季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

七五三はいつからいつまで?数え年と満年齢どちらで祝うの?

どもの成長ってほんとあっという間ですよね。

 

毎日慌ただしく過ごしていると、いつからか日々の成長に気が付けなかったりしますが、何かのイベントがあったりすると、生まれてきたときのことを思い出し、本当に愛おしく感じたりするものです。

 

今回は、お子さんの健やかな成長を祈る代表的なイベント、七五三について書いていきたいと思います。

 

・七五三をお祝いする時期は?男の子と女の子で違うの?
・七五三をお祝いする時期は地域よっても違う?おすすめの時期は?
・七五三は数え年と満年齢どちらでお祝いするの?
・12月生まれや早生まれの場合は?

 

Sponsored Link

七五三をお祝いする時期は?男の子と女の子で違うの?

 

七五三って3歳と5歳と7歳の秋でしょ!?

 

とわかっているつもりでも、男女でのお祝いのタイミングも違うみたいだし、具体的にいつ?!と聞かれるとよくわかっていなかったりしませんか?

 

 

子どもがいると、写真館の広告やのぼりがよく目に留まるかと思いますが、その中でも最近目立つのが七五三の「前撮り」というのぼりや広告。

 

そう、今や子どもの記念撮影も前撮りする時代なのです!

 

こうなるとさらに、七五三の参りをする時期があやふやになってしまい、よくわからない~となっている人も多いはず。

 

 

私も、そんな、「なんとなく族」なので笑

これを機に調べてみました。

 

そこでわかったのが、本来、七五三は11月15日に行われる行事だ!ということ。

 

えっ!!そ、そうだったの?!!

 

 

旧暦で「鬼宿日」…鬼が出歩かないとされる日とされ、何をするにも良い日とされている日だったことや、江戸幕府の5代将軍綱吉の長男、徳松の健康を祈り、11月15日より始まった行事だった。

 

などがその日に行われるようになった所以なのだとか。

 

でも最近は必ずしも11月15日ではなく、その付近の都合のよい土日祝日や大安の日を選んで行う人が増えているみたいです。

 

 

また、七五三は男女でお祝いする年齢が違います。

 

女の子の場合は、3歳、7歳の時、男の子は3歳、5歳です。

3歳の時のお祝いは、地域によって男の子はしないというところもあったりするのだそう。

 

男女差に加え、地域差もあるとは…汗

 


Sponsored Link

七五三をお祝いする時期は地域よっても違う?おすすめの時期は?

 

そう、さっきもちらっと触れましたが域によっても七五三のお祝いをする時期には少し違いがあるようで、女の子の場合には、全国的に3歳と7歳の時の2回。

 

それに対し男の子の場合は、5歳の時にだけする地域と、3歳と5歳の2度にわたって行う地域に分かれるそうなのです。

 

 

また、東北や北海道の寒い地域では11月ではすでに寒くなっていることもあり、10月に行っていたり、この他にもお祝いをする日付が旧暦のところもあれば、今の暦でお祝いをする地域もあるのだとか。

 

七五三の形にこんなにも地域差があるなんて!

情報がこんがらがるわけですよね(^^;

 

私としては、やっぱり東以南であれば、過ごしやすい秋のうちに行うのがオススメかなと思います。

 


Sponsored Link

七五三は数え年と満年齢どちらでお祝いするの?

 

そしてそして、七五三の時に必ず話題に上がるのが数え年と満年齢の件。

 

そして何度も覚えられない私…チーン

 

さっくり言うと、数え年というのは、生まれた時が1歳で、お正月を迎えるごとに1歳ずつ年齢が加えられていく数え方のこと。

 

わかりやすいですかね…?

普段めったに使うことがないですから、混乱すること間違いなしですが笑

 

どちらで行うのか?

という点においては、どちらが正しいということは無く、どちらでも良いというのが答えなようです。

 

 

そもそも、明治時代まで数え年が使われていたことからこの差は生まれているよう。

 

今は、様々な的書類においても満年齢が使われていますよね。

なので、七五三のお祝いも自然と満年齢になってからするようになってきているみたいです。

 

でも、地域やそのご家庭の習慣があったりするかもしれませんので、ご両親には相談しておいた方が無難かもしれませんね!

 

 

ちなみに、うちの場合は相談したところ、両家ともお祝いするタイミングはあなたたち夫婦におまかせします!という回答でした。

 

じいじ、ばあば世代も、満年齢や数え年にはあまりこだわらない、という家庭が増えてきているようです。

 

12月生まれや早生まれの場合は?

 

七五三をする時期を決めるにあたって迷うポイントがまだありましたね。

 

1月から3月に生まれた生まれのお子さんがいらっしゃる方は、今までにあげたポイントに加えて、「今年なの?来年なの?」と迷われる方も多いとおもいます。

 

でも大丈夫。私の周りでも、色々なパターンをよく聞きます。

 

御主人の実家に帰省するタイミングが、たまたま七五三の時期と重なったから、数え年でもお祝いをすませちゃった。

 

とか

 

下の子の3歳のお祝いとの兼ね合いで、早生まれだけど5歳になる学年だったから一緒にお祝いしたよ!

とか本当にいろいろなんです。

 

数え年でも、満年齢でもどっちだってよいのですから、その子の成長具合に合わせてお祝いしてあげてくださいね。

 

七五三のお祝いは秋のうちがオススメ。

 

【関連記事】

七五三のお参り。初穂料のし袋の相場や書き方。いつ渡す?

千歳飴の意味と由来。長細い形や袋のデザインの理由は?

七五三のお祝い金の相場。孫、姪や甥の場合。のし袋の書き方

七五三のプレゼント。女の子男の子におすすめランキング!

七五三のお祝いお返しの相場。贈る物やのしの書き方は?

 

七五三について書いてみましたがいかがでしたでしょうか?

 

子どもの成長をお祝いするイベント事は何かと気を遣いますよね。

はじめての経験だったりするとなおさらかと思います。

 

日取りを決めるのだってみんなの都合や子どもの体調を考えると、一苦労だったり…。

 

 

でも、後で振り返って写真や動画を見てみると、とっても良い思い出になったりするものなんですよ!

 

のうちに行えば、気候もよく、子どもへの負担も少なくて済みます。

 

具体的に何月何日に行うかは、お子さんの体調やお仕事の都合などに合わせながら決めると、スムーズかと思います。

 

七五三がみなさんが、気持ちよく楽しく過ごせるものになるといいですね。


Sponsored Link