季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

暑気払いの意味と時期。反対語、英語は?特別な行事はある?

夏真っ盛りの暑い時期。この暑さを乗りきろう!と、会社や仲間同士で集まって、ビアガーデンなどに出かける機会がありますよね。

 

では、暑気払いの本来の意味ってなんでしょう。暑気払いの時期っていつ頃するものなのでしょうか。

 

なんとなく使っていたけど、暑気払いについて詳しくは知らない人が多いのではないかと思います☆

 

暑気払いの反対語ってあるのかな。英語では何ていうのだろう。暑気払いに特別になにかする行事ってあるの・・?

 

もしあるのなら、今年の夏はいつもと違う暑気払いをしてもいいですよね(^-^)v

 

今回は、暑気払いの意味や時期などについて、詳しく調べてみました。下記の順番でまとめていきたいと思います。

 

・暑気払いの意味って?
・暑気払いの時期はいつ頃?
・暑気払いの時期にする行事って?
・暑気払いの反対語は?

 

Sponsored Link

暑気払いの意味って?

風鈴

 

暑気払いって、暑い・気を・払う、と書きますよね。

 

字のとおり体の熱や、暑さで弱った気を払って、元気な体を取り戻すための行事なんですね。

 

古くから日本では、暑気払いで体を冷やす食品や、漢方を使って熱気をとっていました。

 

ビワや桃の葉は、煎じて飲むと体を冷やす効果があり、江戸時代から暑気払いといえば、枇杷茶が飲まれていたようです。

 

暑さで体が疲れているだけでなく、やる気や元気など、エネルギーも弱ってしまいますよね。

 

体の熱気を取り、夏の暑さをうち払って、心身ともに元気になって暑い夏も楽しんで過ごしたいですね。(^-^)

 


Sponsored Link

暑気払いの時期はいつ頃?

ビール

 

暑気払いの時期は、はっきりいつからとは、決まっていません。

 

体が熱を持つような暑い時期に、行えばいいと思いますが、いつ頃からいつ頃までが適しているのでしょうか。

目安としては、夏至(6月21日頃~)夏の訪れ。

小暑(7月7日頃~)本格的な夏の暑さを感じる時期。

大暑(7月23日頃~)梅雨があけて、最も暑い時期です。

立秋(8月7日頃~)まだまだ暑いですが、暦の上では秋です。

この日よりあとは、残暑となります。

暑気払いを開くなら、6月の終わりから、9月の残暑が残る時期までにするのが、良さそうですね☆

 


Sponsored Link

暑気払いの時期にする行事って?

ビール 暑気払い

 

6月30日は、夏越しの祓いです。このときに、暑気払いの行事でお酒を飲んだり、水無月という、葛餅の上に小豆を乗せた和菓子を食べる風習があります。

 

水無月

 

お酒といえば、夏はビールを思い浮かべますが、江戸時代には冷やした甘酒を、暑気払いで飲んでいたそうです。
発酵食品の甘酒は、お腹に優しく、アミノ酸やビタミン・ブドウ糖・オリゴ糖を含んで栄養たっぷり。子供からお年寄りまで、飲めて元気になれるのがいいですよね!

 

小豆は、邪気払いにも使われていて、体の中に溜まった悪い気を出す役割もあります。

 

昔の人は、一年の行事を通して体の邪気を抜くことも、大切にしていたのですね(^-^)

 

素麺を食べて、暑気払いをするのもいいかもしれませんよ。

 

暑気払いの反対語は?

 

暑気寄せ(しょきよせ)・暑気乞い(しょきごい)。あまり、聞き慣れない言葉ですよね。

 

例えば、夏の暑さのお陰で、商売繁盛する飲料や電化製品を扱う会社などでは、涼しい夏では困りますよね。

 

暑気を払うのではなく、呼ぶ意味で、暑気寄せや暑気乞いという言葉を使います。

 

暑い時期が早く過ぎないかと、待っている人もいれば、長く続くと嬉しい人もいるのですね(^^)

 

英語では何ていうの?

外国人 女性

 

暑気払いって、英語で伝えたい時は何て言えばいいのか、調べてみました☆

名詞だと、Avoiding th esummer heat(熱さの回避法)。

 

「暑気払いに」なら、to forget 【best】 the summer heat(暑さを忘れて)。

外国の友人などに説明するときは、

「Shokibarai」 is  to do eating and  drinking to lower the temperature at hot time.(暑気払いは、暑い時期に体温を下げるための飲み物や食べ物をとることですよ。)

と、伝えれば分かりやすいと思います。

 

それと一緒に、かき氷や素麺。甘酒など、日本の昔からの風習も紹介してあげてくださいね^^

 

女性 浴衣

 

【関連記事】

暑気払いの案内文例文。挨拶の順番。乾杯、締めの文例。

夏バテの症状と対策。夏バテのしやすい人や生活とは?

夏風邪の症状(子供・大人)と治し方。喉の痛み、高熱の対処法。

お中元を贈る時期はいつからいつまでがマナー?過ぎたら?

 

暑気払いの時期や意味について、知ることができたでしょうか?

 

暑気払いは、江戸時代をから始まって今も続く日本の行事なのですね。

 

暑い時期になると、アイスやビールが美味しいですよね。でも、食べすぎ飲み過ぎは、胃腸を弱らせてしまいます。

 

今年の暑気払いは、昔からの日本の風習をまねて、甘酒や和菓子で体を回復させてあげるのはどうでしょうか。

 

体の熱気をとって、暑い時期を元気に乗り越えたいですね(^-^)v


Sponsored Link