季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

京都八坂神社の初詣2017。混雑や参拝時間は?屋台の期間。

八坂神社は京都府京都市東山区にある神社。全国に数多くある八坂神社や素戔嗚尊(すさのおのみこと)をお祀りしている神社の総本社です。

 

通称「祇園さん」で親しまれ、祇園祭で有名な神社ですね。

 

八坂神社は全国初詣ランキングのトップ10に入る人気の神社。毎年正月の三が日だけで100万人以上の人が八坂神社を訪れます。

 

そこで八坂神社の初詣2017の参拝時間や混雑状況、アクセス方法を交えて、八坂神社の初詣情報を下記の順にお伝え致しますね。

・八坂神社の初詣2017年の参拝時間や期間は?
・初詣期間中の混雑状況は?夜の参拝もできる?
・八坂神社の屋台!時間や期間は?
・八坂神社へのアクセス方法と周辺駐車場情報。

 

Sponsored Link

八坂神社の初詣2017年の参拝時間や期間は?

 

参拝時間:本殿参拝は終日可能

 

お守授与:

2016年12月31日08:00~2017年1月1日22:00

1月2日・3日   08:00~22:00

1月4日以降   08:00~18:00

 

主ご利益:開運招福、家内安全、商売繁昌、厄除け、縁結び、学業成就、身体健康、心願成就など

 

八坂神社の神様って?

八坂神社 初詣

 

八坂神社にお祀りしている神様は素戔嗚尊(すさのおのみこと)と、その妻である櫛稲田姫命(くしなだひめのみこと)。それに加えて2神の間に生まれた8人の神様をお祀りしています。

 

素戔嗚尊は天照大神(あまてらすのおおかみ)の弟にあたる神様で、八岐之大蛇(やまたのおろち)を退治した勇ましい神様。

 

邪気を祓う力が強いとされ、厄災から身を守り、身体健康や開運招福のご利益があると言われています。

 

八坂神社 初詣

 

また櫛稲田姫命は8人の子宝に恵まれたことから、家内安全、商売繁盛、子孫繁栄、安産、縁結びなどのご利益があるとされ、八坂神社を参拝する人々から篤く信仰されています。

 

更に、境内にある末社の太田社白鬚神社は芸事にご利益があるとされ、祇園の舞妓さんや芸妓さんがお参りに訪れることで有名。

 

境内東側にある美御前社(うつくしごぜんしゃ)は美容の神様として知られているので、女性の方にはぜひ参拝をおすすめします。

 


Sponsored Link

初詣期間中の混雑状況は?夜の参拝もできる?

八坂神社 初詣 混雑

 

八坂神社は三が日で100万人以上の参拝客があり、京都府内で2番め、全国でもトップ10入りするほど参拝客の多い神社です。

 

とは言え、八坂神社の境内はとても広いので、ピーク時間帯を外せば、比較的混雑をせずに参拝が可能です。

 

ということで、気になるピーク時間帯は次のとおりです。

12月31日22:00~1月1日03:00

1月1日10:00~20:00

1月2日・3日10:00~19:00

1月4日以降11:00~15:00

 

1月4日を過ぎたころから参拝客も徐々に落ち着きを見せ、2017年は1月9日(月・祝)を過ぎるとグンと混雑もゆるやかになるでしょう。

 

狙い目は早朝と深夜参拝(12月31日~1月1日を除く)

特に早朝参拝は1月1日でも比較的狙い目と言えそうです。

 

八坂神社は24時間参拝が可能なので、混雑を避けたい方は参考にしてみて下さい。ただしお守りや御札の授与所は開いていませんのでご注意下さいね。

 


Sponsored Link

八坂神社の屋台!時間や期間は?

八坂神社 初詣 屋台

 

八坂神社は境内が広いので、八坂神社の境内と外苑周辺に屋台が出店します

 

屋台の営業時間は

12月31日22:00頃より1月1日03:00までと、

1月1日10:00~22:00。

2日・3日の営業は10:00頃より22:00頃までです。

 

4日を過ぎると出店数は少なくなりますが、完全に無くなってしまうことはなく、1月9日を過ぎるまでは楽しめると思います。

 

おすすめは牛すじ煮込み、とん汁、焼き芋、クロワッサン鯛焼き

 

 

その他の名物店としては似顔絵書きが有名ですよ。

 

参拝記念に似顔絵!というのもなかなか縁起が良さそうで、初詣にはぴったりだと思います。

 

八坂神社

 

八坂神社へのアクセス方法と周辺駐車場情報。

場所:八坂神社

住所:京都府京都市東山区祇園町北側625

電話:075-561-6155

地図:


公式HP:八坂神社

電車の場合:①JR京都駅より市バス206系統で15分、バス停:祇園下車、徒歩すぐ。②京阪電気鉄道祇園四条駅より徒歩8分

車の場合:名神高速京都東ICから7km20分

 

駐車場

八坂神社の駐車場は40台分しか無く、正月三が日は交通規制が敷かれるのであまり現実的ではありません。

 

どうしても近くまで車を利用したい場合は、京都市営の円山駐車場を利用しましょう。こちらは収容台数が130台あります。

 

ただしこちらも周辺道路が大渋滞のため、あまりおすすめ的ではありません。

 

京阪本線か阪急京都線沿いで、2~3駅離れたところからパーク&ライドがおすすめ。駐車場料金もぐっとお安くあがると思います。

 

京都の冬の風物詩、八坂神社のをけら詣り

八坂神社 をけら詣り

 

【関連記事】

北野天満宮の初詣の混雑時間。屋台出店はいつまで?

平安神宮初詣のアクセスや駐車場状況。屋台の時間は?

伏見稲荷大社の初詣。参拝時間や期間中の混雑。出店は?

大阪天満宮の初詣。混雑時間や屋台は?アクセス方法。

住吉大社の初詣の混雑と屋台時間。アクセスや駐車場は?

奈良橿原神宮初詣の混雑。駐車場やアクセスは?

伊勢神宮の初詣。混雑を避ける参拝時間。駐車場は?

 

朮祭(をけらまつり)とは、八坂神社で1月1日の05:00から1年の安泰を祈願して行われる神事です

 

をけらというキク科の植物の根を燃やして火を起こし、これを本堂にて1年間、絶やすことなく炊き続けるのだそうです。

 

このをけら火は浄化作用があると信じられていて、この火を分けたものを参拝者が火縄で持ち帰り、正月のカマドの火種に利用したり、神棚のろうそくを灯したりしたりするのををけら詣りと言います。

 

火種を分けるのに利用した縄は、吊るしておくと厄除けにもなるんだそうですよ。

 

火が消えないように縄を振り回しながら帰るのが、八坂神社の冬の風物詩。

 

をけら詣りは12月31日の19:30~1月1日05:00までできるので、早朝参拝をされる方はをけら詣りを兼ねても良いですね。

 

京都の冬は非常に寒いので、お参りの際は防寒対策を万全にしてお出かけ下さい。

それでは、よいお参りを!


Sponsored Link