季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

*

天神祭奉納花火2017の日程と打ち上げ場所。穴場スポットはココ!

天神祭奉納花火の日程と打ち上げ場所、穴場スポットなどについてご紹介します。

 

1000年以上続く日本三大祭りの一つ、大阪府大阪市都島区の天神祭。この天神祭のフィナーレを飾るのが天神祭奉納花火。

4,000発以上の花火が色とりどりに夜空に咲いて、天神祭のラストを華やかに締めくくります。

 

天神祭奉納花火が大勢の人々を惹きつける魅力は、花火だけでなく祭りそのものの風情にあります。

 

夜空を美しく染める紅梅や仕掛け花火。

花火や船渡御のかがり火が映り込む大川。

夕暮れから夜にかけて広がる天神祭ならではの雅やかな情景は、思わず心奪われること間違いありません。

 

そんな天神祭奉納花火の見どころ、アクセスや屋台情報など、その魅力について下記の流れでお伝えしていきます。

 

・天神祭奉納花火2017の日程と見どころは?
・天神祭奉納花火の場所取りのコツは?
・天神祭奉納花火おすすめの穴場スポットやレストラン
・天神祭奉納花火の有料観覧席の購入方法
・天神祭奉納花火のアクセス情報と混雑状況

 

Sponsored Link

天神祭奉納花火2017の日程と見どころは?

 

日程:2017年7月25日(火)19:30~20:50

毎年7月24日に天神祭宵宮、25日に花火大会を含む天神祭本宮が行われています。

 

・雨天の場合

小雨決行、荒天の場合は中止。順延はありません。

 

夜空と川面を赤や黄色で盛大に染め上げる!

 

天神祭奉納花火のオープニングを飾るのは、天神様、菅原道真公にちなんだ梅鉢のオリジナル花火。

 

大阪天満宮の象徴である“紅梅”の名がついたオリジナルの花火は、その名のとおり紅の梅の花の形に咲いて、オープニングを大いに盛り上げます。天神祭花火でしか観られないので必見ですよ!

 

紅梅が闇に染まりだした夜空を赤々と染め上げた後、スターマインや文字花火など華やかな花火が絶え間なく打ち上がります。中には協賛した企業の名が入った仕掛け花火も披露されます。これも例年、話題を呼ぶ花火になっていますよ。

 

さまざまなド派手な花火が夜空を色とりどりに彩り、大川の水面をもまばゆいばかりに美しく映えさせるさまは圧巻の一言。

 

息もつかせぬほど美しい花火の競演のフィナーレを飾るのは、2箇所同時に打ち上げられる大迫力のスターマイン。漆黒の夜に開く大輪が辺り一面を美しく照らし出す光景は、締めくくりにふさわしい輝きです。

 

水辺の情景にうっとり

 

正直なところを言うと、花火の規模としては他のところと比べると格段にすごいということではありません。大きな尺玉がどーん!と打ち上がることは無いからです。

なぜかというと、この辺りは伊丹空港の航空機の離発着に支障をきたすので、大きな花火が上げられないのです。

 

ではなぜそれでも多くの人が訪れるのか?

それは川面に映る100隻以上の大船団のかがり火と、花火のコラボレーションがとても美しいからなんですよ。

 

大きな尺玉を上げられない代わりに、低い位置で絶え間なく打ち上げ花火が上がり、昼間のようにまばゆく川面を照らします。そして船渡御の大船団のかがり火が更に華を添えていくのです。

 

その光景は本当に優美で幻想的。まさに炎と水の祭典にふさわしいものとなっていて、風情たっぷりの情景にうっとりすること間違いありません。

 

ちなみに蚊取り線香の「金鳥」のCMに登場する金鳥の文字の花火は、この天神祭奉納花火のものなんですよ。

 

屋台情報

 

花火とくれば、やっぱり屋台(露店)も楽しみたいですよね。天神祭奉納花火は屋台もたくさんあります。営業時間は11時よりぼちぼち開店していき、花火の終了21時ころまでとなります。

 

天神祭の屋台の出店は主に下記の3ヵ所。

 

①JR桜ノ宮駅北側からJR地下鉄天満橋駅の西側までの大川の両側と桜ノ宮公園中央広場周辺

②JR天満駅から大川にたどり着くまでの、天神橋筋商店街

③大阪天満宮境内

 

屋台も楽しんで、花火も楽しみたい場合は①の大川沿いとなりますが、桜ノ宮駅周辺は大変に混雑しています。

 

花火よりも屋台!という方は②の天神橋筋商店街をおすすめします。こちらは屋台の他に、商店街の出店も出ているので、散策していても楽しいと思いますよ。

 

できるだけ混雑を避けて屋台をのんびり楽しみたい方には③の大阪天満宮境内がおすすめですね。

 

天神祭奉納花火の場所取りのコツは?

