季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

*

七夕飾りの短冊で色の意味は?願い事が叶いやすい書き方は?

7月7日は織姫と彦星が天の川で再会する日。

七夕には、竹にいろいろな願い事を短冊に書いて吊るして、星に願います。

 

小さい頃は、将来〇〇になりたいとか、〇〇が欲しいなんて願いを書いたりしましたよね。

そんな七夕のもともとの意味って知ってますか?短冊の色や短冊飾りの意味ってなかなか知らないですよね。

 

七夕がどういうものなのかをよく知ってから7月7日を迎えてみるのも、いつもと違った感じがして良いかもしれませんよ。

 

・短冊に願い事を書いて笹や竹に飾る意味や由来は?
・七夕飾りの短冊で色の種類とそれぞれの意味は?
・七夕飾りの短冊で色別に願い事が叶いやすい書き方は?

 

Sponsored Link

短冊に願い事を書いて笹や竹に飾る意味や由来は?

七夕とは?

天の川 夜空

 

七夕は昔からの日本の伝統あるお祭りの一つですが、中国から伝わった文化なんですよ。中国の星伝説乞巧奠(きこうでん)というものがもととなって今の日本の七夕があります。

 

歴史は古く、日本最古の歴史書といわれる古事記には、〝多那婆多″(たなばた)という言葉が着物を織る人という意味で使われ残っているんです。

 

七夕といえば織姫と彦星が思い浮かぶと思いますが、これが中国から伝わった星伝説です。2人は7月7日のたった一日だけ出会う事でき、愛を確かめ合う…とてもロマンチックですよね。

 

願い事を書く理由は?

七夕に欠かせないのが、短冊飾りですよね。

笹は、もともと神聖なものとして扱われていました。そのため、願い事を掛けるものとして笹が使われるようになったようです。

 

では、短冊飾りはどうでしょう。なぜ願い事が書かれるようになったのでしょうか。

 

これは、七夕のもととなった中国の乞巧奠(きこうでん)という行事が由来しています。

乞巧奠とは、裁縫の上達を願うため祭壇に針などを奉るというものです。はじめは裁縫の上達を願っていましたが、歌や習字の上達までも願うようになってきたようです。

 

日本で乞巧奠が行われるようになったのは平安時代です。一般の人々にも普及しだしたのは江戸時代からで、そのころから願い事が書かれるようになりました。寺子屋で筆の上達を願って短冊に書いたのが由来になっているようです。

 

なぜ笹や竹に飾るの?

竹 笹

 

まず、笹と竹。どちらが七夕に使われているか知っていますか?

そもそも笹と竹との違いとはなんでしょうか。

 

歌には笹の葉サラサラ♪と出てきますね。

笹と竹。見た目の違いはほとんどないんです。

 

ただ、寿命が竹の方が長いので、大きく成長します。大きく成長していたら竹だなと見分けるのもいいかもしれませんね。

 

そんなそっくりな笹と竹ですが、七夕に使われているのはどっちなのでしょう。

 

実は、どちらでもいいんです。特に決まりはないので、飾る場所のスペースなどに合わせて選びましょう。アパートに住んでいるのであれば、笹の方がいいかもしれませんね。

 

その笹、竹は昔から神聖なものとされていました。神聖な竹を飾ることで、神様が地上におりてくる目印にされていたといわれています。竹の節には神様が宿るともいわれていたこともあり、日本の神事にはよく竹が使われます。

 

笹の葉サラサラ~♪とあるように笹の葉がこすれるサラサラという音は、神様を呼ぶ合図ともいわれていますよ。

 

一般的に6日の夜に飾り付けられた竹を外に飾ります。そして、7日には処分されてしまいます。せっかくきれいに飾り付けてもすぐに処分されてしまうなんて、なんだかもったいない気がしますよね。

 

でも、仕方がないんです。竹はとても力強く成長しますが、一度切ってしまうとあっという間に枯れてしまいます。そのため、そんなに長くは飾ることができなかったのですね。

 


Sponsored Link

七夕飾りの短冊で色の種類とそれぞれの意味は?

竹には短冊以外にもたくさんの飾りが飾られていますよね。そのひとつひとつにきちんと意味が込められているんですよ。

 

笹 竹 短冊 七夕

 

短冊

多くの人になじみのある短冊ですが、もともとは学問や習い事の上達を願うためものだったんです。里芋の葉にたまった夜露で墨をすり文字を書くと、書いた願いが叶うといわれていました。

 

吹き流し

吹き流しには織物の上達という願いが込められています。今では機を織っている人はほとんどいませんが、昔は織姫のように機織りが上手になりますようにと多くの人が願ったのでしょう。

吹き流しのヒラヒラとした見た目は織姫の糸を表していて、長寿を願う飾りでもあります。

 

紙衣

着物の形をした飾りが紙衣です。この飾りは一番上に飾られます。この飾りには、裁縫の上達が願われています。また、着るものに困らないようにという願いも込められています。

