季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

初午2017年はいつ?由来は?お供えのいなりや行事食の意味。

初午とは二月の最初の午の日のことですね。

 

全国の稲荷神社では初午祭が執り行われお参りの人で賑わいます。

初午の意味や由来について調べてみました。

 

その地域ごとの由来や、特色のある習わしや行事食があるようです。

 

お近くの稲荷神社にぜひ出かけてみてください。

初午に稲荷神社に参拝するとご利益があると言われています。

 

お子さんの喜ぶアイデアいなり寿司や、初午団子も作ってみてくださいね。

 

・初午とは?2017年はいつ?
・初午の由来は?どんなことをする日?
・お供えのいなり寿司の意味は?行事食はほかにもある?
・初午祭とは?どんな意味があるの?

 

Sponsored Link

初午とは?2017年はいつ?

 

2017年の初午は2月12日の日曜日です。

[初午の日]

2017年2月12日

2018年2月7日

2019年2月2日

高島歴に載っています。

 

ダイソーなどの100均でも売っていますよ。

 


Sponsored Link

初午の由来は?どんなことをする日?

 

全国の稲荷神社の本社である「伏見稲荷大社」の御祭神「宇迦御霊神(ウカミタマノカミ)」が、伊奈利山に降りた日が初午の日だったという由来が伝わります。

(711年3月4日説、2月9日説、3月2日説があります)

 

宇迦御霊神は、通称「お稲荷さん」として信仰を集めています。

初午祭は、全国の稲荷神社のお祭りです。

 

初午詣は、福詣とも呼ばれ、初午の二日前の辰の日に稲荷山の杉と椎の枝で作った「青山飾り」をご本殿や摂社、末社に飾り、初午の日をお迎えします。

 

社頭で参拝者に授与される「しるしの杉」は商売繁盛家内安全の「しるし」となります。

 

平安時代からつづく「しるしの杉」

平安時代には稲荷詣をしてしるしの杉をいただいて、身体のどこかにつけるのが一般的でした。

「きさらぎやけふ初午のしるしとて稲荷の杉はもとつ葉もなし」

新撰六帖 光俊朝臣

意味は「初午に参詣した人々が、しるしとして枝を取っていくものだから、今日の稲荷山の杉は葉がなくなってしまった」と歌っています。

 

平安時代から稲荷神社を参拝して「しるしの杉」を持ち帰っていたのですね。

今は勝手に山の杉を持って帰ってはいけませんよ。

 

鹿児島神宮初午祭 鈴かけ馬踊り

 

国の選択無形民俗文化財の珍しい馬踊りです。

お馬さんが背中にいっぱいお飾りや鈴をつけて、ステップ踏んでいますね。

 


Sponsored Link

お供えのいなり寿司の意味は?行事食はほかにもある?

 

いなり寿司は、稲荷神の使いである狐の好物に由来します。

 

古くから狐の好物は「鼠の油揚げ」とされていたのです。

 

畑を荒らす鼠を捕食してくれる狐はありがたがられたのですね。

鼠から豆腐の油揚げになったわけですが、鼠由来はナイショにしたほうが良さそうですね。

 

【100均】いなりメーカー 【リラックマアレンジ】

 

100均で売っている「いなりメーカー」でこんなに可愛いリラックマ風いなり寿司ができます。

 

地方による行事食

栃木県では、初午の行事食として「しもつかれ」を食べます。

 

[しもつかれレシピ]

 

鮭の頭、大豆(節分の残り)、大根、人参、残り物野菜を細かく切るか、目の粗いおろし器ですりおろし、酒粕と一緒に煮込みます。

 

 

富山県では「初午団子」として繭の形の団子をお供えします。

養蚕が盛んだった地域ならではですね。

 

[初午団子レシピ]

 

餅粉とそば粉を半々にして、小麦粉少々を少しずつお湯を入れてこねて、耳たぶくらいの硬さにしたら、繭の形に丸めて熱湯でゆでます。

 

浮いてきたらざるにあげます。

きなこと砂糖をまぜたものをからめて食べます。

 

米粉でつくるところもあるようです。

昔は米を挽いて粉にするところから作りました。

 

現代なら白玉粉でつくると便利ですね。

 

初午祭とは?どんな意味があるの?

 

今は、初午と言えば一年でもっとも寒い時期にあたりますが、昔は旧暦を用いていましたので、もう少し春めいたころが初午でした。

(2月下旬から3月中旬)

 

今昔物語にも、四季のうつろいを敏感に感じ「もののあわれ」を感じた人たちがこぞって、初午の日に稲荷神社詣でしたという由来があります。

 

由来は諸説ありますが、全国の稲荷神社の本社である伏見稲荷大社によると、全国的に五穀の実りの悪い年が続いたので、勅使が遣わされ、祈請すると神のご教示がありました。

 

そこで、山背邦の稲荷山に大神を祀られたところ、五穀大いに実り国は富み栄えました。

 

その大神を祀られた日が初午でしたので、以来初午の日に稲荷神社にお参りするようになったそうです。

五穀豊穣、商売繁盛の御利益があると言われています。

 

江戸時代の初午祭の地口行灯(じぐちあんどん)

 

【関連記事】

節分の豆の数。理由と由来は?年齢は数え年、満年齢どっち?

豆まきの豆の栄養とカロリー。残った豆の使い方。食べ過ぎは?

節分の食べ物の由来と意味。恵方巻き、いわし、そばの理由は?

 

江戸時代の初午祭では、稲荷神社で競って飾られたものでした。

 

いまでも歌舞伎座や稲荷神社で地口行燈を飾るところもあるようです。

地口とは洒落言葉で、面白いことが書かれています。

 

初午とは全国に稲荷信仰が広まり、その土地ごとの豊作や繁栄を祈る行事となっていったようですね。

 

初午の日は勢いのある日とされています。

商売繁盛や発展を願って、稲荷神社にお参りしてはいかがでしょうか。


Sponsored Link