季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

*

ひな祭りの菱餅の飾り方と由来。色の意味や順番は?食べ方は?

Sponsored Link

ひな祭りで菱餅を食べたことはありますか?

 

雛人形のお供えに、プラスチックでできた菱餅を飾っているだけで、実際に食べたことがない人も多いと思います。

 

しかし、ひな祭りに菱餅を飾るのには深い意味があるのです。
今回は、そんな、ひな祭りに付き物の菱餅についてです。

 

菱餅の由来や意味だけでなく、飾り方や食べ方についてもまとめていきます。

 

・ひな祭りに飾る菱餅の由来は?色の意味は?
・ひな祭りで菱餅の飾り方は?
・ひな祭りの菱餅の食べ方は?縁起が良い食べ方は?
・菱餅のおすすめレシピをご紹介!

 

Sponsored Link

ひな祭りに飾る菱餅の由来は?色の意味は?

ひな祭り 飾る

 

由来

ひな祭りの原点は、中国の「上巳の節」です。

中国では、上巳節に母子草(ははぐさ)という草が使われた緑色の団子を食べていました。
母子草は、強い香りがあるので、邪気を祓うとされたのです。 

日本では、母子草が手に入りにくく、よもぎ団子を食べていました。
緑だけでなく、他の色が加わったのは江戸時代初期からです。

 

まず、子孫繁栄や長寿になる事が出来る実だと言われる“菱(ひし)の実”を入れた白い餅が加わります。
その後、明治時代に魔除けに使われる赤を加えて三色が定番になります。

 

色の意味

菱餅 色

 

ピンク(赤)
赤は魔よけのクチナシが使われている事から、魔よけの意味があります。

 

繁殖力の強い水草になるヒシの実が使われていることから、子孫繁栄や長寿の意味があります。

 

ヨモギ(元々は母子草)は、強い香りで邪気を祓うとされています。

 

そして、菱餅の色の重ね方は、下から『緑→白→ピンク』が多いようです。

「残雪の下には(見えないけれど)新芽が芽吹いていて、雪の上には桃の花が咲いている」

という、状況を表しているといわれています。

 

菱餅 重ねる
下から『白→緑→ピンク』というふうに重ねることもあり、これは

「雪の中から芽吹いた新芽が覗いていて、その上には桃の花が咲いている」

という状況を表しています。

 

三色ではなく、黄色やオレンジ色を加えた五色の菱餅の場合は、黄色には月(菜の花)、オレンジは太陽を表すといわれています。

 

いづれにしても、春の情景を表しているわけですね。

 


ひな祭りで菱餅の飾り方は?

雛人形 ひな祭り
菱餅は、白い和紙を敷いた、三方(菱台)の上に置きます。
菱台は一揃えが二つですから、菱餅も二つ用意します。

 

雛人形のお供えとして飾る場合は、上から4段目中央に飾ります(7段飾りの場合)。
右大臣や左大臣を飾る段ですね。

 


Sponsored Link

ひな祭りの菱餅の食べ方は?縁起が良い食べ方は?

菱餅 食べ方
菱餅は、色がカラフルですが、味は殆ど付いていません。
ですから、焼き餅、ぜんざいなど、普通のお餅と同じ食べ方でOKです。

菱餅は、菱餅の角をちぎりながら食べるのがよいとされています。

というのも、ひしもちの形には厄除けの意味があるので、角を落とした方がいいとされるからです。

 

角をちぎる(丸める)ことで、人間関係に角が立たず、丸く収まるともいわれます。

 

菱餅のおすすめレシピをご紹介!

菱餅は本来「餅」ですが、スーパーなどでは菱餅を模ったゼリーやういろうが多く販売されています。

 

菱餅風のお菓子の作り方を紹介しましょう。

【手作り和菓子】菱餅の作り方 ひなまつり

 

本来の菱餅を手に入れた場合は、お供えしてから食べますね。

 

お供えするとどうしても固くなってしまいますが、げもちにすると美味しく食べることが出来ます。

 

折角三色のキレイなお餅ですから、あられにして色を楽しんでもいいですね。

 

そのまま食べるだけでなく、お吸い物に入れるととてもキレイですよ。

 

菱餅は邪気を祓い、春を歓ぶ

雛人形 菱餅

 

【関連記事】

ひな祭り食べ物の意味と由来!ちらし寿司やはまぐりは縁起良い?

ひな祭りの意味や由来は?食べ物・歌詞・ひな人形について

桃の節句の意味と由来。食べ物や飾りは?英語で言うと?

初節句で女の子へのお祝いの料理や金額は?お返しの品物は?

女の子の初節句のお祝い方法は?料理やお返しは?

お雛様の飾り方は?雛人形(七段・五段・三段)の並べ方

 

いかがでしたか?
今回は、菱餅の由来や意味を中心に、飾り方や食べ方についてもまとめてみました。

 

餅には、邪気を祓う役割があることが分かりました。

 

そして、春の美しい情景を表すことで、春の歓びを感じるお供えでもあります。
雛人形を飾る時には、菱餅も忘れずに。

Sponsored Link