天神祭花火

 

天神祭奉納花火は大型の打ち上げが無いので、より良く観える近場近場へと人が集まります。

 

特に桜宮橋より北側は打ち上げ場所に近く、迫力ある花火が楽しめるので、早い時間帯から場所取りが始まることで知られています。遅くとも15時までには現地入りしたいところ。

 

桜ノ宮公園は広くて、あらゆる場所から鑑賞できるのですが、ゆえに場所取り合戦も壮絶。

こちらも16時ころより熾烈な場所取り合戦が繰り広げられるので、15時までには現地入りをおすすめします。

 

交通規制が入る源八橋で観覧する場合は、16時ころまでに現地入りして「場所取りのための場所取り」の列に並ぶことが必要です。源八橋は道幅も広いので、ねらい目かと思いますよ。

 


Sponsored Link

天神祭奉納花火のおすすめの穴場スポットやレストラン

 

天神祭花火を観るなら大川にかかる各橋がおすすめです。川面と花火の両方が観れるからです。どの橋も混雑するので立ち見となります。いくつか穴場スポットをご案内しますね。状況によっては立ち止まり禁止や通行止めになる可能性もあるので、現地の指示に従いましょう。

桜宮橋周辺

住所:大阪市都島区中野町1丁目付近


桜ノ宮公園、川崎公園の打ち上げポイントが両方観覧できる、非常に人気の高いスポットです。身動きがとれないほど混雑しますが、そのぶん見応え充分です。

 

毛馬桜之宮公園

住所:大阪府大阪市北区天満橋1丁目


屋台も多数出店していて、打ち上げポイントからも近いため激混みが予想されますが、大変に人気のスポットです。この場所で観覧するなら15時ころより場所取りが必要です。

18時以降は身動きがとれなくなるので、屋台はその時間までに楽しんで下さいね。トイレもこの時間までに済ませておきましょう。

 

源八橋

住所:大阪府大阪市北区天満橋1丁目8-70付近


早い時間から大変混雑しますが、交通規制がかかるので、安心して花火を観覧することができます。15時から遅くとも16時ころまでに場所取りに出られるなら、大変おすすめのスポットです。18時を過ぎて交通規制がかかると、混雑で身動きできなくなるので注意。

 

川崎橋

住所:大阪市都島区網島町1丁目付近


造幣局の桜の通り抜け口にかかる橋。打ち上げ場所から少し離れますがそのぶん混雑はやや少なめで、ゆったり観覧することができるでしょう。

歩行者・自転車専用の橋なので車の心配もなく、近くに公衆トイレがあるのが高ポイントです。

 

天神祭花火

 

都島橋

住所:大阪府大阪市北区樋之口町2-15付近


かなり離れるため打ち上げ花火しか観れませんが、ここからも天神祭花火を鑑賞することができます。ライトアップされた大阪城と花火を観覧することができるため、撮影には絶好のスポットとして知られています。

 

飛翔橋

住所:大阪府大阪市北区長柄東1丁目


都島橋より更に北へ離れるため、打ち上げ花火しか観れませんが、ギリギリ鑑賞することができます。これより北へ行くと、観覧することは難しいと思います。ここからもライトアップされた大阪城と共に天神祭花火を鑑賞することができます。

 

藤田邸跡公園

住所:大阪府大阪市都島区網島町10


2箇所の天神祭花火を観覧することができます。仕掛け花火が見えにくく、見える場所が限定されますが、そのぶん桜ノ宮公園付近などと比べると人出はぐんと少ないスポットです。静かに花火を楽しみたい人におすすめです。

 

OAP(大阪アメニティパーク)タワー周辺

住所:大阪府大阪市北区天満橋1-8-30


打ち上げポイントのほぼ正面に位置するので迫力ある花火を鑑賞することができます。階段に座って鑑賞できるので楽ではありますが、仕掛け花火が見えにくいのがマイナスポイント。

