季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

パンケーキとホットケーキの違い。材料や作り方。名前の由来は?

メープルシロップやバターがかかっていて、子供も大人も大好きなパンケーキ

世界中で愛されているおやつですよね。

 

パンケーキ専門店も、世界中、もちろん日本でもいたるところで見るようになりました。

 

ですがそのパンケーキ、一昔前はホットケーキという言葉がメインであったはずです。

 

パンケーキとホットケーキ、一体この二つにはどのような違いがあるのでしょうか?早速違いを調べてみましょう!

 

・パンケーキとホットケーキに見かけの違いはあるの?
・パンケーキとホットケーキ材料に違いはあるの?作り方の違いは?
・パンケーキとホットケーキの名前の由来は?

 

Sponsored Link

パンケーキとホットケーキに見かけの違いはあるの?

ホットケーキ

 

ホットケーキとパンケーキの見た目の違いは、諸説あるものの、「パンケーキは薄いもの、ホットケーキは厚いもの」ということがあります。

 

そもそもパンケーキはベーコンやスクランブルエッグなどの食事と一緒に食べるように作られているため、味が薄く塩味のものも多いです。

 

その反面ホットケーキはスイーツ用として作られているため、丸くて甘く、さらに厚みがあるものが多いという違いがあります。

 

 

ですが昨今、色々なお店で売り出されているパンケーキは、ほとんどが甘く、厚みがあり、ホットケーキとなんら変わりがないように見えます。

 

解釈が店舗などで様々わかれるため、その違いを一概に言い切れないところもあります。

 

実際に、星乃珈琲店のスフレパンケーキは厚みも甘みもしっかりあり、上からシロップや生クリームのトッピングもできますが、“パンケーキ”となっていますね。

 

パンケーキ

 

 

海外でもアイホップなどのパンケーキは、見るからに厚くホットケーキと呼ぶべきものですが、あくまでパンケーキとなっています。

 


Sponsored Link

パンケーキとホットケーキ材料に違いはあるの?作り方の違いは?

 

パンケーキを食事用、ホットケーキをスイーツ用としたとき、この二つには材料や作り方に違いがあります

 

まずパンケーキは、他の食事と一緒に食べるように考えられているため、砂糖などを使わずに作られ、甘みを抑えてあります。中には塩を足して、さっぱり食べられるようにしてあるものも。

 

 

ホットケーキとの違いはというと、パンケーキと違ってスイーツ用ですので、小麦粉、卵、牛乳、の他にしっかり砂糖やベーキングパウダーなどを混ぜて、丸く厚みがあるように焼き上げて作られています。

 

パンケーキのようにスクランブルエッグやベーコンなど、他の食材と一緒に食べるといったことは珍しく、たいていホットケーキだけで食べることが多いですね。

 

上からバターやメープルシロップ、果物やチョコレートをかけて、甘みをさらに引き出して食べる時もありますよね。

 


Sponsored Link

パンケーキとホットケーキの名前の由来は?

パンケーキ

 

こちらも諸説あるのですが、ホットケーキは、日本で初めてホットケーキミックスを販売し始めた会社の社長さんが、“あったかいケーキ”というところから“ホットケーキ”という名前を付けたと言われています。

 

その名前がそのまま日本中に浸透したというわけです。

 

 

パンケーキの場合、“パン”は、フライパンで焼くことから、後ろの“パン”をとってパンケーキになりました。食パンのパンではないのですね。

 

またイギリスなどではパンケーキと呼ぶことが多く、ホットケーキと呼ぶのはアメリカなどが多いです。また欧米の方では、昔から軽食としてなじみが深い食べ物です。

 

パンケーキとホットケーキ、どちらもおいしい!

【関連記事】

薄力粉・中力粉・強力粉!小麦粉の違いと使い方。見分け方は?

 

パンケーキとホットケーキの違いについてご紹介しました。

 

いままでその違いがわからないまま、パンケーキやホットケーキを食べに出掛けられた方も多いのではないでしょうか。

 

二つの言葉の違いが分かれば、また同じように食べに行く際でも、もっとパンケーキとホットケーキに興味が持てて、なおかつおいしく食べれるかもしれませんね。

 

日本でもパンケーキミックスや、ホットケーキミックスが売られています。簡単に作れますので、ぜひ違いを知ったうえで作ってみてはいかがでしょうか。


Sponsored Link