季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

郵便局で住所変更手続きする方法と必要書類。ネットでもできる?

進学や、転勤、結婚など引っ越しを経験する機会は意外と多いものですよね。わたしも進学や転職、結婚と気が付けば今までに5回も引っ越しを経験していました。

 

荷物をまとめたり、不必要なものを処分したり、家具の移動やお掃除…。新生活が始まるというわくわく感もありますが引っ越しってやっぱり疲れますよね(^_^;)

 

荷物まとめからくる肉体的な疲れはもちろん、水道、ガス、電気、インターネット、金融機関、運転免許証などいろいろ手続きが多く精神的にもなかなか気を遣うものです。

 

そんな中で忘れてはならないのが郵便局での住所変更届。忘れてしまうと、大切な書類が届かないだけではなく個人情報の流出にもつながりかねませんから気をつけなくては!

 

今回は、そんな郵便局での住所変更が手っ取り早くできるように、その流れについて下記の流れに沿ってまとめてみたいと思います。

 

・郵便局での住所変更手続きについて
・郵便局で住所変更手続きに必要なものは?
・ネット・電話・郵送でも住所変更手続きできる?土日も可能?
・代理で住所変更の手続きは可能?
・転送サービスの場合、郵便物は手続き後いつから変更先に届く?

 

Sponsored Link

郵便局での住所変更手続きについて

郵便局

 

郵便局での住所変更。この際気をつけなくてはならないのが、それぞれのサービスごとに住所変更が必要ということです。

 

郵便局と一口にいってもたくさんの業務があって、主に以下の業務を行っていますよね。

・郵便業務  ハガキやゆうパック、書留など

・銀行業務  ゆうちょ銀行の貯金や投資信託など

・保険業務  かんぽ生命の保険など

 

ポスト

 

郵便物を新しい住所に送ってもらうように手続きすることを『転居・転送サービス』というようです。他にもゆうちょ銀行に口座を持っていたり、かんぽ生命などの利用がある場合はそれぞれ住所変更の手続きが必要になります。

 

そして、それぞれによって必要になるものも変わりますし、手続きも異なります。

 


Sponsored Link

郵便局で住所変更手続きに必要なものは?

身分証

 

『郵便業務』の転送届

引っ越しする人の古い住所が確認できる運転免許証、パスポート、住民基本台帳カードまたは住民票等、官公庁が発行した住所の記載があるものが必要になるようです。

 

こちらは、ネットでも手続きが可能!ネットでの手続きに関してはまた後ほどほりさげていきますね。

 

PC

 

『銀行業務』の手続きはネットではなく窓口での手続きのみ

持ち物としては、旧住所の通帳(キャッシュカード)や証書、保管証・お届印・本人確認書類(新住所の記載された公的な書類)で代理人の場合は委任状が必要になってくるようです。

 

免許証

 

脚を運ばなくてはならないうえに結構いろいろ必要ですよね。運転免許証や写真入りの基本台帳カードがあれば便利ですが、無い方は書類集めもけっこうな手間なもの。

 

忙しいときに大変…。なので、転居先が決まったらあらかじめ手続きをする日を決めておいた方が動きやすいかもしれませんね。

 

『保険業務』の場合、契約者&被保険者の住所変更がネットOK。

窓口でお手続きを申し込む場合は、契約中の保険証券、印章、本人確認書類を持参して窓口へGO!で手続き完了です。

 

そして、こちらでも窓口へ行かなくてもネットで手続きが可能なようです。ただし、ネットですべて完結ではなく、申し込みをするという感じのようですね。

 


Sponsored Link

ネット・電話・郵送でも住所変更手続きできる?土日も可能?

 

わたしの経験ではほとんど直接郵便局に行って手続きをしてきた記憶が。でも今はインターネットや郵送でも一部の手続きができるようになってきているんですね。便利便利♪

 

電話での手続きは行われていないようですが、少しずつでも便利になってくれると助かります。

 

≪手続きの流れ≫

 

郵便業務の転送届の場合

先ほどもちらっと書きましたが、郵便局へ脚をはこんだり、転居届けのハガキを投函しなくてもネットで転居届けの手続きが出来るようになったようです。(もちろん無料です!)。

 

一人ひとりではなく、世帯ごとに手続きするかんじになっているので一度で家族分の転送手続きを終わらせることも可能です。

 

また、土日の空いている時間帯など都合の良いときにできるのが便利ですよね。

 

ネットで手続きをする場合に必要となるのがこちら。用意しておくと便利ですよ(^-^)b

・携帯電話かスマートフォン

・名前

・旧住所、新住所

・パソコンのメールアドレスかスマートフォンのメールアドレス

インターネットでの転居届けのお申し込みはこちら

 

 

銀行業務の住所変更の場合

こちらは窓口での手続きのみなので、とにかく先に記した持ち物を用意して近くの郵便局へ行きましょう!この際、どこの郵便局でも手続き可能なのでその時に便利なところを利用できます。

 

*投資信託を持っている場合は持っている店舗か新たに投資信託口座を保有したい店舗のみとなるようですので注意が必要です。

 

店舗のみの手続きとなると、土日が利用できないのが少し大変ですね…。

 

保険業務の住所変更の場合

こちらも先ほど書いたように一部ネットを利用してお手続きが可能なようですよ。

 

申し込み後に、手続き書類が送られてきて署名、本人確認書類とともに返送で完了といった流れなので、少しお時間がかかりそうなイメージです。

 

引っ越しが決まった時点でネットにて申し込みをして、書類を取り寄せておくと早めに処理できそうですね。

 

代理で住所変更の手続きは可能?

 

ネットや郵送を利用できるということは、代理の手続きが可能になりますよね。

 

転送サービスは家族全員分の手続きを一度で済ませられますし、保険業務における住所変更も書類記載などは本人でなくてはならないですが、申込みであれば代理の方が手続き可能といえます。

 

 

気になるのは、窓口対応のみの銀行業務の住所変更ですが、住所変更をしたい方と代理の方の本人確認書類と委任状をそろえれば代理の方でも手続き可能なようです。お仕事などの都合で平日はムリ!という方も多いですものね。

 

転送サービスの場合、郵便物は手続き後いつから変更先に届く?

 

郵便物が実際に変更先に届くのは、手続きの際に記した転送開始希望日からになるので手続きの際は注意が必要ですね。窓口や郵送の場合は転居届を出してから登録までに3~7営業日かかってしまうようです。

 

結構時間がかかる印象ですよね。ネットで手続きをした場合はもう少し早いようですが、利用しない場合は余裕をもって手続きをしないといけませんね。

 

また、転居届の「お客さま控」に書かれてある転居届受付番号により、転居届受付状況を確認することもできるので心配な場合は利用してもよいですね。

 

 

【関連記事】

郵便局の通帳の住所変更手続き方法。必要なものは

市役所(区役所)での住所変更手続き方法と必要書類

銀行で住所変更の手続する方法と必要書類。代理や手数料は

車検証の住所変更手続き方法と必要書類。費用はどれくらい

住所変更で郵便局に転送届をする手続き方法。期間や延長は?

 

手続きのわずらわしさを少しは軽減できたでしょうか。住所変更は新生活の始まりをも意味しますよね。

 

さまざまな手続きは面倒なことも多いですが、自分自身の経験値をあげるよい機会です。そして、その先にはたくさんの希望があると思います♪

 

気持ちよくスタートできるように役立てていただけたら嬉しいです。


Sponsored Link