季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

*

お年賀の意味。タオルやお菓子は?お歳暮や年賀状との違い。

Sponsored Link

年末の贈り物といえばお歳暮ですね。
では、年始の贈り物は何というのでしょうか?

 

年始まわりの手土産は御年賀と言います。

 

お年賀には、普段の手土産と違って特別な意味が込められています。

 

今回は、そんなお年賀の意味や贈り方などについて詳しくまとめていきます。

 

・お年賀の意味や由来は?
・お年賀にタオルやお菓子を贈る意味は?
・お年賀とお歳暮や年賀状との違いは?
・お歳暮とお年賀、両方贈るのがマナー?

 

Sponsored Link

お年賀の意味や由来は?

お年賀 意味 由来

 

お年賀の起源は、御歳魂という習慣にあるといわれています。

御歳魂というのは、新年の挨拶廻りをする時に、伺うお宅の歳神様を祀る神棚や仏壇などへお供えする品のことです。

それが、お年賀と呼ばれるようになり、今では新年の挨拶の時に手渡す手土産の事を指すようになりました。

 

新年の贈り物といえば、「お年玉」では?と思うかもしれませんが、お年玉は子どもなど目下の人に渡すものです。

現金でなくても、品物でも「お年玉」です。

 

逆に、「御年賀」はお世話になっている人など目上の人に渡す品物になります。

 


お年賀にタオルやお菓子を贈る意味は?

お年賀 贈る

 

お年賀にはタオルやお菓子を贈るのが定番ですが、それは何故なのでしょうか?

タオルを贈る習慣については、江戸時代に歌舞伎役者が御贔屓筋(ごひいきすじ)に手ぬぐいを配った事から生まれた習慣です。

 

手ぬぐいには「今年も応援よろしくお願いします」という意味が込められました。

それが、手ぬぐいの需要が減るにつれタオルへと移り変わっていったのです。

 

今でも、商売をしている家では、「年賀タオル」として屋号や名前が織り込まれたタオルを用意することもあります。

 

正月には、ご挨拶に適した干支や縁起物をあしらったお菓子が販売されます。

こういったお菓子は、自分で食べる以外に御年賀としてもぴったりです。

 

お菓子を贈る習慣は、砂糖が貴重だった時代に生まれました。

甘いものを贈ると喜ばれたからです。

 

今でも、塩味に偏りがちなお節料理のお口直しには甘いものがいいという理由でお菓子を選ぶ人は多いです。

 

タオルやお菓子の他には、フルーツやお酒なども定番のお年賀になります。

 


Sponsored Link

お年賀とお歳暮や年賀状との違いは?

お年賀 違い

 

意味

年賀状は、旧年お世話になったことへの感謝の気持ちと、新年のご挨拶をするためのものです。

 

過去と未来両方の挨拶になります。

また、新年を祝う気持ちも込められています。

 

ですから、年賀状は喪中の家には送らないのがマナーです。

松の内が過ぎてから、寒中見舞いを送りましょう。

 

お年賀は、新年のご挨拶ですから、未来に対しての挨拶の品です。

 

年賀状と同じで、新年を祝う気持ちも込められています。

こちらも、喪中の家には送らないのがマナーです。

 

お歳暮は、旧年中にお世話になったことへの感謝を表したものです。

 

今後もよろしくお願いしますという意味も含まれますが、どちらかというと過去お世話になったことへの感謝の気持ちで贈ります。

 

お祝いの気持ちは含まれていませんから、相手が喪中であっても贈って構いません。

 

時期

年賀状は、松の内の間に送り合います。

できれば三が日のうちに届いた方がいいでしょう。

 

お年始は、三が日の間に贈るものです。

 

どうしても三が日に訪問できない時には、松の内ならばなんとか許容範囲です。

それよりも遅くなった時には、寒中見舞いとしたほうがいいでしょう。

 

お歳暮は、年末に贈ります。

時期は年々早まる傾向にあり、都市部では十二月に入ったらすぐ贈るということもあるようです。

 

渡し方

お年賀 渡し方

年賀状はお年始まわりができない家への挨拶状ですから、配達して貰うものですね。

 

お歳暮本来お宅に伺って直接お渡しするものです。

 

ただ、年末は慌ただしいので、なかなか訪問する方もされる方も負担が大きいという事情もあり、配達でもよいとされています。

 

お年賀は、基本的に持参するものです。

あくまでも挨拶廻りの手土産という位置づけだからです。

 

のし

お年賀には紅白や赤金の水引を使います。

熨斗紙に書く言葉は、「お年賀」です。

 

お歳暮には、紅白蝶結びの水引を使い、「お歳暮」「御年始」と書きましょう。

 

ただし、喪中の場合は水引をかけず、奉書紙だけにしたほうがいいでしょう。

 

お歳暮とお年賀、両方贈るのがマナー?

お歳暮 お年賀 両方

お歳暮を年末に贈り、新年にお年賀を贈ると、ひと月足らずの間に二回も贈るものをする事になります。

 

いくらなんでも贈り過ぎなのでは?と思うかもしれませんね。

 

あまり大仰なものを二回贈ると、相手も恐縮するでしょうから、お歳暮を贈っている場合はお年賀の必要はないとされています。

 

両方きちんとしたい場合は、御年賀は少し控え目なものをチョイスするといいでしょう。

 

お年賀は必ず訪問して渡しましょう

お年賀 訪問

 

【関連記事】

お年賀の時期やおすすめは?ビジネスや喪中の時は?

お年賀のお返し時期はいつまで?金額の相場は?のしの書き方。

お年賀のお礼状例文。ビジネスの書き方は?時期はいつ?

年始回りはいつまで?意味と時期。ビジネスマナーや手土産は?

喪中のお年賀の挨拶マナー。手土産の渡し方やのしの書き方。

お歳暮の時期。関東や関西はいつ?過ぎた時のマナーは?

年賀状はいつまでにポストへ投函すれば元旦に届くの?期間は?

元旦と元日の違い。正月との違いは?年賀状に書くのはどれ?

寒中見舞いの文例は?時期はいつからいつまで?結婚や出産の場合

しめ飾りの意味。飾る期間は?飾り方の向きや場所は?

 

年賀の意味や贈り方などについてでした。

 

お年賀は新年を迎えたお祝いの品で、お世話になっている人への新年の挨拶廻りの手土産として用意します。

 

基本的に持参するのがマナーですから、いきなり送りつけることのないようにしましょう。

Sponsored Link