季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

赤ちゃんの下痢(緑・黄)の原因。治らない時の対処方法と離乳食。

離乳食が始まって硬いウンチになってきたかと思ったら、また新生児のときのような、水っぽいウンチに。

下痢でおしりがかぶれて痛そうな赤ちゃん。

 

オムツをちゃんとこまめに替えてもなかなか治らないと、お母さんは赤ちゃんがかわいそうになりますよね。

 

お腹を壊したのかな?

離乳食がよくなかったのかな?

 

しゃべれない赤ちゃんの状態を知るには、ウンチの色や固さはとっても重要です。

 

そこで今回は、赤ちゃんの下痢の対策と、離乳食について以下のテーマに沿って調べてみたいと思います。

 

・赤ちゃんのウンチの色が緑色や黄色になる原因は?
・赤ちゃんの下痢の原因って?
・赤ちゃんの下痢が長く続くときの対処方法は?
・赤ちゃんの下痢で離乳食のオススメは?
・下痢で赤ちゃんのおしりがかぶれた時の対処方法。

 

Sponsored Link

赤ちゃんのウンチの色が緑色や黄色になる原因は?

赤ちゃん

 

普段と同じようにご機嫌で離乳食を食べているのに、いきなりウンチが緑色になったらびっくりしてしまいますよね。

 

黄色いウンチだけでなく、赤ちゃんは緑色でも健康なウンチです。

 

お腹の中で溜まっている時間が長かったり、ガスが出ていないとウンチが酸化して緑色になることもあります。

 

 

また、離乳食が始まって腸の中に善玉菌以外の菌が増えるので、細菌のバランスが変わるのも原因です。

 

腸の中は基本的に酸性ですが、食べたものによりアルカリ性に傾き、緑色や黄色のウンチになることもあります

 

食べ物で体調が変わるのは大人と同じです。

 

 

緑色のウンチだった赤ちゃんが、急に黄色いウンチになるのも腸内環境が変化しているからなのですね。

 

どちらも健康なウンチの色ですが、赤・黒・白の便はウイルスが原因かもしれません。

 

そんな時は、すぐに病院で診察してもらいましょう

 


Sponsored Link

赤ちゃんの下痢の原因って?

赤ちゃん

 

赤ちゃんのウンチがゆるくても元気でご機嫌なら、あまり心配ないといえます。

 

では、なぜ下痢してしまうのでしょう。

 

 

赤ちゃんの腸はまだ未熟ですよね。

 

水分を取りすぎたり冷たいものを食べると、すぐに下痢をしてしまう赤ちゃんもいます。

 

また、食物繊維を多く含む食材、甘いものなど糖分の取りすぎもあります。

 

 

他には、食べ物で赤ちゃんがアレルギーを起こしているのかもしれません。

 

離乳食が進むと少しずつ食べれる食材も増えますよね。

 

小麦、そぱ、かに、えび、キウイ、卵・・・

 

たくさんあって、何がアレルギーの原因かつかみにくいですよね。

 

 

初めて食べる食材は覚えておいて、赤ちゃんが下痢をしたら控えた方がいいと思います。

 

食べたものを書いて冷蔵庫の横に張っておくと、後から思い出すのに悩まなくていいかもしれません。

 


Sponsored Link

赤ちゃんの下痢が長く続くときの対処方法は?

赤ちゃん

 

赤ちゃんの皮膚はとてもデリケートなので、下痢状のうんちはお尻のかぶれにつながります。

 

まずはこまめにおむつをかえてあげてください

 

その時にお尻をしっかり拭いてあげて、きれいにしてあげましょう

 

シャワーで洗ってあげるのもいい方法ですが、洗面器にお湯を入れて洗ってあげてもいいと思います。

 

 

洗った後は水分をしっかり拭き取ってあげてください

 

お薬などを塗る時は、手を洗ってから薄く伸ばすようにつけるようにします。

 

おむつを替え終わったら必ず手を洗うようにしてください

 

赤ちゃん ミルク

 

下痢の時は水分補給がとても大事です。

 

赤ちゃんにとって脱水症状はとても危険なので、しっかり水分を摂らせてあげましょう

 

赤ちゃん用イオン飲料などを少しずつ欲しがる分だけ与えましょう。

 

下痢が長く続く時の対処法は?

