季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

*

結婚式二次会の会費相場!会費設定の仕方や内訳は?男女で違う?

Sponsored Link

結婚式二次会の会費は、いくらぐらいが相場なのでしょうか?

 

あまりに高いとゲストにとって不満ですし、安くするのにも限界があります。

 

今回は、結婚式二次会の会費の相場についてです。
地域や年代によってもかなり差があるみたいですよ。

・結婚式二次会の会費の相場は?
・結婚式二次会の相場は関東や関西など地域によって違う?
・結婚式二次会の会費設定の仕方や内訳は?男女で違う?
・披露宴に出席してくれた人の会費は無料にしたほうが良い?

 

Sponsored Link

結婚式二次会の会費の相場は?

結婚式二次会 相場
結婚式の二次会の相場は、全国平均で、男性が6,100円、女性が5,400円となっています。

 

ただし、ゲストの年齢層によっては、会費が少しがります。

ゲストの大半が30代以上になる二次会では、男性・女性共に1,000円程高めの会費設定になっています。

 

20代の会費が少し低めなのは、ゲストの経済的負担を考慮したものと思われます。

食事をビュッフェ形式にしたり、ドリンクの種類を減らしたりして会費を抑えるようです。

 

逆に、30代以上のゲストが多い場合は、お料理やドリンクをランクアップさせる分会費が高くなる傾向があります。

 


結婚式二次会の相場は関東や関西など地域によって違う?

結婚式二次会 地域
地域によって、相場はかなり違います。

首都圏:男性が7,100円、女性が6,400円
東海:男性が7,100円、女性が6,300円
関西:男性が7,400円、女性が6,600円
北海道:男性が3,400円、女性が3,400円
青森・秋田・岩手:男性が4,200円、女性が3,700円
宮城・山形:男性が5,000円、女性が4,500円
福島:男性が4,800円、女性が4,100円
茨城・栃木・群馬:男性が5,600円、女性が4,800円
新潟:男性が5,600円、女性が5,000円
長野・山梨:男性が5,300円、女性が4,500円
富山・石川・福井:男性が6,300円、女性が5,400円
静岡:男性が6,000円、女性が5,000円
中国:男性が5,200円、女性が4,700円
四国:男性が5,500円、女性が4,700円
九州:男性が4,200円、女性が3,600円

結婚式 二次会
地域によって会費の平均にかなりの差がありますね。

 

これは、結婚式の二次会の内容が地域によって違うからです。

首都圏を始め、関東・関西では、会費が高くなる傾向にあります。

 

これらの地域では、二次会が、新郎新婦はタキシード&ウェディングドレス(カラードレス)、ゲストもドレスアップして参加するパーティーだからです。

ゲストへのプチギフトを用意することも多く、友人だけを招いた披露パーティーといった雰囲気です。

 

対して、九州では、新郎新婦はスーツ&イブニングドレス(カクテルドレス)、プチギフトの習慣もないといった理由で、会費が低めになっています。

 

そして、3,000円台が相場と、他地域に比べて群を抜いて安いのが北海道です。

これは、北海道ならではの習慣によるものです。

 

北海道では、二次会にだけ参加することは稀で、挙式・披露宴に参加した人が、二次会へも参加します。

披露宴でしっかりと食事を食べているので、二次会では軽食程度でよいという事情があるのです。

 


Sponsored Link

結婚式二次会の会費設定の仕方や内訳は?男女で違う?

二次会 会費

 

会費設定の方法

二次会の会費設定の仕方で、一番多いのが、必要経費をゲストの人数で割るという方法です。

 

また、先に結婚式の二次会をした友人と、あまり差がない会費設定にしたという人もいます。

 

二次会費用の内訳

二次会で必要となる費用は次のとおりです。

1.会場レンタル代
2.料理・ドリンク代
3. ゲームや余興で使う備品・商品
4.ゲストへのプチギフト
5.装花やプロジェクターなど(必要な場合)

その他に必要経費としては、新郎新婦の衣装代がありますね。
これは、二次会費用に含めるかどうかは考え方によります。

 

二次会費用の男女差

男性が女性より会費が高いケースは約62.3%、男女で同じ額なのは約37.6%となっています。

 

男女の会費の差額は平均735円で、500円~1,000円の差をつけていることが分かります。

 

差を付ける理由としては、男性の方がたくさん食べるからというのが多く、これは、ビュッフェ形式の場合でしょう。

 

披露宴に出席してくれた人の会費は無料にしたほうが良い?

披露宴 出席
これは、考え方によるところです。

1.二次会からの参加者は安くする
・結婚式と披露宴で、ご祝儀を貰っているのに、二次会の会費も頂くのは申し訳ない。
・披露宴直後の二次会では、あまり食べられないから、安くするべき?2.会費は同じにする
・二次会から参加している人は、不公平と感じて気を悪くするかも?
・受付や会計の都合で言えば、全員一律の会費にするのがラク

どちらの意見も頷けるものだけに、迷いますね。

 

そういう場合は、会費は一律にして、お土産やお車代を渡すという方法があります。

 

披露宴から引き続いて出席してくれた人だけでなく、遠方から駆け付けてくれた人、幹事を引き受けてくれた人にも同じ方法が使えます。

 

会費設定は、相場を確認してから。

披露宴二次会 会費

 

【関連記事】
結婚式二次会のゲーム景品人気ランキング!予算の相場は?
結婚式二次会の幹事(司会)を依頼する時期は?お礼の相場は?
結婚式二次会のゲーム人気ランキング!全員参加で盛り上がる!
結婚式の二次会で渡すプレゼントランキング!渡し方は?
結婚式の二次会の新郎新婦の服装まとめ。ホテルや居酒屋では?

 

婚式二次会の会費の相場についてでした。

 

地域によって、かなり相場に開きがあることが分かりました。

 

相場の違う地域の出身同士の結婚だと、混乱するかもしれませんね。

 

「高すぎる!」という苦情が予想される場合には、ゲストに説明をするとか、新郎側、新婦側の二次会を分けるなど、折り合うところを見つけて下さいね。

Sponsored Link