季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

歳神様とは?祀り方や読み方。正月との関係や由来は?

日本人にとってお正月は特別な日ですが、お正月の意味を知る人は少ないのではないでしょうか。

本来、お正月というのは、家に歳神様をお迎えして祝う行事です。

 

歳神様…読み方が分からない?

聞きなれない言葉だと思う人も多いみたいですね。

 

今回は、歳神様がどのような神様なのか下記の流れでご紹介します。

お正月に歳神様をお迎えする為の、祀り方やお供えの仕方などもまとめていきますから参考にしてみてくださいね。

 

・歳神様とは?読み方は?どんな神様?
・歳神様を家にお迎えする理由は?
・お正月の飾りと歳神様の関係は?
・歳神様を祀る期間は?正月飾りを外した後は?
・歳神様の祀り方やお供えするものは?禁忌なものはある?

 

Sponsored Link

歳神様とは?読み方は?どんな神様?

 

歳神様(年神様)の読み方は、としがみさまで、お正月の神様です。

お正月になると各家々にやってきて、その年1年家を守ってくれる神様だといわれています。

 

地域によって、歳徳神(としとくじん)、とんどさん、恵方神、お正月様、トシドンなど色々な呼ばれかたをされています。

 

歳神様の由来については諸説ありますが、有力なのは次のつです。

一つ目は、家を災いから守ってくれる先祖の霊という説です。

昔の人は祖先の霊が山の神になり、子孫の繁栄を見守ってくれるのだと考えていました。

 

 

二つ目は、耕の神様、田の神様という説です。

というのも、歳神様の「歳」というのは「登志(トシ:古くは穀物のことをこう呼んだ)」に語源があるとされているのです。

 

米をはじめとする穀物の収穫のサイクルを「年」と呼ぶようになったので1年を守護する年神様は、同時に農耕の神様、田の神様にもなったのでしょう。

 


Sponsored Link

歳神様を家にお迎えする理由は?

出典:http://www.domy.co.jp/

出典:http://www.domy.co.jp/

 

先ほど説明したように、歳神様は先祖の

ご先祖様が一年を守ってくれるという考え方から、家にお迎えします。

 

詣に行くから、家でお祀りする必要はないんじゃない?

と思う人もいるかもしれませんね。

 

でも、初詣で手を合わせるのは神様といって別の神様なんです。

氏神様は、地域を守ってくれる神様、歳神様は家を守ってくれる神様ですから、両方に手を合わせましょうね。

 


Sponsored Link

お正月の飾りと歳神様の関係は?

 

お正月といえば、門松鏡餅を思い浮かべる人が多いと思います。

 

あまり意味を考えずに、なんとなく習慣で飾っている人もいるかもしれませんが、実は、こういうお正月飾りは歳神様をお迎えする為のものなのです。

 

出典:http://www.domy.co.jp/

出典:http://www.domy.co.jp/

 

門松や松飾りは歳神様がおいでになるための目印ですし、しめ縄は汚れのない清浄な場所(すなわち神様がおいでになっても大丈夫)というのを示すものです。

 

鏡餅も単なるディスプレーではなくて、その年の収穫(米)を神様にお供えするものなんですよ。

 

 

 

それから、おせち料理をいただくときの祝箸

祝箸は両端が細くなっていますよね。

 

あれは、取り分けに便利なようにあの形になっていると思っている人も多いみたいですが、神様と一緒にお料理をいただくという意味で両側が細くなっているんです。

 

歳神様を祀る期間は?正月飾りを外した後は?

 

歳神様をお迎えするお正月飾りを始める時期は?

歳神様は間を通して祀る地域が多いようです。

そういう地域でも、お正月は特別に鏡餅・注連縄などの正月飾りをします。

 

正月飾りはいつからいつまで飾るものなのでしょうか?

