ物により他の菌が増えてきます

 

なるべく決まった時間に、離乳食を食べさせてあげるようにしましょう。

 

寝る時間と起きる時間を決めて、生活のリズムを作っていくといいと思いますよ。

 

赤ちゃんの便秘。運動したほうがいい?

まだまだ運動量の少ない赤ちゃん。腸の動きも活発ではありません。

 

お母さんがお腹をマッサージしてあげたり、足を動かして運動させてあげましょう。

 

赤ちゃんのマッサージ

 

赤ちゃんを仰向けに脱がせて、手のひらで「」の字を書くようにお腹をさするのもいいですね。

 

スキンシップにもなるので、赤ちゃんも喜ぶと思いますよ。

 

このときにお母さんの手のケアも忘れずに。

 

赤ちゃんの便秘。ストレスも関係あるの?

赤ちゃんだってストレスを感じるし、お母さんの顔もよく見てます。

 

ウンチをしたときに嫌な顔をすると、出してはいけないと思ってしまうのです。

 

赤ちゃんでもそんなことを思うのですね!ウンチが出たらニッコリ笑って褒めてあげましょうね

 

 

おしりが荒れていて、ウンチを出すのが痛いと我慢してしまう子もいます。

 

こまめにオムツを替えて、おしりかぶれを防ぐようにしてあげましょうね。

 

ウンチの後にぬるま湯で洗ってあげると、かぶれにくくなります。

 

お母さんは大変ですが、気持ちよく出せる状態を作ってあげたいですね。

 


Sponsored Link

赤ちゃんの便秘に良い離乳食は?

ヨーグルト

 

一番は、バランス良く食べさせてあげることです。

 

その中で食物繊維を多く含む食材を意識して、離乳食に混ぜて食べさせてあげましょう。

 

果物、海藻、豆、大麦、根菜、甲殻類…。食物繊維が豊富な食材は、たくさんあります。

 

ワカメや昆布など食べるには少し難しいものは、出汁でとったり細かくしてよく煮てあげましょう。

 

 

おやつはリンゴやヨーグルトにするのもいいですね。

 

ヨーグルトはプレーンのものにオリゴ糖を少し混ぜると、お腹に優しいおやつになります。

 

白砂糖は取りすぎると体を冷やしてしまいます。

 

 

オリゴ糖は料理にも使えるので、普段のご飯にも使うと家族みんなにいいですよね。

 

なるべく季節の野菜を使い、豆と一緒に具だくさんスープにすると水分も取れて、便秘予防になりそうです。

 

ご飯の後にはお茶か水で、お口の中をきれいにしてあげましょう。

 

便秘のとき、さけた方がいい食材って?

体が冷えると腸の動きも弱くなるので、基本的には冷たいものよりも、温かい離乳食にしましょう。

 

暑い日にも、水分は常温のものを飲ませてくださいね。

 

 

果汁や牛乳も飲み過ぎると、離乳食が食べれず野菜不足になってしまうので、おやつの時間にあげるようにするといいですね。

 

赤ちゃんのお腹が空いたときにご飯にして、残さず食べさせるように心がけましょう。

 

 

少しずつ赤ちゃん用のクッキーなどの甘いものを食べるようになってきたと思います。

 

赤ちゃんも甘いおやつは大好きですよね。でも、糖分は便秘の原因になります。

 

便秘が改善するまでは、控えるか少しだけにしてあげてくださいね。

 

 

代わりに、季節の果物で食物繊維を取ってあげましょう。

 

イチゴ、キウイ、バナナ、ミカンなど…。ヨーグルトに入れて混ぜると食べやすくなりますよ。

 

食べない時の対処法は?

