季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

*

端午の節句の意味と由来。ちまき、柏餅。兜や鯉のぼりの時期。

Sponsored Link

『端午の節句』と呼ばれている5月5日が国民の祝日『こどもの日』になったのは、昭和23年のことです。

 

5月5日は『こどもの日』という方がピンとくるのですが、『端午の節句』にまつわるあれこれを調べてみると深くて面白いことがたくさん分かりました。

 

次回お祝いするときには、ちょっと意識してみてくださいね。

 

・端午の節句とは?意味は?
・端午の節句の由来は?
・端午の節句にちまきや柏餅を食べる意味は?
・兜や鯉のぼりを飾る意味は?飾る期間は?
・菖蒲湯に入る意味は?

 

Sponsored Link

端午の節句とは?意味は?

青空 鯉のぼり

 

5月5日は端午の節句。

昔は、必ずしも5月に行われる行事ではなかったようです。

 

『端午』という言葉の意味をひも解くと、月の端(はじめ)の午(うま)の日になります。例えば、1月最初の午の日が『端午』に当たります。ですから、5月だけではなく毎月『端午』はあったのですね。

 

ではなぜ、5月5日が端午の節句になったのでしょう。

午(ご)と五(ご)の音が同じであることから毎月5日は『端午』になり、奇数が重なるというのは、おめでたいことなので5月5日は『端午の節句』になったようです。

現在では男の子のお祝い行事となっていますが、元々は田植えに出る女性のための日でした。この頃は、身を清めてから田植えに出る風習があったようです。

 

端午の節句の由来は?

端午の節句 男の子 兜

 

端午の節句の頃は、春から夏への季節の変わり目なので病気や災厄が起こりやすいとされており、それらを避けるために宮中行事として奈良時代から続いている風習です。

貴族社会から武家社会へと変わったとき、端午の節句に使われていた『菖蒲』を見て、『菖蒲』と武を大切にする意味を持つ『尚武(しょうぶ)』の読みが同じことから、『尚武の節句』として武家が祝うようになりました。

5月5日を重要な祭事の日に制定したのは徳川幕府です。

将軍家に男の子が誕生すると、馬印(武将の所存を示すための旗のようなもの)や幟(のぼり)を立て盛大に祝いました。

 

ここから、男の子が生まれると、生まれた子が健やかに成長しますようにと願う行事になりました。

 


Sponsored Link

端午の節句にちまきや柏餅を食べる意味は?

災いを避ける『ちまき』

ちまき

 

男の子が生まれて初めての節句『初節句』に『ちまき』を食べます。平安時代から食べられていましたが、日本独自のものではなく中国から伝わってきたようです。

2000年以上も前のお話です。

中国に『屈原(くつげん)』という人がいました。

 

彼は、詩人であり政治家でもあり有能なことから国王の側近として仕え、国民からも慕われていました。しかし陰謀によって失脚し国を追われ、5月5日川に身を投げてしまいます。

 

彼の死を悲しみ命日には供養のための供物が川に投げ込まれましたが、全て龍に食べられてしまい彼の元には届きませんでした。

 

そこで、龍が苦手とする『れんじゃ』と呼ばれる葉に供物を包み邪気を払うために5色の糸で縛り川に投げ込んだところ、彼の元に届くようになりました。

このことから、災いを避けるために5月5日には『ちまき』を食べるという風習が、中国から日本へ伝わったようです。

 

縁起の良い『柏餅』

柏餅 鯉のぼり

 

柏餅を包んでいる柏の葉がなる柏木は、神が宿る神聖な木といわれています。神前で行う作法の『柏手』は柏木からきているようです。

この柏木、新しい芽が出るまで古い葉は落ちないことから『跡継ぎが途絶えない』『子孫繁栄』といわれ縁起の良い食べ物になりました。

端午の節句に柏餅を食べるようになったのは江戸時代からです。やはり武家社会では『家系』が大切だったのですね。

 

柏餅は2年目の節句から食べるそうですよ。

 

兜や鯉のぼりを飾る意味は?飾る期間は?

