季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

小正月の意味と由来。小豆粥を食べる理由。なぜ餅花を飾るの?

小正月という言葉は聞いた事があっても、意味や由来を知る人は少なくなってきました。

 

また、正月の雑煮に比べて小正月の小豆粥を食べる習慣も薄れてきました。

 

でも小正月の意味や由来を調べてみると、小正月は大事な行事がたくさんある事が分かります。

 

今回はそんな小正月の意味や由来、小豆粥の食べ方などをご紹介します。

 

・小正月とは?どんな意味があるの?
・小正月に餅花を飾る意味は?飾り方は?
・小正月に小豆粥を食べる理由は?作り方は?
・小正月に行われるどんど焼きとは?

 

Sponsored Link

小正月とは?どんな意味があるの?

 

小正月は、四日の日没から十五日の日没までを言います。

 

普段私たちが正月という時には、元旦から7日までの大正月を指しています。

 

でも正月の行事は、年神様や先祖を迎える行事を行う大正月だけではありません。

 

小正月に行う豊作祈願などの農業に関する行事や、家庭的な行事をもって正月の行事は終わるのです。

 

 

そうそう、昔は「元服の義」も小正月に行いました。

 

成人の日が、1月15日だったのはこの為です。

(2000年からは「成人の日」は1月の第2日曜日に変更されましたね)

 

 

また、小正月は、「小年」「二番正月」「若年」「女正月」「花正月」などとも呼ばれます。

 

「女正月」と呼ばれるのは、歳末から正月と忙しく働いた主婦や女達をねぎらう日だからです。

 

この日は女達だけの正月として女だけが集う地方も多いようです。

地方によっては、男が家事一切を行い女を休ませる風習もあります。

 


Sponsored Link

小正月に餅花を飾る意味は?飾り方は?

 

餅花というのは、餅や団子を小さく丸めて柳などの木の枝につけたものです。

 

元々は稲の花を表していましたが、綿花地帯では「餅花」とよんで、綿の実がよくなるように祈りました。

 

地域によっては、餅や団子に変えて米粉で作ったカイコの繭の形の「まゆだま」を木に刺す風習もあります。

 

養蚕業では、「まゆだま」を作って蚕の無事安全の予祝いを行うのでしょう。

 

 

餅花の飾り方は地域によって多少異なります。

 

大正月に飾っていた門松を外して、同じ場所に餅花(もちばな)を小正月に飾ります。

 

この習慣から、元日から十四日まで(現在では七日まで)を「松の内」と言うのに対して、

十五日から月末までを削り花やまゆ玉飾りがあるあいだ、という意味で「花の内」という言い方もします。

 

他の飾り方としては、室内に置く方法で大正月から通して床の間などに飾られるようです。

 


Sponsored Link

小正月に小豆粥を食べる理由は?作り方は?

 

小豆粥は朝にいただきます。
昔中国では小豆粥を炊いて、家族の健康を祈る習わしがありました。

 

この風習が伝わって、日本でも家族がまめ・健康で1年を過ごせるようにと粥をいただくようになりました。

 

その歴史は長く千年以上も前からとされています。

 

伊勢神宮の儀式帳にも『御粥』との記述がありますし『土佐日記』にも「小豆粥」の記述があるそうです。

 

 

現在でも15日の朝に、粥を食べるという習慣は全国的に行われていて、小豆粥が多いようです。
粥の炊きあがり方によって、その年の農作物の作柄を占う神事も小正月に行われています。

 

小豆粥の作り方も紹介しておきましょう。

1.小鍋にお湯を沸かし、小豆を入れて一晩置く。米を洗ってそのまま30分浸水させる。

 

2.小豆の体積の4倍ぐらいの水で煮る。沸騰したら差し水をして10~15分程煮てから湯を捨てる

 

3.2.をもう一度行う。

 

4.鍋に米と水、煮た小豆を加え中火にかけ、沸騰したら塩、餅を入れ弱火にして10分程炊く。

面倒な時は、ゆであずきを使うといいですね。

お粥も冷ご飯を使えば時間短縮できます。

 

こちらの動画は上記とは作り方は違いますが、シンプルでおすすめです。

 

小正月に行われるどんど焼きとは?

 

どんど焼きは、氏神様の境内やドンド場で、大正月に飾った門松や注連縄、正月の書き初めなどを各家から持ち寄って焼く火祭りの行事です。

 

ドンドの炎や煙に乗って、年神様が天へ帰っていくと信じられていました。

 

無病息災と五穀豊穣を祈る民間の行事で、どんど焼きの際、木や枝に刺した団子や餅を焼いて食べる事でその1年間は健康に過ごすことが出来るといわれています。

 

現在は十五日に行うところが多いのですが、昔は十四日の日没から火をたき始めました。

 

大正月と小正月

 

【関連記事】

お年玉の意味と語源。子供に渡す由来は?新札やポチ袋は?

人日の節句とは。意味や由来は?七草粥を食べる理由や読み方。

おみくじの順番と意味。半吉や末吉は?地域別の呼び方は?

どんど焼きの意味と歴史。名前の由来は?地域別の呼び名は?

一陽来復御守の貼り方と時間。ご利益は?穴八幡宮のアクセス。

 

正月の意味や由来、小豆粥の食べ方などをまとめてみました。

 

大正月に対して、小正月は家庭的な行事が多い事が分かりましたね。

 

小正月の時期はお正月の疲れが出てくる時期でもありますから、小豆粥で朝から体を温めるのもいいかもしれませんね。


Sponsored Link