季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

*

七夕の由来。短冊や笹竹の意味は?そうめんを食べる理由は?

笹の葉さらさら~♪という歌でも知られる七夕

小さい子ども達も知っている日本では馴染みのある夏の行事ですよね。

 

思い思いの願いを短冊に書いたり、夜空を見上げて織姫と彦星の話を頭に思い浮かべたりと、いろんな7月7日の過ごし方があります。

 

そんな誰もが知っている七夕ですが、いつからこういう事をするようになったのか知っていますか?

また、七夕や短冊の由来がなんなのかを知っている人はあまり多くはないかもしれませんね。

 

そんなわけで、今年の7月7日をむかえる前に、少し七夕のことを詳しく調べてみました!

 

・七夕とは?どんな由来があるの?
・七夕に飾る短冊や笹竹の意味や由来は?
・七夕にそうめんを食べる意味や由来は?

 

Sponsored Link

七夕とは?どんな由来があるの?

 

日本では馴染みのある七夕。

多くの人は「たなばた」と読みますが、「しちせき」とも呼ばれています。

 

その七夕の起源となる説がたくさんあります。

ここでは、主な説である3つを紹介します。

 

“星伝説”説

日本でもよく知られる織姫と彦星のお話ですが、もともとは中国から伝わったお話だったんです。

 

どんな話だったか忘れてしまったという人、実はよく知らないという人もいるのではないでしょうか。あらすじをおさらいしてみます。

このお話は織女と索牛の物語です。

日本では織姫と彦星ですね。

 

織女は天帝の娘で、天の川の東側に住み1日中機織りに励んでいました。

年頃なのに機織りばかりしている娘を哀れに思った天帝は、天の川の西側に住む牛飼いの牽牛に嫁がせます。

 

2人はとても仲が良く、幸せに暮らしていました。

しかし、結婚後、織女は機織りを怠けるようになってしまったのです。

 

そんな織女の姿に腹を立てた天帝は、織女をもとの天の川の東側に連れ戻します。

牽牛と離れ離れになった織女はひどく悲しみました。

 

娘の悲しむ姿を見た天帝は、きちんと仕事に励むことができるのならば、年に一度7月7日の夜に天の川にかかる橋の上で会うことを許したのです。

 

2人は年に一度会えるのを楽しみに、一生懸命仕事に励みました。

どうですか?

意外と詳しい内容は知らなかった人もいるのではないでしょうか。

 

今では7月7日が雨の日も多いですが、旧暦では8月上旬のことなので晴れる確率は高かったでしょう。

 

 

晴れた夜空にはきれいな天の川が見えたはずです。

 

その天の川を挟んで輝くベガという星が織女、アルタイルという星が牽牛といわれています。

 

このベガとアルタイルという星が最も輝くのが7月の上旬で、2つの星がお互いの場所を知らせるため一生懸命輝いているように見えたことがこの物語の由来ともいわれています。

 

そのため、この時期にこの物語にちなんだ行事が出来たと考えられますね。

 

天人女房(てんにんにょぼう)

中国の星伝説とは別に、日本には“天人女房”という昔話があります。

水浴びをしている天女の羽衣を隠した若者が、天に帰れなくなった天女と結婚してやがて子供ができます。生まれた子供が歌った歌から羽衣の隠し場所を知った天女は、子供を連れて天に帰ります。

 

若者は天女と子供を追って天上に昇りますが、正式に婿と迎えられるためには難題をクリアしなければなりません。天女の助けもあり難題を解決していきますが、『ウリを縦に割ってはならない』という禁止を破ったために洪水が起こり、若者は流されてしまいます。

 

天女は「毎月7日に会おう」と言いましたが、若者が「7月7日」と聞き間違えたために、年に1度しか会えなくなったと伝えられています。

現在七夕は天の川を挟んで二人が出会うようにと、雨の降らないことを祈りますが、昔は“七夕の日には雨が降らないと災が起こる”といわれていました。

 

また、七夕は薬水の流れてくる日といわれていて、川に入って泳ぐと健康になれると信じられていたようです。

 

“棚機(たなばた)”説

日本で最も古い歴史書の古事記に棚機女(たなばたつめ)という言葉が残されています。

日本では昔、豊作を祈って着物を神様に捧げるという風習があり、その捧げる着物を作るのが棚機女です。

 

棚機女は多くの女性の中から選ばれ、その人だけが着物を織ることができます。

織った着物をお供えする前には、体のけがれを川や海の水で清めてから行います。

 

このみそぎの行事のことを棚機(たなばた)と呼びます。

みそぎを7月7日の夜に行っていたことから棚機が今の七夕になったと考えられているんです。

 

また、この神様に捧げものをするという習慣は、今ではお盆の準備として残っているんですよ。

 

“乞巧奠(きこうでん)”説

あまり馴染みのない言葉の乞巧奠

もともと中国の習慣で、日本でも奈良時代から行われるようになりました。

 

習い事の上達を願うという習慣で、星伝説の織姫のように織物が上手になりますようにと願ったとされています。

時代とともに織物に限定されず書道や芸事の上達を願うようになったといわれています。

 

中国では、祭壇に布や針を捧げて願っていました。

日本では宮中行事として乞巧奠が行われ、豪華なお供え物をして和歌や雅楽が楽しまれるなか様々なことの上達を祈っていました。

 

徐々に庶民にも広がり、江戸時代にはその願いを短冊に書き7月7日に竹に飾るようになりました。

 

七夕に飾る短冊や笹竹の意味や由来は?

 

短冊に願いを書き、笹竹に飾ることは七夕の定番ですよね。

小さな子どもから大人まで、思い思いの願いを書いてその夢の実現を祈ります。

 

しかし、なぜ笹竹に短冊を飾るのか知っていますか?

