季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

*

夏休みの過ごし方!【小学生・中学生・高校生・大学生・社会人】

Sponsored Link

夏休みというと皆さんはどのように過ごされていますか?

特に学生の方にとっては1カ月近い夏休みとなります。

 

日頃できないようなことをしたりするにはとても良い機会だと思います。

 

そのためにも夏休みに入る前に計画を立てて夏休みを迎えたいものです。

 

今回は夏休みのおすすめの過ごし方についてお話をさせていただきたいと思います

・小学生の夏休みの過ごし方おすすめは?両親が共働きの場合は?
・中学生におすすめの夏休みの過ごし方は?
・高校生の夏休みの過ごし方は?どう過ごす?
・大学生の夏休みの過ごし方!おすすめは?
・社会人の夏休みの過ごし方おすすめはこちら。

 

Sponsored Link

小学生の夏休みの過ごし方おすすめは?両親が共働きの場合は?

小学生 夏休み
学生というと夏休みが入る前に予定表を宿題とする小学校が多いですね。

 

一日のタイムスケジュールや日付別の行事を記入していきます。

 

特に小学1年生にとってははじめての夏休みですから、スケジュール表もおかあさんといっしょに決めていったのではないでしょうか。

 

さてそんな小学生におすすめの夏休みの過ごし方を紹介いたします。

 

低学年向け

一日を規則正しい生活を!

 

一番規則正しい生活を送るのが難しいと思います。

ですがこの規則正しい生活を送ることによって2学期が始まったときに体にだるさを感じたりとか、集中力が落ちるといったことが防ぐことができます。

 

学校や町内会・子供会などで朝はラジオ体操が始まると思います。

それにはぜひ参加して一日の目覚めを良くしましょう。

そして午前中はまだ涼しさがありますので夏休みの宿題や図書館などで本を読むということをするようにしましょう。

 

午前中は早起きなどをすると脳の動きが一番活発な時間帯となります。

その間に宿題などを進めるとはかどると思います。

 

そしてランチタイムは時間的にも暑い時間帯です。

家でおかあさんといっしょにご飯作りなどしてみてはいかがでしょうか。

ご飯支度をしながら魚の名前や野菜の名前を覚えたり、会話の中で知識を増やしていきましょう。

 

午後は思いっきり体力づくりをするようにしましょう。

遊んでも良いですし、スポーツなどをするのも良いでしょう。

夏休みの期間限定でスポーツ教室など開催されたりしますので利用したりするのも良いですね。

 

夜は早めの就寝を心がけましょう。

一日に一つは楽しい思い出づくりを

 

どんな小さなことでも構いません。

おそらく絵日記などの宿題など出されることでしょう。

そのときにぱっと思いつくようにしたいですね。

 

できるだけお母さんにも協力してもらって朝に「今日はこんなことしよう」と楽しみを作るのも良いですね。

高学年 興味

高学年

友達付き合いを大切に

 

高学年になってくると友達との付き合いが増えてきます。

 

小学生のうちから携帯を持ったり、ゲーム機で会話をすることも増えてきます。

そのためなかなか友達との距離感がつかめない子供さんが増えてきています。

そこで夏休み中に友達とコミュニケーションを取る練習をするよう心がけてみてはいかがでしょうか。

 

夏休みの宿題を一緒にする、スポーツ少年団などに入って見る、興味のある習い物に挑戦してみるのも良いでしょう。

親子の会話を増やす

 

だんだんと親離れしてくるのが高学年の年頃です。

特に夏休みとなるとどうしても外で何をしているのかわからないことが増えてきてしまいます。

 

友達とのコミュニケーションを取りながら、親子の会話も食事中とかに増やして見るのも良いでしょう。

自分の興味のある物を探す

 

小さいときから習い事に行っている方もいると思います。

でも自分から何かをしたいというものを見つけるのも良いでしょう。

それがきっかけで中学・高校と部活動に頑張れることにも繋がります。

 

両親が共働きの場合

両親が共働きをしている小学生のお子さんは、大抵学童保育に通っていらっしゃるのではないでしょうか。

 

学童保育にいる間に夏休みの宿題や本を読んだりお友達と遊んだりしていることが多いでしょう。

 

場合によっては一日中ゲームをして過ごしている子供さんよりは行動的ではあります。

 

ですが一人で留守番をする時間が長くなってしまったりと危険も伴います。

 

一日の行動を親の方でも把握をしておいてくださいね。

 


中学生におすすめの夏休みの過ごし方は?

