季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

*

喪中はがきを出す範囲。親戚・兄弟の喪中期間やマナーは?

Sponsored Link

親族が亡くなることは大変悲しい出来事であり、突然訪れる非日常でもありますよね。

 

故人への弔いは、正しいマナーを遵守したいと誰もが思うものですが、非日常だからこそ、知らないマナーや忘れてしまっているマナーは案外多いものです。

 

特に、毎年訪れる年賀状準備の時期になると、

「どこまでの親族が喪中はがきを出すものなのだろう?」
「喪中期間だとは思うけれど、友人や知り合いに年賀状を送って良いのだろうか?」

と悩まれることがあるのではないでしょうか。

 

そこで今回は、親族が亡くなった際、喪中はがきを出す範囲や、親戚・兄弟の喪中期間やマナーをご紹介していきますよ。

 

・喪中はがきを出す対象となる範囲は?何親等まで?
・一般的な喪中期間はいつからいつまでの範囲?
・喪中期間中に友人や知り合いに年賀状を送っても大丈夫?

 

Sponsored Link

喪中はがきを出す対象となる範囲は?何親等まで?

喪中はがき 対象 範囲

 

一般的には2親等までの範囲が喪中はがきを出す対象となります。

2親等までの範囲とは、配偶者が範囲に含まれるのは前提として、子とその配偶者、それぞれの父母が1親等となり、それぞれの祖父母や兄弟とその配偶者、孫とその配偶者が2親等に当たります。

 

しかし実際には、喪中はがきを出す対象となる範囲に決まったルールはありません。

 

そのため、例えば3親等だから喪中はがきを出してはいけないというようなことはなく、悲しみが深く本人が喪に服していると思えば喪中はがきを出すなど、柔軟に考えて良いでしょう。

 


一般的な喪中期間はいつからいつまでの範囲?

一般的 喪中期間

喪中期間の範囲は、明治時代に定められた太政官布告という法令に記されていました。

 

しかし、当時は男尊女卑の考えが色濃く、時代にそぐわなくなってしまった背景があり、既に撤廃されています。

 

現在喪中期間の範囲を定める法令はありませんが、当時の慣例が現在の喪中期間を考える基準となっています。

 

その法令を取り入れた基準では、父母や義理父母が12~13ヶ月の範囲、子供が3~12ヶ月の範囲、祖父母が3~6ヶ月の範囲、兄弟姉妹が1~6ヶ月の範囲です。

 

しかし現在では、親等に関わらず、不幸があった年の翌年1年間を喪中期間の範囲とすることが一般的です。

そのため2親等の祖父母や兄弟姉妹の場合でも、6ヶ月の喪中期間ではなく翌年1年間と考えるのが良いでしょう。

 


Sponsored Link

喪中期間中に友人や知り合いに年賀状を送っても大丈夫?

喪中 年賀状 友人

喪中期間であっても、小規模な家族葬などであまり広い範囲に不幸を知らせていない場合もあります。

その場合、不幸を知らない友人や知り合いには、喪中はがきではなく年賀状を送る方も増えているようです。

 

友人や知り合いには年賀状、親族には喪中はがき、というように2種類のはがきを作り分けて送る方もいるようですよ。

 

また、年賀状を受け取ることは良いけれど、自分から年賀状を出すのは控えたいと感じている場合や、不幸を知らせてはいるけれど喪中はがきを改めて出すほど形式張るのは避けたいといった場合は、寒中見舞いを送るという方法もあります。

 

「今年は喪中だから、年賀状ではなく寒中見舞いを送らせてね。」などと前もって伝えておくと良いでしょう。

 

その際、「毎年あなたの年賀状を楽しみにしているから、来年もいつも通り送ってくれると嬉しい。」などと一言付け加えておくと相手を悩ませることもなく親切ですね。

 

もしも年賀状を受け取ることも控えたいと感じているのであれば、どんな間柄であっても喪中はがきを出しておくことをおすすめします。

 

喪に服す基準は悲しみの深さ

喪に服す 基準

 

【関連記事】

喪中はがきの書き方・連名での続柄や年齢は?薄墨で書く?

喪中はがきの返信文例。友人への返事。時間やマナーは?

喪中はがきの書き方とその文例集まとめ(夫や母が亡くなった場合)

喪中時に届いた年賀状に返事は必要?時期や文例は?

喪中のお知らせはがきはいつまで?文例や喪中期間は?

喪中の寒中見舞いの文例。時期やはがきの種類は?

喪中の初詣は行っていいの?ダメな期間やお守りについて。

喪中の初詣はいつからできる?寺と神社の違い。厄払いは?

喪中のお年賀の挨拶マナー。手土産の渡し方やのしの書き方。

 

族が亡くなった際、喪中はがきを出す範囲や、親戚・兄弟の喪中期間やマナーをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

 

2親等で不幸があった翌年1年間は、一般的に喪中期間と考えることがわかりましたね。

 

しかし、一番の基準は本人の心です。

いくら遠い親族であっても、喪に服してはいけないという決まりはありません。

 

年賀状や喪中はがきについては、慣習をより重んじる年上世代の方々と、同年代の友人や知り合いで対応を変えるのも、一つの方法ですね。

Sponsored Link