もしかしたら下痢の原因は、ウイルス・細菌による胃腸炎や風邪、インフルエンザかもしれません。

 

一日に5回以上の下痢が出たり、いつもと違う酸っぱい臭いがしたら病院で診てもらいましょう

 

赤ちゃんのウンチの臭いも、オムツを代えるときに気にしていればいざとゆうときの判断がしやすいと思います。

 

また、1週間以上下痢が続く場合も何か他の病気にかかっているなどの異常が起きている可能性がありますので、医師の診察を受けるようにしてくださいね。

 

赤ちゃんの下痢で離乳食のオススメは?

離乳食

 

基本は、消化の良いものを少しずつ食べさてあげることです。

 

ヨーグルト、牛乳などの乳製品や甘いものは、しばらくやめておきましょう。

 

すりおろしたリンゴや、おかゆ。よく煮たうどんなど、離乳食を始めた頃のような調理をしてあげてくださいね。

 

 

食事以外で気をつけることって?

赤ちゃん ミルク

出典:mamari.jp

 

赤ちゃんが脱水症状にならないように、水分補給を心がけてください。

 

一気にたくさん飲めないので、ちょこちょこと飲ませてあげましょう。

 

夏の暑い日でも冷房のきいた部屋にいるときは、お腹を冷やさないようにしましょう。

薄手の腹巻きがあると便利ですね。

 

冬はお風呂でよく温まった後は、早く布団に入れて冷えないうちに寝かせてあげましょう

 

下痢で赤ちゃんのおしりがかぶれた時の対処方法。

一日に何度も下痢をすると、赤ちゃんのおしりは真っ赤にかぶれてしまいます

 

きれいに拭き取ろうとしてしっかり拭くと、こすれて余計にかぶれてしまいますよね。

 

軽く拭いた後はガーゼで拭き取ってあげたり、シャワーでおしりを洗ってあげましょう

 

 

ちゃんと乾かしてからオムツをはかせてくださいね。ドライヤーを使うと、手軽に早く乾きますよ。

 

お出かけのときは、ペットボトルにお湯を入れて少しかけて拭き取ると、擦らなくてもきれいになります

 

手間はかかりますが、おしりかぶれで赤ちゃんも痛くてグズグズゆったり、寝れなかったりするので早く治してあげたいですよね。

 

お母さんができること。

赤ちゃん

 

【関連記事】

赤ちゃんの便秘の離乳食におすすめの食材。食べない時の対処。

赤ちゃんの高熱(38度以上)対処方法。冷やし方やお風呂の入れ方

赤ちゃんの寒さ対策。部屋、外出先で寒さを防ぐ服やグッズ

RSウイルス感染症の赤ちゃんや子供の症状や治療方法は?

赤ちゃんの熱中症の症状と対策!!水分補給は母乳でもOK?

 

赤ちゃんが成長するにつれて、体の中も対応しようと変化していきます。

 

お母さんは毎日赤ちゃんの様子をよく観察して、その変化に気づくことが大切ですね。

 

その中でもウンチの色や固さには、赤ちゃんの体調を知る重要な手がかりがあります。

 

 

赤ちゃんのお世話をするのに、お母さんは観察力が必要ですね。

 

離乳食も急がず、赤ちゃんのお腹の発達に合わせて食べさせましょう。

 

もし、アレルギーかな?と、思ったら小児科で調べることができるので相談してみるといいと思います。

 

これから大きくなって一緒に食事するのが楽しみですね!

食べることは楽しい、と赤ちゃんに教えてあげてくださいね(^^)


Sponsored Link