 

泉布観前公園


打ち上げポイントから近いので迫力満点の花火が鑑賞できます。階段状の半円形の広場になっているので座りやすい利点がありますが、早い時間から埋まってしまうので、ご注意下さいね。

 

・その他

櫻宮神社:境内からは木などがあって花火が見えにくいですが、踊りやお囃子があってお祭り気分を味わうことができます。

大阪天満宮:太鼓や踊り、さまざまな神事を見ることができます。

大阪城天守閣:花火の途中で閉館するため最後まで見れませんが、穴場の一つです。

 

天神祭奉納花火が観れるレストラン

帝国ホテルレストラン

帝国ホテルレストラン

住所:大阪府大阪市北区天満橋1-8-50


帝国ホテルでは毎年、天神祭花火観覧プランを用意。フレンチのディナーの後、特別観覧席にて天神祭花火を観覧することができます。予算お1人20,000円から。予約で埋まってしまうので早めのアクションをおすすめします。

 

大阪リバーサイドホテル

大阪リバーサイドホテル

住所:大阪府大阪市都島区中野町5-12-30


帝国ホテルと双頭をなす景観のホテルです。天神祭花火特別鑑賞プランはお1人予算20,000円から。美味しいお食事と優雅な時間を花火とともに、ぜひどうぞ。

 

天神祭奉納花火の有料観覧席の購入方法

天神祭花火 有料席

 

天神祭花火の穴場中の穴場スポットが実は有料観覧席。有料で花火を見ようとする人がそれほど多くないため、チケットが取れやすくなっています。

 

水辺に設けられた特別観覧席で、花火を目の前で楽しむことができます。どちらの席も船渡御は見られないのでご注意下さい。

 

有料観覧席はテーブル指定席5,500円砂浜自由席4,000円。共にソフトドリンク1本とオリジナルレジャーシート付き。Walkerplusチケットにて独占販売です。

 

テーブル席の方が人気で、さすがにこちらは7月になると売り切れてしまいますが、砂浜自由席なら入手可能だと思います。5月下旬頃より販売開始予定です。

 

天神祭奉納花火のアクセス情報と混雑状況

会場:川崎公園・桜之宮公園

住所:大阪府大阪市北区

電話:06-6353-0025(大阪天満宮)

地図:


公式HP

電車の場合:①京阪天満橋駅より徒歩5分②JR桜ノ宮駅より徒歩5分

車の場合:阪神高速長柄ICから5分

 

駐車場

天神祭花火の臨時・特設駐車場はありません。周辺の有料駐車場をご利用下さい。ただし交通規制がかかるため、あまり会場付近に近寄らない方が良いと思います。

 

周辺の道路も大変混雑します。また市街地は駐車料金が高いです。最大料金制限なしの、20分300円~30分400円が相場。

そのため、比較的会場より遠い駅周辺に駐車して、パーク&ライドすることをおすすめします。

 

交通規制

下図のとおり、交通規制が敷かれます。ここで注意したいのは、交通規制は花火の時間帯だけでは無ということです。

 

天神祭のため24日~25日の間、断続的に交通規制が敷かれています。花火大会よりかなり早い時間帯でも交通規制があるので、通行の際には充分にご注意下さいね。

 

天神祭花火 交通規制

出典:http://www.tenjinmatsuri.com/

 

夜空と川面に広がる幻想的な美しさ!

 

【関連記事】

天神祭奉納花火の利用駅おすすめは?行き帰りの混雑状況

PL花火大会の日程とアクセス。穴場は?打ち上げ数は?

みなとこうべ海上花火大会の穴場。場所取りは何時から?

なにわ淀川花火大会日程と穴場。有料席以外の場所は?

芦屋花火大会穴場スポット。サマーカーニバルの駐車場は?

京都祇園祭の日程とスケジュール。宵山、山鉾巡行(前後祭)

猪名川花火大会の穴場スポット!屋台を楽しみながら鑑賞。

 

神祭奉納花火についてご紹介いたしました。

 

絶え間なく上がる花火、大船団のかがり火、きらめく川面、それを囲む高層ビルの夜景。

どこを眺めてもキラキラと幻想的で美しいです。

 

頭上で咲き乱れる大輪の華。湧き上がる大歓声。

今年の夏は、他の花火大会とは一味違った天神祭奉納花火を、ぜひ観覧しに行ってみて下さいね。