季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

引越しの不要品の上手な処分方法は?買取や引取はしてもらえる?

新しい家に引越しするし、今話題の断捨離をして心もストレスもスッキリした状態で新生活突入。

 

この時に使わなくなったもの、いらなくなったものってどのように処分していますか?

 

ヤフオクで買ってもらえたり、リサイクルショップで買取ってもらえたり様々な処分する方法がありますが、それぞれの良いところと悪いところについてこのように調べてみました。

 

・引越し時の不要品の処分方法は費用優先?時間優先?
・引越しの不要品回収の金額の相場と注意すること
・引越し時の不要品処分料金の相場

 

不要品の処分の仕方によっては、引越しの費用にできるかもしれませんよ!

 

Sponsored Link

引越し時の不要品の処分方法は費用優先?時間優先?

引越し業者に不要品処分を依頼

家具

 

メリットは、引越し業者に依頼をするとごみも処分してくれるため、自分で処分の手配をしなくてもカンタンで手間もかからないと言うところが良いところでしょう。

 

また、引越し業者によっては買取サービスなんかもしているので、処分費用が安くつく場合もあります。

 

何といっても大きなベッドや家具を、自分で分解して運ぶというような体力を使わなくてもすみます。

 

デメリットは、こういった不要品を引き取ってくれなかったり、粗大ごみの分解は有料オプションの追加となることが多いです。まずは無料見積の段階でチェックしてください。

 

リサイクルショップを活用した処分方法。

リサイクルショップ

メリットは、不要品で使えないものだと思っていたのに、意外と「こんな値段で買い取ってもらえた」みたいなこともあるので、小物類を処分する前にリサイクルショップに行って、まとめて買取金額をだしてもらうといいでしょう。

 

最近ではリサイクルショップも出張見積もしてもらえるのでおすすめです。

 

デメリットは、リサイクルショップで買取をしてもらう場合は、ある程度の使える状態(キレイな状態)でないと買取ってもらえないこともあります。

 

 

また、ネットオークションを利用するケースもだんだん増えてきています。

 

ネットオークションの場合は買い手が見つかるまで時間がかかるかもしれないですし、出品するまでの流れを勉強する必要もあります。

 

引越しの準備で時間に余裕のない人には、あまりオススメできません。

 

不要品の回収業者に依頼する。

不要品回収

 

メリットは、自分の時間にあわせて回収に来てくれるので、民間の回収業者に依頼するのも一つの方法でしょう。

 

部屋からも運んでくれて、大きな不要品を分解して無料でしてくれるところが多いので、時間を優先で考えている人には引越し作業までに使わない不要品を処分できそうなのでオススメです。

 

デメリットは、自分で回収業者を手配しないといけないためスケジュール調整をしっかりしないと、反対にバタバタしてしまうかもしれません。

 

また何でも回収してくれるということもあるので、費用も高めになります。

 

地域の自治体に依頼。

メリットは、1000円以下と費用をおさえることもできるし、そのうえ不要品を持ち込むことでさらに割引きをしてくれる自治体もあります。引越しの準備で費用がかかってしまう人には助かりますね。

 

デメリットは、回収日が決められてしまうので、そちらを優先にスケジュールを組むことになります。

 

運が悪いと引越しの作業日にかち合うこともあるので、作業がスムーズに進まないというようなことも。

 

また、あまりに大きい不要品や複雑なものと判断されると回収処分を拒否されることもあるので、事前に問い合わせて聞いてみましょう。

 

使えるものなら友達や知人にあげる。

イス

 

「使えるけど新居のために新しいベッドを購入したから良ければ使って。」みたいに、使えるけどどうしても不要で処分しなくちゃいけなくなったからと、一度相談してみてはいかがでしょうか。

 

一般常識の範囲で聞きましょう。いくら仲の良い友達だからといって、不要品で使えないものをあげるのはとても失礼になり、引かれてしまわないように気をつけてください。

 


Sponsored Link

引越しの不要品回収の金額の相場と注意すること

ゴミ収集車

 

あせらず余裕を持って探す民間の不要品回収業者

“重たい物”例えば机、本棚、冷蔵庫、洗濯機などの重たい物は、民間の業者以外はなかなか回収してもらえません。

 

ここで気をつけてほしいのが、その民間の回収業者の中にも「高額請求」をする業者も存在します。

 

だまされないためにも、不要品回収の金額の相場を知っておくことで回避できます。

 

基本料金は3,000円~5,000円が相場

民間の業者は、基本料金とそれぞれ不要品の料金を合計して見積をだします。

基本料金

・出張料金

・車代

民間業者はこれが基本料金の項目になります。

 

出張料金は遠方になればなるほど高くなり、車代は車の大きさ、つまりトラックの大きさで金額がかわります。

 

相場として3,000円~5,000円くらいになるでしょう。

 

オプション料金の相場

オプション料金になるものとは、

・分解費用       約1,000円

・運び出し作業     約1,000円

・ドアを外す場合の費用 約1,000円

・休日や時間外の依頼  2割アップ

このような項目になりますが、業者によって違うので見積依頼のときに不要品となるものを見てもらい確認しましょう。

 

民間回収業者に依頼するときに注意しておくこと

不用品処分
この基本料金だけで1万円以上の見積をだす民間の回収業者に依頼をするのは、やめておいたほうがいいでしょう。少しの手間だけでも料金を見積に上乗せしてくる可能性があります。

 

必ず先に見積りを出してもらい、相場以上の料金設定であれば迷わず断りましょう。

 

見積り依頼をする時は引越し作業の日程から逆算し、余裕をもって不要品回収の見積り依頼をしてください。

 


Sponsored Link

引越し時の不要品処分料金の相場

相場

 

家電製品

 

・冷蔵庫    6,000円~8,000円

・洗濯機    5,000円~7,000円

・エアコン   4,000円~6,000円

・パソコン   4,000円~6,000円

・テレビ    4,000円~5,000円

・電気ストーブ 1,000円~2,000円

 

家具類

 

・本棚     5,000円~6,000円

・タンス    4,000円~6,000円

・ベッド    4,000円~5,000円

・ソファ    3,000円~5,000円

・テーブル   3,000円~4,000円

・マットレス  2,000円~3,000円

・カラーボックス 500円~1,000円

以上が各不要品の処分料金の相場となります。大きさによって料金が違うので、こちらも見積の段階でしっかり確認をしておきましょう。

 

不要品回収業者に依頼する前に、「どういったサービスをしているの?」と不安な人もいるかと思います。

 

そこで、関東方面で不要品回収を行っている業者の動画を参考までにのせておきます。各地域にもこういった業者がありますので調べてみてください。

 

 

【関連記事】

引越しの粗大ゴミ処分方法と費用について!引取や買取は?

 

引越しのときの不要品の処分は体力も気力も使います。

 

そこで上手に処分できなくて後悔しないためにも、効率のいい処分方法をまずは探してみてください。

 

そして、くれぐれもあせって高額な民間業者に依頼しないように相場の金額を知っていただき、スムーズに引っ越し作業ができるようにスケジュールを組んでいって下さいね。


Sponsored Link