季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

新盆・初盆、提灯の飾り方と期間。値段の相場は?処分方法

故人が亡くなって初めて迎えるお盆を新盆(初盆)といいます。

(お盆を迎えるまでに49日が過ぎていなければ次の年が新盆になります)

 

初盆には、普通の盆提灯とは別に提灯を飾って故人をお迎えします

 

 

今回は、新盆を迎えるにあたっての提灯の飾り方をまとめていきます。

 

・新盆の提灯の相場は?誰が買うもの?
・家紋入り提灯の値段は?製作期間は?
・新盆で提灯の飾り方。数に制限はある?いつからいつまで飾るの?雨対策は?
・新盆の提灯は使い回してもいいの?
・新盆の提灯の処分方法は?

 

飾り方だけでなく、提灯の値段の相場や提灯を贈る場合についても紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

Sponsored Link

新盆の提灯の相場は?誰が買うもの?

 

新盆用の白提灯を買う

新盆(初盆)の時だけに飾る白提灯は、盆を迎える故人の家族が用意します。値段は色々で一対で一万円ぐらいから販売されています。

 

豪華なものもありますが、一度きりしか使わないものなので、高価なものを買う人は少ないようです。

 

盆提灯は白提灯とは別に必要です

 

白提灯以外の盆提灯は、兄弟や親戚、親しい人が贈るものです。

 

数が多いほど故人が多くの人と交流のあった人であることが分かるので、昔は提灯を贈られると有難がられるものでした。

 

でも、最近都市部では仏壇さえもコンパクトなモノが売れ筋になっているような時代です。提灯をたくさん飾るよりも、提灯を一対だけにする家も増えました。

 

ですから、提灯そのものを贈るよりも提灯代として現金を包むのが普通になってきました。その場合の相場は一万円から二万円です。

 

遺族から提灯を買ってほしいという要望があった時は?

一対万円ぐらいのものが売れ筋のようですが、一万円から豪華のもので十万円を超えるものもあります。

 

相場にこれといった決まりはありませんし、大きさや値段を確認するのは失礼なことではありませんから、むしろよく確認した方がいいでしょう。

 


Sponsored Link

家紋入り提灯の値段は?製作期間は?

 

盆提灯には家紋を入れることができるものもありますが、紋を入れる製作期間が必要となります。2週間くらいかかりますので、早めに手配した方がよいでしょう。

 

家紋は提灯を買うとサービスで付けてくれるところが多く、別料金であっても数千円~五千円くらいのようです。

 


Sponsored Link

新盆で提灯の飾り方。数に制限はある?いつからいつまで飾るの?雨対策は?

 

提灯の飾り方(飾る場所・数)

新盆の場合、新盆用の提灯を飾ります。

白提灯は初めて帰ってくる故人の霊が迷わないための目印。

 

から見えるように玄関や門柱に飾るのが正式ですが、場所や防犯などの関係で縁側や軒先・ベランダなどに飾ることもあります。

 

 

白提灯だけでなく、提灯も別に必要です。

 

盆提灯には、御所提灯などの吊るすタイプと、大内行灯や回転行灯などの置くタイプがあります。
どちらも盆提灯としての意味合いは同じですから、飾る部屋のスペースなど都合に合わせて選んで大丈夫です。

 


飾る場所は仏壇の前。飾る数に決まりはありません。

 

数が多ければ故人がいろいろな人に慕われていたんだということで誇らしいことですが、広い場所がない場合は小さくて良い物を少数飾っても問題ありません。

 

 

予定外に盆提灯を贈られた場合は、多少手狭になっても飾るのがマナーですが、次の年から少しずつ飾る数を減らしていくことは問題ないようです。

 

 

雨対策

白提灯は雨に当たる場所に飾る場合が多いので、大雨の時には心配ですね。

 

提灯を買う時に、カバーをサービスしてくれるお店もありますから、もしあればそれをかければいいでしょう。

 

 

カバーがない場合は、透明のビニール袋を被せたり、雨がかからない場所に移動させたりしても大丈夫です。

 

でも、白提灯は雨に塗れて破れても特に縁起が悪いということもありませんし、お盆の期間が終われば処分するものですから、気にならないのであればそのままでも構いません

 

提灯を飾る時期

 

盆提灯には、『お盆の迎え火や送り火』という大切な役割があります。

 

ですから、提灯はお盆(地域によって7月13日の場合と8月13日の場合があります)までに用意しておきましょう

 

早く帰って来て欲しいという願いを込めて7月(8月)に入ったらすぐに飾り始める場合が多いですね。

 

 

提灯も同じ日に飾りま

 

お盆の期間中は提灯の灯りは灯しておきますがお盆期間は地域によって考え方が違うので、親戚の方やお寺様に伺っておくと安心ですね。

 

新盆の提灯は使い回してもいいの?

 

白提灯は、初めての盆にだけ『故人に家を知らせる目印』として飾るものです。何度も使い回すことはありません。

 

 

逆に、提灯は毎年飾るものですから、次の年まで大事に仕舞っておきましょう

 

葬儀の後の四十九日まで、盆提灯に似た提灯を飾る場合がありますが、これは故人が安らかに成仏することを願って飾るものです。
盆提灯は、先祖や故人の霊を迎え供養するために飾りますので、これも使い回しはしないのが普通です( ..)φメモメモ

 

新盆の提灯の処分方法は?

 

提灯は、お盆が終わったら処分します

 

処分の方法は地域によって違いますが、基本的にはお焚き上げ(燃やす)です。

 

送り火で燃やしたり、自宅の庭でお焚き上げしたり、菩提寺でお焚き上げしてもらいます。

 

 

でも、都市部では自宅でお焚き上げすることは難しいでしょうし、菩提寺も遠方で提灯を燃やす為だけにいくのは難しい場合もありますよね。

 

そういう場合は、火袋に少しだけ火を入れて燃やし(形だけお焚き上げをして)、完全に消火してから紙(できれば白い紙)に包んでゴミとして処分する場合が多くなっています。

 

白提灯は新盆(初盆)にだけ飾るもの

 

【関連記事】

新盆・初盆、香典の相場。表書きの書き方。会社や友人の場合。

新盆・初盆、お供え物の相場。おすすめの品物は?のしの書き方。

新盆・初盆、お布施の相場。浄土真宗、真言宗。書き方は?

新盆・初盆の服装。女性、男性のマナー。喪服以外でもいいの?

新盆・初盆、お返しの品物と相場。のし、お礼状の書き方。

お墓参りのマナー!時間や服装は?お布施はいくら包めばいいの?

 

いかがでしたか?

今回は盆(初盆)を迎えるにあたっての白提灯・盆提灯の飾り方についてまとめてみました。

 

白提灯・盆提灯はそれぞれ別の役割がありますから、新盆には両方必要なことが分かったと思います。

 

お盆の迎え方の参考にしてくださいね。


Sponsored Link