身を護ってくれる『鎧兜』

端午の節句 兜

 

鎧兜が飾られるようになったのは、武家社会になってからです。

 

時代劇で立派な鎧兜が飾ってあるのを見ますが、武家社会においては象徴的な意味があったようです。

 

戦が多かった時代、鎧兜は戦場で自分の身を護る大切な道具でした。このことから、男の子を病気や災いなどから守ってくれますようにと願いを込めて飾るようになりました。

 

立身出世『鯉のぼり』

鯉のぼり 青空 太陽

 

ほのぼのと平和な家庭を表すかのように泳ぐ3匹の鯉のぼり。現在のような鯉のぼりになったのは昭和時代からです。

 

戦国武将が家紋の付いた旗を掲げて戦場を駆け巡っている姿を見たことはありませんか?室町時代の武家社会で端午の節句の時期に、その旗の虫干しを兼ねて飾るという風習が始まりのようです。

 

鯉をモチーフとして描かれたものが飾られるようになったのは江戸時代からです。

鯉が激流に逆らい滝を登り、やがて大きな龍となったという『鯉の滝登り』の話から『鯉=出世』に繋がり、武士たちの間で好まれました。

この頃から庶民の間でも鯉のぼりは飾られるようになりました。

 

飾る時期

端午の節句 鎧兜 弓矢

 

飾る時期は地域によって異なることもありますが、一般的には、春分の日が終わった3月20日頃から4月中旬くらいまでに飾り終えます。

 

端午の節句の当日または前日の夜に、親族が集まり知人を招いて縁起物のご馳走を食べてお祝いします。

 

そして、ここでも武家の登場になりますが『先手必勝』という意味で、できるだけ早く飾ると良い!といわれている地域もあるようです。

 

しまう時期は、雛人形はすぐにしまわないとお嫁に行き遅れると言われていますが、鎧兜や鯉のぼりにはそのような言い伝えはないので、慌ててしまう必要はありません

 

節句が終わり5月中旬くらいまでにしまえば大丈夫です。

 

菖蒲湯に入る意味は?

菖蒲湯

 

端午の節句は『菖蒲の節句』とも言われています。菖蒲の強い香りは、邪気や厄を払ってくれるといわれておりヨモギと一緒に軒に吊るしていました。

 

端午の節句は、春から夏への季節の変わり目と考えられていたので、季節の変わり目に体調を崩すことがないように無病息災を願い『菖蒲湯』に入っていました。

 

健やかな成長を

鯉のぼり 男の子 女の子

 

【関連記事】

端午の節句(初節句)のお祝い料理!お祝い返しやメッセージは?
こどもの日の由来。鯉のぼりや兜の意味。柏餅や菖蒲湯は?

柏餅とちまきの由来と違い。カロリーは?子供の日に食べる意味。

五月人形(兜飾り)や鯉のぼりを出す時期はいつからいつまで?
五月人形(兜飾り)の上手な飾り方。三段飾り、平飾りの場所や方角

端午の節句(初節句)のお祝い金やプレゼント!お祝いの言葉は?

五月人形の処分方法について。時期はいつ?供養は必要?
鯉のぼりの由来。歌詞や色の意味。吹き流しとは?歴史は?
子供の日菖蒲湯の由来と効能。作り方や入り方は?
菖蒲湯の由来と効能。こどもの日に入る意味や入り方は?

 

端午の節句が、語呂合わせのような成り立ち方と武家社会の強引さには少々驚きもあるところですが、家族がこどもの健やかな成長を願う行事であることは確かです。

 

男の子を祝う行事ですが『こどもの日』でもあります。

 

男の子も女の子も、そしてお父さんもお母さんも家族一緒に、笑顔いっぱい幸せでありますように。

Sponsored Link