季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

*

住所変更で郵便局に転送届をする手続き方法。期間や延長は?

Sponsored Link

引っ越しシーズンがやってきました。

 

引っ越しの準備は荷造りだけでなく、ライフラインや役所への住所変更に伴う手続きも必要なのでちょっと面倒なんですよね。

 

そんななかでつい忘れがちな手続きのひとつが郵便局の住所変更に伴う転送手続き。

 

ここでは郵便局の転送サービスについて、住所変更の手続きに必要なものやおすすめの時期、転送手続きの方法などについて詳しく紹介します。

 

・郵便局の転送サービスとは?
・住所変更で転送届に必要なものは?手続きの時期はいつ頃がいいの?
・住所変更による転送手続きの方法。ネットでもできる?
・転送期間の延長はできる?方法は?

 

Sponsored Link

郵便局の転送サービスとは?

手続きさえすれば前の住所あての郵便が新居に届くサービス

ポスト 手紙
手紙って案外いろいろなところから届きますよね。

商品を購入した企業、友人知人、銀行や保険会社からのお知らせなどなど。

 

引っ越しとなると、それらすべてに住所変更のお知らせをしなければなりませんが考えるだけで面倒!

 

でも郵便局で転居届を出すと、郵便物を新居に届けてくれるんです。

とてもありがたいサービスですよね。

引っ越し前に慌てなくても、引っ越しが済んでからゆっくり住所変更の手続きをすることができます。

 

注意したいのはあくまで郵便局から配達される郵便物だけが転送されるということ。

宅配業者から配送されるものは転送されません。

宅配業者でも荷物の転送サービスはしているので、そちらはそちらで住所変更の手続きが必要になります。

 

また海外への転送はしてもらえないので、海外に引っ越しする場合は実家や知り合いの家など国内にある場所への住所変更をするのがおすすめです。

 


住所変更で転送届に必要なものは?手続きの時期はいつ頃がいいの?

住所変更の転送手続きは引越し1週間前がおすすめ

郵便局 転送手続き
住所変更の転送手続きは新居の住所が判ればいつでもできます。

でもおすすめの時期は引越し1週間前。

 

引っ越しでバタバタしはじめる時期ではあるんですが、あまり早めに手続きをしてしまうのはおすすめできない理由があるんです。

 

それは何故かというと、転送期間は転送開始日から1年間ではなく、住所変更の転送手続きをした日から1年間だから!

転送期間の延長はできますが、転送期間終了のお知らせなどは特にありません。

うっかり転送期間が終了してしまうと、当然その間の郵便は郵便局から届けてもらえません。

 

引越し時期が年度末ならなおさら、年度末には何かと大切な手紙が届きがち。

転居届を出してから1週間程度で転送開始できるので、転送サービスが途切れなくてすむよう、引っ越し1週間前がおすすめです。

 

転送手続きはまったく面倒ではないので、引っ越し1週間前でも大丈夫。

必要なものは転居届の手続き用紙と身分証明書、引っ越し前の住所がわかる書類だけです。

ネットやスマホからの手続きならそれすら不要という便利さ。

もちろん郵便局に足を運ぶ必要もありません。

 


Sponsored Link

住所変更による転送手続きの方法。ネットでもできる?

おすすめはネットで住所変更!

ネット スマホ
住所変更による転送手続きの方法は大きく分けて2種類あります。

 

ひとつは転居届の手続き用紙を使う方法、もう一つはネットやスマホから手続きする方法です。

昔からスタンダードな住所変更の手続き方法は用紙を使う方法。

 

用紙を使うと郵便局の窓口に行かなきゃならなくて面倒と思いがち。

でも実は記入した転居届を近くのポストに入れるだけで住所変更の転送手続きは終了するんですよ。

混み合う窓口に行かなくて済むなんてすごく便利ですよね。

もちろん切手を貼る必要はありません。

転居届の用紙を手に入れるのも面倒というあなたはネットやスマホからの手続きがおすすめです。

その場でササッと住所変更の転送手続きが完了しちゃいます。

 

ポストでの手続きやネットの手続きは本人確認書類などがいらないのも手軽ですね。

このサイトから手続きができますよ。

 

転送期間の延長はできる?方法は?

転送期間の延長は簡単!2年くらいは転送設定しておくと安心。

post 郵便
引っ越してから1年、すっかり生活に慣れてきたころですよね。

つい忘れがちですが転送期間の延長をするのをおすすめします。

 

案外住所変更手続きを忘れていた相手があったりするんですよね。

 

延長手続きはとっても簡単。

もう一度同じように住所変更の転送手続きをするだけです。

 

転送されてきた郵便はしっかりチェックして、相手に新しい住所を伝えるようにしましょう。

 

郵便局にいかなくても住所変更の転送手続きはできる

住所変更 手続き

 

【関連記事】

郵便局で住所変更手続きする方法と必要書類。ネットでもできる?

引越しでの郵便局転送(転居)届の手続方法は?期間や解除は?

郵便局の転居届。期間の延長方法。手続きに必要なものは?

郵便局の通帳の住所変更手続き方法。必要なものは?

住所変更お知らせはがき(メール)の文例。会社や英語の場合は?

引越しはがきの挨拶文例。はがきを出す時期や種類は?

転校の手続き方法。小学校、中学校を引越しする場合。期間は?

入籍後の手続きでやること一覧。住民票や保険証、免許証など

実印・銀行印・認印の違い。フルネームや名前だけでもいいの?

 

普段当たり前に郵便を受け取っているだけに、引っ越しとなってもうっかり忘れがちな所変更の転送手続き。

 

郵便が届かないと、かなり困ったことになってしまうのは簡単に想像できますよね。

 

郵便局の窓口に行かなくても簡単に住所変更の転送手続きができるので、手続きはお忘れなく!

Sponsored Link