中学生 夏休み
学生になると部活動に入っている子供さんはそちらがメインとなりやすくなります。

 

忙しい毎日を過ごすことでついつい勉強のほうが疎かになりやすくなります。

 

ですが中学の勉強が難しくなって疎かにしてしまうとあっという間に勉強についていけなくなるということになりやすいです。

 

しっかりと部活動と勉強を両立できるように一日の時間の使い方を計画的におこなうようにしましょう。

また部活動がない子供さんにとっては、勉強の他に将来に向けた目標探しをするのはいかがでしょうか。

 

まだ漠然とした形でも構わないですが、将来にどんなことをしたいかというビジョンを持つためにいろいろな経験をしてみるのもよいかと思います。

 

ボランティアをしてみたり、夏休み期間中だけの参加型のイベントなど良いでしょう。

そこで同じ年代の人の他にも、様々な年代の人と話をすることによって得るものがたくさんあると思います。

 


Sponsored Link

高校生の夏休みの過ごし方は?どう過ごす?

高校生 夏休み
校生となりますと体の成長もしっかりとしてきて考え方も大人とさほど変わらないようなところも出てくると思います。

 

夏休み期間中は部活動中心となるか受験勉強が中心となるか2つに分かれる傾向が出てきます。

 

この時期は将来に何をしたいのかというビジョンをしっかりと持つことが大事なこととなります。

ただ部活動をしたり勉強をするだけではやる気が続きづらいものです。

そのためにはいろいろな本を読んだり、博物館や美術館といったところに出かけてみるのも良いでしょう。

 

夏休み中は子供さんを対象にした展示会など催し物が多いですのでどんどんでかけてみていくのはいかがでしょうか。

 

いろいろなものに触れ合う機会を持って自分が何をしたいのかを早い機会に目標を持つことは大事なことだと思います。

 

大学生の夏休みの過ごし方!おすすめは?

大学生 夏休み
学生の夏休みはほぼ2カ月近くあるところが多いですね。

それだけに計画性を持った過ごし方が大事になってくると思います。

特に1~2年生は自由な時間が多いので旅行などを計画してみてはいかがでしょうか。

国内・海外での様々な経験は社会に出てから大きな糧となってきます。

 

また様々な資格試験を予定している人にとっては早めの準備として勉強に励むことも大事でしょう。

 

3年生以上は就職活動や大学院に向けた勉強や専門分野の勉強を追われることになります。

対応が後手にならないようにいろいろな人からの情報収集をしたり、経験を持つのもこの時期には貴重となってきます。

 

社会人の夏休みの過ごし方おすすめはこちら。

社会人 夏休み
会人の夏休みというとあっという間に過ぎてしまうと思います。

 

日ごろ手の届かない家事に追われたりしていつの間にか夏休みが終わってしまったということも経験があるのではないでしょうか。

でもその隙間の時間を上手に使って気分転換を心がけましょう。

日頃会社でのストレスにさらされています。

一人で自由な時間を過ごしても良いですし、家族でどこかに出かけるのも良いでしょう。

 

そのほかにも一日の体験教室やトレーニングジムなどに通ってみて趣味を作ってみるのも良いかもしれません。

 

計画を立てると有意義な夏休みが過ごせます。

夏休み 過ごし方

 

【関連記事】
夏休みにやること!おすすめリストはこちら。【学生・社会人】
夏休みの目標といえば?【幼稚園・小学生・中学生・高校生・大学生】
夏休み!期間はいつから?【小学校・中学校・高校・大学・社会人】

 

夏休みという限られた時間をどのように使うかは考え方次第ですね。

 

ただボーッとして過ごしたいという方もいらっしゃると思いますが、またそれも一つの方法かもしれません。

 

ただ夏休みが終わったあとに、何もしなかったなぁ~と後悔のないようにはしたいものです。

 

そのためにも計画を立てると有意義に過ごせて時間を上手に使えることになるでしょう。

 

楽しい夏休みを過ごせるといいですね。

Sponsored Link