季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

*

おでんの具材おすすめと定番!入れる順番や意外に美味しい具材は?

Sponsored Link

おでんは、地域や家庭によって具材にバラエティーがある料理ですね。

 

定番から、変わり種まで、おすすめの具材を紹介します。

 

美味しく食べる為には、煮込む順番も大事です。
具材別の、ベストな煮込み順もあわせて紹介していきます。

・おでんの具材で人気の定番といえばこれ!
・こちらも美味!おでんの具材でおすすめは?
・意外に美味しい!変わり種だけどいけるおでんの具材をご紹介!
・おでんの具材を入れる順番や食べるタイミングは?

 

Sponsored Link

おでんの具材で人気の定番といえばこれ!

おでん 定番

大根・ちくわ・たまご・こんにゃく(しらたき)・厚揚げ・がんもどき(ひろうす)

このあたりが、全国共通で定番となっている具材でしょう。

 

ごぼう天・はんぺん、・じゃがいも・もち巾着・昆布などが、思い浮かぶかもしれません。

 

こちらも美味!おでんの具材でおすすめは?

おでん 美味
おでんの具は、地域によってかなり違います。
各地域では定番となっている具を紹介します。

おでんの具!! 変わり種のチーズ巻ともち巻

 

<北海道>
山菜(ふきやわらびなど)
貝(ツブ貝やホタテ)
カクテン(長方形のさつまあげ)
カニ<東北>
ツブ貝
ネマガリダケ
高野豆腐

<北陸>
赤巻き
あんばやし

<関東>
ちくわぶ
すじ
つみれ

<静岡>
鰹のへそ
ガツ(豚の胃袋)

 

<中部>
黒はんぺん
豚モツ・豚バラ
赤巻き
バイ貝
車麩
里いも

 

<関西>
牛スジ
タコ
コロ(鯨)

 

<滋賀県>
赤こんにゃく

 

<石川県>
加賀巻き(野菜のさつま揚げ)
くるま麩

 

<中国>
かまぼこ

 

<広島>
牡蠣

 

<四国>
すまき
もずく

 

<九州>
餃子巻き(餃子を魚のすり身で包んで揚げたもの)

 

<熊本>
馬すじ

 

<宮崎>
キャベツ

 

<沖縄>
豚足
ウインナー
スパム

 


Sponsored Link

意外に美味しい!変わり種だけどいけるおでんの具材をご紹介!

おでん 変わり種

<トマト>
湯剥きしたトマトを10~15分煮込みます。<かぶ>
丸ごと煮込みます。

<とうもろこし>

<里芋><海老芋><長いも>
じゃがいもよりも煮崩れしにくく◎
<アスパラ>
緑が入ると、色合いがキレイになりますね。

 

<玉ねぎ>
甘味が、味に変化をつけてくれます。
まるごと入れて。

 

<手羽先>
出汁が、こっくりします。
出汁の濁りが嫌な場合は、別の鍋で。

 

<貝>
貝類は、出汁に変化がでます。

 

<シュウマイ・ロールキャベツ>
ちょっと変化が欲しい時に、冷凍庫のストックでチョイ足し出来ます。
肉が食べたいお子さんにも。

 

<うどん>
おでんを食べた後に残った出汁で、うどんを。

 

おでんの具材を入れる順番や食べるタイミングは?

おでん 具材
おでんは、煮込めば煮込むほど美味しい。

というのは、間違い。

確かに、大根やこんにゃくなどは、煮込んだ方が味が染みます。

でも、練り物は、あまり煮込むと、旨みが染みだしてカスカスになってしまいます。

 

ですから、大根・こんにゃくなどの味の染みにくいものだけを先に煮込みます。

その後、牛スジなど、出汁が出る食材も早めに入れるといいですね。

 

出来れば、いったん火を止めて冷ますと、より味が染み込みます。

その後、厚揚げ・がんもどきなどを弱火で煮込みます。

 

練り物は、旨みが逃げないように、最後に入れます。

 

たまごは?
たまごは、お好みです。

 

味が染みるように、長時間煮込んでもいいですし、半熟がお好みなら、短時間で仕上げてもいいでしょう。

 

半熟卵を漬けこんで、半熟味染みたまごをつくるという方法もあります。

【おでんレシピ】味がしみしみ♪トロッととろける「おでんのたまご」の作り方

 

 

おでんは煮込む順番が大事

おでん 出汁

 

【関連記事】

美味!味噌汁の具材人気ランキング!組み合わせおすすめもご紹介!
おしゃれなおもてなし!鍋パーティーおすすめサイドメニューをご紹介!
すき焼き具材定番とおすすめ!順番や並べ方。関東と関西の違いは?
絶対安心!バーベキューの食材はこれ!変わり種もおすすめ!

 

定番から、変わり種まで、おすすめの具材を紹介しました。

おでんは、シンプルな料理だけに、それぞれの地域や家庭の好みの食材を入れることができますね。

 

煮込む順番は、味の染みにくいものから順番に入れ、練り物は煮込み過ぎないというのがポイントです。

 

ただ、練り物から出た出汁を、大根など他の具材にも染み込ませたい、というひともいるかもしれませんね。

 

その場合に、おすすめなのは、一度おでんをしたら、余った出汁を冷凍しておくということです。

次回、おでんをするときに、継ぎ足しの出汁として利用できますよ。

Sponsored Link