また、短冊に込められた意味や由来を知っていますでしょうか。

 

これもまた知らない人の方が多いかもしれませんね。

ここでは短冊や笹竹の意味や由来についてまとめていきたいと思います。

 

短冊の由来は?

宮中行事としてこの行事が行われていた時代は、短冊に願いを書くという習慣はありませんでした。

 

もともとは五色の糸をお供えして、織物や書道の上達を願っていたんです。

時の流れとともに糸から布へとお供えするものが変わっていきました。

 

江戸時代に庶民へと伝わった時、高価な布はなかなか手に入らなかったことから紙に願いを書くようになったといわれています。

 

これが今でいう短冊です。

 

短冊の色ごとの意味は?

短冊に願いを書きますが、ごとに意味があるのです。

七夕の歌にもある五色の短冊。

 

五色とは青、赤、黄、白、黒の色です。

中国から伝わる陰陽五行説がもとになっているといわれています。

青には人間性を高める、赤には家族への感謝、黄には人間関係・信頼、白には決まりを守る。

黒には学力向上の意味が込められています。

ただ、日本では黒は縁起が悪い色とされていることもあり紫色に変えられて使われます。

意味を知った今年は、願いによって短冊の色を変えてみるといいでしょう。

 

また、日本で馴染みのあるカラーセラピーの要素で願いを書いてもいいかもしれません。

青は癒しや穏やかさ、黄はポジティブで明るい、赤は行動力があり前向きに、紫は精神性が高く本質をみつることができる。

など、色には沢山の意味が込められています。

 

家族みんなの健康を願うなら赤色の短冊に。

いま、少し元気がなければ、黄色の短冊に今後明るく楽しめますようにと前向きな願いを書いてみたらどうでしょう。

 

自分自身の願いに合わせて短冊の色を選んでみてくださいね。

 

笹や竹に願い事をつける由来は?

なぜ七夕に願い事を笹や竹に付けるのかというと、日本では古来より笹や竹は神聖なものとして扱われてきました。

なので多くの神事に使われています。

 

笹や竹には生命エネルギーが強く宿っており、また魔除けにもなるといわれてきました。

昔話のかぐや姫も竹からでてきましたね。

 

ただ竹は大きいので、民間では小ぶりの笹が広く使われるようになりました。

竹と笹はほぼ同じで、その大きさによって分けられています。

 

ですので、笹でも充分なご利益があるのですね。

 


Sponsored Link

七夕にそうめんを食べる意味や由来は?

 

それぞれの行事に合わせた行事食。

七夕にも行事食があるんです。その行事食はそうめんです。

 

平安時代には今でいうそうめんはなく、そうめんの原型といわれる索餠(さくべい)というものがありました。

 

索餠は中国から伝わった麺料理で、7月7日に食べると無病息災で一年間過ごせるという言い伝えがありました。

そのため、平安時代の宮中で行われていた七夕行事では、その索餠をお供えしていたという歴史があるんです。

 

索餠からそうめんへと変わりながらも、その風習が根強く残っているため、今でも七夕にそうめんが食べられます。

 

なかなか七夕の行事食に馴染みの薄い人もいると思いますが、東北や北海道では大切に守られてきたものなんですよ。

 

また、地域によっても七夕の行事食には違いがあるようです。

長野県ではそうめんではなく、ほうとうを食べます。

 

ほうとうとは、そうめんと原料は一緒ですが平たい麺です。

そのほうとうをきな粉やあんこと食べるという風習が残っています。

 

また、九州の一部の地域ではみょうがの葉で包まれたお饅頭をお供えしたり、食べたりします。

 

地域で行事食に違いはありますが、その年の家族の健康が願われていたり、行事を楽しみ大切にされているからこそ続く風習なのでしょう。

 

七夕にちなんだ祭りがたくさん。どんな祭りがある?

 

夏といえばお祭り。

 

それぞれの地域で七夕にちなんだお祭りが開催されています。

代表的なのは仙台七夕まつりでしょう。

 

このお祭りは仙台市で行われ、200万人以上の来場者が集まる東北三大祭りの一つとされています。

歴史のあるお祭りで、伊達政宗の時代から続く伝統行事です。

 

吹き流しなどたくさんの笹飾りが仙台市内を彩ります。

それぞれの笹飾りには厄除けや家内安全、豊漁豊作など多くの意味が込められています。

 

また、飾りの一つ一つには作った人の思いや願いも込められています。

そんな仙台七夕まつりは、花火なども行われ、夏を感じるとても豪華なお祭りです。

 

仙台七夕祭りの他にも湘南ひらつか七夕祭りや安城七夕祭りなどたくさんの観光客が集まる七夕まつりがあります。

しかし、全国的にみて町を上げて大規模開催されている七夕祭りは東北地方で多く行われているんですよ。

 

東北では東日本大震災もあり、大変な日々を過ごした人が多くいます。

 

そこから立ち直るのはとても大変なことですが、こういったお祭りが毎年開催されることで前向きな気持ちに少しでもなってもらえたら、という思いも込められているでしょう。

 

 

【関連記事】

七夕飾りの短冊で色の意味は?願い事が叶いやすい書き方は?

七夕飾りの短冊で願い事の書き方。おもしろい願い事でもOK!

七夕飾りの処分方法。処分するタイミングや捨て方は?

仙台七夕まつりの日程と楽しみ方。花火やイベント情報。

 

何気なく過ごしていた7月7日には、知らない歴史や習慣一つ一つに意味があったんですね。

 

今年は、その意味を思い出して短冊に願いを書いたり、家族みんなで食卓を囲んでみましょう。

 

自分の願いに向き合ったり、家族の幸せについて考えるとても大切な時間を過ごせるかもしれませんね。