離乳食

 

赤ちゃんがあまり食べないと便になる量が減るので、便秘になりやすくなります。

 

それでもなかなか食べてくれない場合もあるかと思います。

 

そんな時は無理して食べさせようとせずに、以下のことを参考にしてみてください。

 

固さが合っているか

赤ちゃんが食べる食べ物には段階的な柔らかさがあって、流動食のような飲み込めるものから、急にはっきりとした感触のあるものになると拒絶したりします。

 

ですので、もう少し柔らかい食べ物にしてあげると食べるようになるかもしれません。

 

・お腹が空いてる時に食べさせているかどうか

あまり規則的に食べさせようとすると、なかなか食べたがらない場合もあります。

 

また、頻繁に母乳やミルクをあげるとお腹が満たされてしまい、食べたがらないこともあります。

 

身体を動かしよく遊んだ後、十分にお腹がすいた状態で食べさせるようにしてみてくださいね。

 


Sponsored Link

長引く赤ちゃんの便秘。病院に行った方がいい?

毎日出ていたのに何日もでない。そんな日が続くと心配ですよね。

 

一週間出ないと、一度受診した方が良いでしょう

 

3~4日出ないときは、赤ちゃんの様子とウンチの状態をよく見てみましょう。

 

・赤ちゃんが、ずっとグズグズゆって機嫌が悪そう

・お腹が、いつもよりカチカチにはっている

・ウンチが固くて、コロコロしたのが続く

・おしりの穴が、切れて痛そう。

 

お母さんがいつもと違うことに気がついたら、病院で診察したときにお医者さんに相談してみましょう。

 

便秘だけのとき病院では、浣腸、赤ちゃんの下剤の処方、おしりが切れていたら軟膏をぬってくれます

 

 

病気でないことが分かれば、お母さんの心配も減りますよね。

 

後は、お家でできることを気をつけてあげましょうね。

 

吐いたり、ウンチが真っ白だったり、水っぽかったりすると他の病気の可能性があります。そんな時はすぐに受診しましょう。

 

赤ちゃんの便秘に、家でできる綿棒浣腸。

綿棒

 

離乳食もバランス良くしてマッサージもしたけど、なかなかウンチが出てくれない

 

少し綿棒で刺激してあげましょう。

 

注意する点は、深く差し込み過ぎないように綿棒の上の方をしっかり持ちましょう

 

おしりに入れるのは、1~2㎝までにします。

 

 

この時、大人用の綿棒を使うのであれば柔らかくほぐし、ベビーオイルなどをつけます。

 

塗るときに、おしりの穴の周りをクルクルと指でマッサージするのもいいでしょう。

 

綿棒を入れたら10回くらい回してください。それで様子を見てみましょう。

 

もし、硬いウンチが入り口で詰まっているときは、無理に出そうとすると中がキズつくので、病院で診てもらってくださいね

 

 

ウンチが詰まったままだと、便秘がくせになってしまいます。

 

綿棒の刺激で出るようでしたら、食後30分くらいを目安にしてみてください。

 

まだ赤ちゃんなので、綿棒浣腸がくせになってしまうことはありません。

 

でも、綿棒浣腸は医療行為です。無理せずに気をつけて行ってくださいね。

 

 

離乳食がはじまったら。赤ちゃんの便秘に。

離乳食

 

【関連記事】

赤ちゃんのしゃっくりの止め方。原因は?止まらない時の対処法

赤ちゃん(乳児)鼻づまり解消法。寝れない治らない改善方法

 

赤ちゃんの便秘の原因も、生活のリズムや食生活で改善していくことが大事なんですね。それは赤ちゃんだけでなく、大人も同じだと思います。

 

赤ちゃんと一緒にお母さんも規則正しい生活をして、寝る時間や食事の時間を定めていくといいですね。

 

赤ちゃんのお腹が張って、あまり離乳食が食べれなくても無理に食べさせず、楽しい食事の時間を作ってあげましょう。

 

 

離乳食を始めた赤ちゃんは食べ物に興味津々です。

 

お母さんが笑顔でアーンしてくれると、食べることは楽しいことなんだ。と、ちゃんと分かります。

 

後はウンチが出たら、良かったね。すごいね。と褒めてあげましょう。

 

お母さんのニッコリ笑顔が、一番効果があるのかもしれませんね(*^^*)


Sponsored Link