 

人形の形をしているため、身代わりという意味もあるようです。紙衣が病気やケガの身代わりとなることで、健康に過ごせますようにという願いも込められています。

親は紙衣に子供の健康を願っていたのでしょう。

 

巾着

昔はお財布の代わりに巾着が使われていました。そのためお金に不自由しませんように、という願いが込められます。そのために、日々お金を大切にし、無駄遣いをあらためましょうという意味もあります。

 

投網

豊漁が願われる飾りです。昔の人たちにとって魚は貴重なたんぱく源でした。そのため、食べ物に困らないように、という願いが込められています。

また、この網の形から〝幸せをつかみとる″という意味もあるんですよ。

 

他にも、折り鶴や屑籠などがあり、大きく分けて7つの種類の飾りが飾られます。

 

すべての飾りは家族や身近な人の幸せを願い飾られるものです。毎年自分の願いだけを短冊に書き、神様にお願いしていた方もいるかもしれません。

 

意味を知った今年は、去年までとは少し違った目で七夕飾りを見ることができますね。

 

また、お子さんと一緒に折り紙で作るのもいいでしょう。意外と簡単に作ることができるので、チャレンジしてみるのも楽しいと思います。作りながら意味を教えてあげてください。

 

ただ7月7日をむかえるのではなく、身近な大切な人を思いながら、また一緒に過ごしながらこの先の幸せを願う1日にできればいいですね。

 


Sponsored Link

七夕飾りの短冊で色の種類とそれぞれの意味は?

七夕 短冊飾り

 

今ではカラフルな短冊に思い思いの願いを書いて飾りますが、その色にもそれぞれに意味があったんです。

 

七夕は中国から伝わるものですが、それぞれの色に込められた意味も中国からから伝わっています。中国の思想である五行説、儒教の教えの五徳の教えが色にあてはめられているとされています。

 

七夕の歌に出てくる五色の短冊とは青、赤、黄、白、黒の五色なんです。

 

青には「人間力を高める」という意味があります。赤には「両親や先祖への感謝」、黄は「人を大切にする」、白は「決まりを守る」、黒には「学力向上」といったそれぞれの意味が込められています。

 

最後の黒ですが、日本では黒=縁起の悪い色とされていることから紫色に置き換えられています。

 

七夕飾りの短冊で色別に願い事が叶いやすい書き方は?

七夕 短冊 願い事

 

短冊の色に込められた意味。その意味をふまえて、願い事に合わせて短冊の色を選んでみましょう

 

家族みんな、健康で長生きできますようにといいった願いなら赤、今年こそはダイエット成功させたいという願いなら白、受験勉強頑張るぞという願いなら紫でしょうか。

 

ただ、短冊に願い事を書いたからといって、必ず叶うというものではありませんよね。祈るだけではその夢を現実のものにすることはできません。自分の努力が必要です。

 

しかし、かなえたい夢や目標を紙に書くことはとてもいいことなんですよ。

紙に書くことで、自分の決意が明確になるんです。

 

ただ書くだけで?と思いますが、人間の脳は意外と単純なんです。書くことで自分の脳は夢実現に向かってやる気が出るものなんです。その結果、夢をかなえるため行動することができ、実現させてしまうこともあるのです。

 

また、願いを書くときは断言した方がいいですよ。〝ダイエットできますように″よりも〝5㎏痩せて、今年の夏には彼氏を作るぞ″の方がやる気が出る気がしませんか?より具体的に書いた方がいいでしょう。期限をつけるのもGoodです。

 

それに、願い事はプラスな言葉を使って書きましょう

 

〝ケガしませんように″や〝彼氏と別れませんように″といったマイナスの言葉を使うのはおすすめできません。〝健康で過ごせますように″や、〝彼氏と仲良く過ごせますように″の方がいいかもしれませんね。

 

脳が夢に前向きな気持ちになるように、なるべく悪い事がイメージできてしまう言葉は使わない方がいいでしょう。

 

短冊に書けば自分の夢や決意がほかの人にもばれてしまうし、なんとなく恥ずかしいなんて方もいると思いますが、思い切って書いてみましょう。書き方ひとつでその夢への気持ちが強まり、少し夢へ近づくきっかけになるかも知れませんよ。

 

年に一度のチャンスを大切に

笹の葉

 

【関連記事】

七夕の由来。短冊や笹竹の意味は?そうめんを食べる理由は?

七夕飾りの短冊で願い事の書き方。おもしろい願い事でもOK!

七夕飾りの処分方法。処分するタイミングや捨て方は?

 

1年に一度だけのこの日を大切に。

七夕にむけて短冊を書く時には、自分の夢や願望を思うと同時に、周りの大切な人の幸せも願いますよね。

 

織姫と彦星が唯一会える7月7日。天気も良く天の川がきれいに見えるといいですね。

年に一度の七夕。たくさんの人が幸せな気持ちになれる日になりますように。