季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

*

七夕飾りの処分方法。処分するタイミングや捨て方は?

七夕が近付くと、さまざまな場所で七夕飾りが飾られますね。

 

色鮮やかな七夕飾りをつけた笹は、夏の夜に彩りを添えてくれます。

 

そんな七夕飾りですが、七夕を過ぎるとその処分方法に悩む人も多いのではないでしょうか?

 

今回は、七夕飾りの処分方法についてです。

 

・七夕飾りは処分しても大丈夫?
・七夕飾りの短冊は捨ててもいいの?
・七夕飾りの処分方法は?お清めは必要?
・七夕飾りを神社で処分してもらうには?

 

Sponsored Link

七夕飾りは処分しても大丈夫?

 

七夕飾りに、「笹」を使うのは何故でしょうか?

笹や竹は昔から、多くの神事で使われています。

 

背が高くなるので生命力の強さが感じられることや、葉には殺菌力があることから、魔除けとして使われることから、用いられてきたようです。

 

七夕飾りに笹を使うのはその他にも、空高く生えるため、ご先祖様が降りてくる時の 目印になるからという理由もあるのです。

 

そんないわれがある笹ですから、処分してもいいものか悩みますよね?

 

でも、七夕飾りは7月7日の夜に軒先からおろして海や川へ流して神様に持ち去ってもらう風習でした。

これを「七夕送り」といいます。

 

地域によっては、「どんど焼き」のように、七夕飾りを集めて燃やす風習の所があります。

 

これは願い事が煙に姿を変えて、天まで届くようにという意味があるのです。

 

そういうわけで、七夕飾りは残しておかないのが本来の形です。

処分することに問題はありません。

 

三重・津の岩田川で「七夕笹流し」

 

七夕お焚き上げ式(機物神社)

 

七夕飾りの短冊は捨ててもいいの?

 

処分してかまわないといっても、無造作にゴミに出すのは、ちょっと躊躇するという人もいることでしょう。

 

短冊は、少量であれば「お焚き上げ」をしてくれる神社が多いです。

お守りや正月飾りと同じ感覚ですね。

 

せっかくお願いごとをした短冊ですから、神社に一度相談してみましょう。

 

お焚き上げ以外の方法としては、記念にとっておくという方法もあります。

 

特に子どもの短冊は、毎年保管しておくと年齢による願い事の移り変わりが分かっていい記録になりますよ。

あとで家族で見返してみても楽しいことでしょう。

 


Sponsored Link

七夕飾りの処分方法は?お清めは必要?

 

できれば昔みたいに風流な片付け方をしたいところですが、川流しの行事を近くで行っていない地域では難しいですよね。

 

もしもご近所の迷惑にならないような燃やせる場所があるのなら、くのがいいでしょう。

 

そういう場所がない場合は、七夕飾りを取って笹を小さく折ります。

そして大きな白い紙を用意して、笹を包みます。

 

白い紙に包むのは、お清めの効果があるからです。

これをとんど焼きなどに持っていくか、そういう機会がない場合は、可燃ごみ・燃えるゴミとして処分します。

 

笹は植物ですから、可燃ごみとして処理して大丈夫なんです。

短冊や七夕飾りも、ゴミとして処分する場合は、笹と同じ方法でかまいません。

 

七夕飾りを神社で処分してもらうには?

 

神社によっては、煙とともに願い事が天に届くように、お焚き上げをしてくれるところがあります。

 

ご近所に七夕飾りの回収を行っている神社があれば、そちらへ持っていきます。

 

特に七夕祭りをしていない神社でも受け付けてくれる所もありますから、一度問い合わせてみましょう。

 

七夕飾りの処分方法は3つ

 

【関連記事】

七夕飾りの短冊で色の意味は?願い事が叶いやすい書き方は?

七夕の由来。短冊や笹竹の意味は?そうめんを食べる理由は?

七夕飾りの短冊で願い事の書き方。おもしろい願い事でもOK!

仙台七夕まつりの日程と楽しみ方。花火やイベント情報。

 

今回は、夕飾りの処分方法についてでした。

・「川流し」や「とんど焼き」の行事が近くで行われる場合は、そちらに持っていく。

・七夕飾りの回収やお焚き上げをしてくれる神社があれば、お願いする。

・どちらも不可能な場合は、可燃ごみに出す。

というのが、処分方法だということが分かりましたね。

 

七夕飾りを片付けるのは、7月7日の夜ということも分かりました。

 

せっかく奇麗に飾り付けた七夕飾りを処分してしまうのが寂しい場合は、記念写真をとっておくといいかもしれませんね。

 

後から見返すといい記念になると思いますよ。