季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

*

七夕の短冊の意味と由来。デザインや素材。色の違いや書き方。

七夕の季節になると、笹の葉を飾りそこにたくさんの七夕飾りが飾られます。

 

その中で短冊への願い事を書くことは、子供から大人まで楽しめますね。

 

皆さんがいろいろな願い事を書いてあるのを見ると、つい自分も書いてみたくなってしまいます。

 

ところで短冊にはいろいろな色がありますよね。

この色にはなにか意味があるのでしょうか?

 

そこで短冊がどうして飾られるようになったのかその意味と由来、そして色にまつわるお話などを調べていきたいと思います。

・七夕の短冊の意味は?どんな由来があるの?
・七夕の短冊のデザインや素材は?
・七夕の短冊の色による意味の違いは?
・短冊の書き方は?名前は書くの?

 

Sponsored Link

七夕の短冊の意味は?どんな由来があるの?

七夕 由来

 

七夕の短冊の意味は?

いろいろな七夕飾りがありますが、それぞれに意味があって飾っています。

例えば吹き流しには習い事が上達しますように、投網には豊漁や幸運を我が手につかめるようになどです。

 

それでは短冊にはどんな意味があるかといいますと、学問の習い事や詩や歌などが上手になるようにと言う願いを込めて飾られているとのことです。

 

それが現在では願い事を書いて飾るという元になっているようですね。

 

七夕の短冊の由来は?

笹 短冊
それでは短冊の由来について調べてみましょう。

七夕には諸説あってその内の一つに中国から伝わる乞巧奠(きこうでん)という行事があったようです。

 

この乞巧奠とは、機織りなどをする人たちがもっと上手になりますようにと言う願い事をする行事だったようです。

日本での乞巧奠の行事の際に、詩や歌を詠むこともされていたとのことでした。

 

この時は笹の葉に機織りに必要な糸を巻き付けて上達を願っていたのですが、鎌倉時代から室町時代にかけては、詠んだ歌や詩を笹の葉につけて詩歌が上手になるようにと言う願い事をするというように変わっていったそうです。

 

そして今のように願い事を書いて笹の葉に吊るすというようになったのは、江戸時代の寺子屋で習字などが上達しますようにという願い事を書いて飾ることから始まったという由来があるようです。

このように長い年月の間に少しずつ変化を遂げているようですね。

 

七夕の短冊のデザインや素材は?

短冊 デザイン
短冊と言うと長方形の形をしているもののことを言いますが、短冊の由来でもありましたように一時期は詩歌を詠んで書いた短冊をそのまま吊るしていた時代がありました。

 

今では可愛い形や素材などを使っていますが、基本的には和紙を使うのが良いとも言われています。

 

でも和紙は少しお値段も高いですし、字を書いてもにじみやすいというところもあって、和紙を使っているのを見かけることが少ないような気がします。

 


Sponsored Link

七夕の短冊の色による意味の違いは?

七夕 短冊 意味

 

短冊の色には何色あるの?

陰陽五行説という中国古来のものがあり、その考え方から短冊の色を色としたようです。

 

陰陽五行説の基本となるものとしてあげられるのが木、火、土、金、水でそれらを色で表すと青、赤、黄、白、黒となります。

 

短冊の色の意味は?

短冊 色 意味
上記のように5色があることがわかりました。

 

それではそれぞれの色にはどのような意味があるのか調べていきましょう。

 

青(現在では緑)

が成長する様子を表すことから安らかな気持ちなど安心感、穏やかな気持をもたせてくれる効果があります。

 

この色を使って願い事を書く時は、自分のことについて成長を願ったり促したりするような願い事を書く時に使います。

 

を表現し燃え盛るように輝く赤の色を表現しています。

また赤には決断を意味する意味も含まれています。

 

この色を使って願い事を書く時は、親や先祖のことについて書くと良いとされています。

 

例えば「両親が健康でありますように」などのようなことです。

 

また赤には決断の意味があると書きましたが、自分の中でも決断したいことを書くのも良いでしょう。

 

から新たな植物が芽生えてくる関係性をあらわしています。

これは人と人との関係をあらわしています。

 

この色を使って願い事を書く時は、友人や上司などの人間関係がうまくいくように願ったりする時に使うと良い色です。

 

また風水の観点から黄色はお金のことでは良い運をもたらしてくれるので商売がうまくいくようになどの願いもこの黄色を使うと良いでしょう。

 

などのような硬いものをあらわしているところから、固い決意などが連想されます。

 

この色を使って願い事を書く時は、固い決意例えば「禁酒」や「禁煙」などと言ったものが良いでしょう。

 

黒(現在では紫)

、すなわち湧き出る水のイメージが有り特に知識の面での表現をしています。

 

この色を使って願い事を書く時は、勉強や知識の面での願い事などが良いかと思います。

 

「高校合格」や「○○検定合格」などの願い事の時に使うと良いでしょう。

 

特にこの黒(紫)は強い力が備わっていると言われているところから、願い事を書くことによってさらに強い力を伴っていくといわれています。

 

短冊の書き方は?名前は書くの?

短冊 書き方

 

短冊の書き方は?

さて短冊に願い事を書く時に「~の願いが叶いますように」とか「~なりますように」という書き方をしている短冊を見かけます。

 

実は短冊の書き方については強い意志をこめて書くようにするものなのです。

 

ですから「合格する!」とか「優勝する」というように言い切るような書き方が望ましいです。

 

決意表明みたいなものですね。

絶対に願いをかなえるんだぞという気持ちで書くようにしましょう。

 

名前は書いたほうが良いの?

氏名は書くようにしましょう。

 

絵馬と同じようなもので、「〇〇市 山田太郎」というような書き方が望ましいと言われています。

 

童心に帰って願い事をしてみてはいかがでしょう?

七夕 願い事

 

【関連記事】
七夕飾りの短冊で願い事の書き方。おもしろい願い事でもOK!
七夕飾りの短冊で色の意味は?願い事が叶いやすい書き方は?
七夕の由来。短冊や笹竹の意味は?そうめんを食べる理由は?
七夕飾りの処分方法。処分するタイミングや捨て方は?

 

冊や色の意味についてお話させていただきました。

 

中国から伝わったものが日本独自の発展を遂げたもののようですね。

短冊に願い事を書いて笹の葉につるすというのはとても風流ですね。

 

小さいお子さんが夢中になって願い事を書いている姿は微笑ましいものです。

 

大人も積極的に参加して願い事を書いてみてはいかがでしょうか。