 

出典:http://www.domy.co.jp/

出典:http://www.domy.co.jp/

 

まず、歳神様を祀る前に迎える為の掃除をします。

これが、年末の大掃除ですね。

 

神棚の掃除は12月13日にする習慣の地域と、お正月の設えをする時に合わせて掃除する地域があるようです。

 

神棚の掃除のやり方 方法

 

お正月飾りを飾り始める日は、12月13日から12月28日までに飾ります。

 

というのは、29日は9が苦を連想させるため縁起が悪いとされているので避けます。

31日も『一夜飾り』といって歳神様に失礼に当たると言われています。

 

お正月飾りを外す時期は?

 

お正月飾りを外す日は、地域によって違います。

 

お焚き上げの日に外して、神社で焚き上げていただくのが普通なのですが、焚き上げする日が神社によってそれぞれ違います。

 

早いところでは正月七日、一般には正月十五日頃までに行うところが多いようです。

 

ただ、最近の神社では、お焚き上げはお札や破魔矢だけで、しめ縄や注連縄は受け付けてくれないところもあるようです。

 

その場合は自宅で処分することになりますので、その方法も紹介しておきますね。

 

お正月飾りの適切な処分方法

自宅で処分する場合は、無造作に捨てるのではなくきちんとお清めをしてから処分します。

 

大き目の紙を広げ、左・右・中とお清めの塩を振り、その紙でお正月飾りを包んで、地域のゴミの出し方に従って、一般のゴミと分けて(他のゴミと同じ袋に入れないで)処分します。

 

その時に飾りを細かく切ってもいいです。

自宅の庭などで焼く場合には、お神酒と塩で土を清め、清浄な炎で焼くようにしましょう

 

歳神様の祀り方やお供えするものは?禁忌なものはある?

出典:http://maadon.ldblog.jp/

出典:http://maadon.ldblog.jp/

 

歳神様の祀り方は、家の中に神棚がある場合は、神棚に御札やお供え物を上げます。

 

神棚がない場合は、家の中でなるべく高い場所(本棚やタンスなどでもOK)に歳神様のお札を貼って、お供えをします。

 

歳神様の祀り方として、お正月には普段のお供え(塩・米・水)だけでなく、豪華なお供えにするのが普通です。

 

米・酒・魚・野菜・果物・塩・水を神棚にお供えしましょう。

もちろん鏡餅も一緒に並べてもいいですし、お米の代わりに鏡餅にしてもいいでしょう。

 

神棚が狭くて並べきれない場合は、普段のお供えだけにして、別の場所に鏡餅と一緒にお供えする祀り方でもいいですね。

 

 

歳神様の祀り方で気をつけたいのは、にんにく等、臭う物は避けるという事です。

 

また、氏神様と歳神様は異なるため、氏神様に関係する食物やそれと肉類も避けます。

氏神様については神社によって違うので、各地域やお参りする神社で確認しましょう。

 

お正月は歳神様をお迎えする日

 

【関連記事】

しめ飾りの意味。飾る期間は?飾り方の向きや場所は?

正月飾りを手作りで簡単に作る方法。子ども、高齢者におすすめ!

お正月の神棚の飾り方や期間。お供え物やしめ縄はいつまで?

門松の飾り方。雄松雌松の左右の位置。玄関の飾る場所は?

一陽来復御守の貼り方と時間。ご利益は?穴八幡宮のアクセス。

神社の鳥居の意味。朱色の理由は?形の種類やくぐり方

年末大掃除の意味と由来とは?するしないの効果の違いは?

元旦に掃除や洗濯をするのはダメな理由は?お風呂やトイレは?

 

今回は神様のお迎えの仕方を中心にまとめてみました。

 

歳神様の読み方や祀り方などについて書いてきましたが、「お正月には歳神様の為に門松やしめ飾り、鏡餅を飾って、心から歓迎する」ということを覚えておいて欲しいと思います。

 

歳神様はお正月にはどの家にも来られます。

ですから、お休みだからと旅行に出かけたりするのは本当なら避けるべきなのです。

 

でも、現代はなかなかそうも言っていられない人も多いと思います。

そんな時は、お正月飾りだけでも調えて出かけるのも良いのではないでしょうか。


Sponsored Link