季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

小学校の転校手続きの方法や手順について!期間や挨拶回りは?

お子様がいる家庭の引越しには、小学校の転校も関わってきます。

 

同じ学区内であれば転校せずに今までと同じ小学校へ通うことができますが、同じ市区町村でも学区外であったり、今までと違う市区町村への引越しの場合は転校をすることになるでしょう。

 

子供たちも環境の変化などケアも必要ですし、小学校や市区町村への手続きなどやることはたくさんあります。とても大切な手続きですが、転校の手続きは大変だったというのを聞いたことがあります。

 

事前に手続きの方法を頭に入れ、できるだけスムーズな手続きができるようにしましょう。

 

・転校元の小学校での手続き
・小学校の転校先での手続き
・小学校の転校元、転校先への挨拶は?
・小学校の転校は子供の心のケアも大事

 

この順番で手続きの方法や手順について、注意点も含めてまとめていきます。

 

Sponsored Link

転校元の小学校での手続き

教室

 

小学校の転校の際、転校元への手続き転校先への手続きとそれぞれ手続きが必要です。

 

各自治体で書類の名称などが異なりますので、手続きの流れを理解した上で細かい手続き方法は、各自治体へ確認しましょう。

 

転校元への手続き

まず転校前の学校へ連絡をします。先生方も用意しなければならない書類などがありますので、最低でも1ヶ月前には学校へ連絡をしましょう。

 

学校から以下の書類を受け取ることができます。

・在学証明書

・転学児童(生徒)教科用図書給与証明書

これらの書類は、転校先の学校や市区町村へ提出しなければならないものなので大切に保管しましょう。

 

自治体によっては「転出学届」という書類が必要なことがありますが、この書類は学校に置かれているそうなので必要な場合は受け取りましょう。

 

印鑑も必要なときがありますので、手続きのときは持っていると安心です。

 

 

書類が揃っていれば手続きに時間はかからないでしょうが、学校の先生方が作成する書類には時間が必要です。

 

先生方も大変ですし、親御さんも手続きでバタバタしないためにも、遅くても1ヶ月前、転校が決まればその時点で学校へ連絡するとよいでしょう。

 

転校先の学校のことでの相談なども含め、担任の先生に早めに連絡をしておくと、子供の環境変化のケアなどにも役立つかもしれません。

 

市区町村の役所への手続き

役所

 

次に学校から書類をもらったら「教育委員会」へ行きます。教育委員会と言われても、どこにあるの?と、いう方も多いと思います。大抵の場合は、市区町村の役所にあるそうです。

 

同じく市区町村の役所内にある「学務課」で手続きを行うこともありますので、どちらの窓口に行けば良いのか事前に確認し、「在学証明書」を提出しましょう。

 

役所での手続きをすると、「転入学通知書」というものが交付されます。このとき、転校する学校を指定してくれます。

 

ここまでが、地元での手続きとなります。

 


Sponsored Link

小学校の転校先での手続き

黒板消し

 

教育委員会または学務課で指定された転校先の学校へ行き、次の書類を提出します。

・転入学通知書

・在学証明書

・転学児童(生徒)教科用図書

この3つの書類を転校先に提出すれば手続きは完了となります。

 

書類を提出しに行く前の、転校先へ事前に電話で連絡をし、手続きへ行く日を相談するといいでしょう。その際に、持ち物や必要なものがないか確認すると良いです。

 

小学生 女の子 ランドセル

 

手続きのときは親子で行き、子供にも学校の雰囲気など見せることもいいですね。

 

担任の先生が決まっていれば、子供とも面談ができますし、親としても子供の性格や転校元の学校でどのような生活や友達と遊んでいたかなど、知ってもらういい機会になると思います。

 

転校先に通学する前に、面談などある学校もあるかもしれませんし、特に面談として行ってない学校もあったりと様々だと思います。

 

子供のためにも、親の安心のためにも、事前に転校先へ連絡する事は大切だと私は思います。

 

また、学校への通学路を確認して、帰り道は実際に子供と通学路の確認をするのも良いでしょう。

 


Sponsored Link

小学校の転校元、転校先への挨拶は?

挨拶

 

ここでは、お世話になった転校元と転校先に分けて挨拶について説明していきますね。

 

転校元への挨拶は?

私の体験談ですが、私自身が小学生の頃に転校した友達から、鉛筆や消しゴムなど値段でいうと\100ぐらいのものをいただいた覚えがあります。

 

先生方にも、実際にお会いして今までお世話になったご挨拶は必要かと思います。

 

何か品物を渡す、渡さないは人それぞれかと思います。それよりもきちっとした身なりで先生方の予定を事前に確認して挨拶に行くなど、挨拶に行く姿勢が大切だという実際の先生の意見もあります。

 

様々な体験談から見ると、ママ友など仲のいい友達には転校が決まってから報告をしたり、ランチなどをしてママ同士のお別れ会をしたり、仲良しの子供達でお別れ会をしたりと色々あります。

 

何も言わずに転校してしまうのは寂しいですし、お世話になった方や仲良しのお友達にはきちんと報告する事が大切です。

 

ご挨拶

 

転校先への挨拶は?

こちらも実際の小学校の先生の意見を参考にみると、手土産を持参される親御さんもいますし、手土産は特になく挨拶へくる親御さんと様々なようです。基本的には手土産は不要なのだそうです。

 

それよりも、やはり挨拶へ来る時の態度(身なりや、椅子の座り方や話を聞く態度など)が大事です。ごく当たり前のようですが、色々な方がいらっしゃるようなので節度を守った態度が必要ですね。

 

引越し先のご近所にも、家族で挨拶へ出向き小さな手土産を一緒に渡すと良いでしょう。私自身の経験ですと、熨斗がついている方が名前を確認できるのでよかったです。

 

小学校の転校は子供の心のケアも大事

子供

 

ある体験談でママ友に「転校生になるんだね。かわいそう」と、言われショックを受けた方がいたそうです。

 

転校をすると、環境の変化など今までとは違う生活やお友達、先生との付き合いが始まります。楽しみなこともありますが、不安なこともたくさんあることでしょう。それは親も子も同じです。

 

色々言う方はいますが、決してかわいそうのことではなく、新しい生活、出会いなどを経験し、子供にとっても大冒険だ!と、私は思います。

 

子供には「ポジティブな声かけ」「寂しさの共感」「お友達できた?と、聞きすぎない」など心がけ、転校を良い経験にしてあげましょう。

 

教室

 

・小学校の転校元には早めに転校することを伝える。

・必要書類や名称が各自治体で違うので、事前に確認する。

・挨拶は手土産のような品物よりも、態度や服装などに気を配る。

・子供には転校を良い経験にしてあげるようなケアを。

 

転校の際はやることがたくさんあり、親御さんは大変だと思います。手続きの際は早めに対応しましょう。

 

お子さんが安心して新しい生活が迎えられますように、少しでも参考になれば幸いです。


Sponsored Link