季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

*

春の高山祭(山王祭)2017の日程スケジュール。屋台の時間は?

春の高山祭(山王祭)2017の日程、スケジュールについてご紹介いたします。

 

岐阜県高山市の高山祭は、毎年春と秋に行われるお祭りで、春を山王祭、秋を八幡祭といい、それぞれ違う屋台(山車)が曳行されます。

 

国の重要有形民俗文化財、重要無形民俗文化財の双方に指定されているお祭は全国でも5つしかありませんが、高山祭はそのうちの1つなんですよ。

 

山に囲まれた飛騨高地に遅い春を告げる春の高山祭(山王祭)は、満開の桜の中で行われる華やかなお祭り。

 

絢爛豪華な屋台の上で披露される人形の妙技、神輿を中心にした数百名による時代絵巻のような行列など、芸術性の高さが特徴です。

 

屋台それぞれに付けられた100個もの提灯に灯がともる春の夜祭は、昼とは違う幻想的な光景を見せます。今回は高山祭2017春の日程やみどころなどを、下記の順番にご紹介していきたいと思います。

 

・高山祭2017春(山王祭)の日程、スケジュールは?
・高山祭春(山王祭)の見どころは?
・春の高山祭りをベストポジションで見れる場所取りは?
・高山祭屋台会館について
・高山祭(山王祭)アクセス方法や駐車場は?

 

Sponsored Link

高山祭2017春(山王祭)の日程、スケジュールは?

 

日程:2017年4月14日(金)~15日(土)の終日開催

平成29年「春の高山祭パンフレット」はこちらよりご覧頂けます。

 

スケジュール

高山祭り からくり人形

御巡幸(祭行列)

4月14日13時に日枝神社を出発し、16時頃にお旅所に到着。

4月15日12時30分にお旅所を出発、16時頃に日枝神社へ到着。

 

下記は2016年の順路マップですがご参照ください。

詳しい順路についてはこちら

 

14日

 

15日

 

高山祭り からくり奉納

 

屋台曳き揃え

4月14日9時30分から16時頃まで(お旅所前4台、神明町通り8台 )

4月15日9時30分から16時頃まで(お旅所前4台、本町一丁目4台、さんまち通り4台)

 

詳しい場所は、下記の添付ファイルの屋台マークを参考にご確認下さい。

なお、下記マップは2016年版のものですので、曳行順路は変更になる可能性があります。

 

map

 

からくり奉納(1回につき50分程度)

4月14日お旅所前にて、11時頃と14時30分頃

4月15日お旅所前にて、10時頃と14時頃

※1回の奉納は50分程度です。

夜祭

高山祭り 夜祭

 

4月14日の夜
午後6時30分頃に神明町を出発し、上一之町を北進して、安川通りを西進し鍛冶橋を渡って本町を南進し、移動順道場(中橋公園)にて曳き別れます。

 

※詳しい順路についてはこちらをご参照下さい。

 

高山祭春(山王祭)の見どころは?

御巡幸(ごじゅんこう)

山王祭 御巡幸

 

神輿(みこし)をメインに獅子舞、闘鶏楽(とうけいらく:鶏芸の踊り)、裃(かみしも)の姿をした警護の役の人などが、数百名が大行列を作って、民俗芸能を披露しながら町内を巡ります。

古式ゆかしい姿は、まるで時代絵巻のように艶やかですよ。

 

行列は14日13時に日枝神社を出発。

氏子の家々を巡りながら16時頃お旅所に到着します。

 

神輿はそのままお旅所で1泊。

15日12時30分頃出発し、16時頃に日枝神社へ帰ります。

 

屋台曳き揃え

高山祭り 春 曳き揃え

 

高山祭春(山王祭)の屋台は飛騨の匠の技の結晶で、国の重要有形民俗文化財に指定されています。洗練された構造の美しさや、緻密な彫り物や飾りなど、とても見事です。『動く陽明門』ともいわれる絢爛豪華さは、まさに一見の価値ありですよ。

 

14日に12基がお旅所に勢揃いした後、4基を残し8基は神明町通りに。

15日は本町1丁目とさんまち通りに曳き揃えられます。

 

からくり奉納

高山祭 春 からくり奉納

 

お旅所前の広場で三番叟(さんばそう)・龍神台(りゅうじんたい)・石橋台(しゃっきょうたい)という名の屋台が、それぞれからくり奉納を披露します。

 

この人形は何本もの引き綱を熟練の綱方が繰ることによって、とても細やかで複雑な動きをします。人形の引き綱は外から見えないので、まるで人形が生きて動いているかのよう!

見事な舞や早変わりの鮮やかさなど、片時も目を離すことができませんよ。

 

夜祭

春 高山祭 夜祭

 

夜祭は昼間とは打って変わって幻想的な光景が見られます。各屋台がそれぞれ100個の提灯をともし、ゆらゆら揺らめく灯りが辺りを照らしながら、街をゆっくりと巡ります。

 

最後は皆が「高い山から」という曳き別れ歌をうたいながら、宵闇の街を歩き各屋台蔵へと帰っていきます。山に囲まれた飛騨高山ならではの、情感漂う瞬間でもあります。

 


Sponsored Link

春の高山祭りをベストポジションで見れる場所取りは?

高山祭

 

お旅所(高山陣屋前交差点)で行われるからくり奉納を、3台ともベストポジションで見るには、当然場所取りが必要になります。まずはスケジュールのおさらいをしておきますね。

からくり奉納(1回につき50分程度)

4月14日:お旅所前にて、11時頃と14時30分頃

4月15日:お旅所前にて、10時頃と14時頃

早い人は1時間くらい前から場所取りしていますが、以下の時間を参考にしてみて下さい。

 

からくり奉納の10分前・・・ほとんど見えません
からくり奉納の15分前・・・3台とも見るのは無理です
からくり奉納の30分前・・・かろうじて見えますがベストポジションとは言い難い
からくり奉納の40分前・・・まずまずのベストポジションでしょう
からくり奉納の60分前・・・ほぼ確実にベストポジションで見れます

※確実性があるわけではありませんのでご参考程度にお願い致します。

 

高山祭屋台会館について

高山祭り 屋台

 

高山祭屋台会館では、高山祭秋(八幡祭)に曳き出される11基の屋台のうち、季節入れ替えで常時4基を展示しています

 

高山祭春(山王祭)は日枝神社の祭礼、高山祭秋(八幡祭)は櫻山八幡宮の祭礼なので、屋台は違うのですが、御巡幸の様子を再現しているので参考になると思いますよ。

 

館内を巫女さんが案内してくれますよ。

春の屋台との違いを見比べるのも楽しいですね。

・高山祭屋台会館

山王祭 飛騨 屋台会館

住所:岐阜県高山市桜町178

電話:0577-32-5100

地図:

 

時間:

3月から11月:午前8時30分から午後5時
12月から2月:午前9時から午後4時30分
休日:なし

 

料金:大人900円、高校生550円、小中学生450円
(注釈)桜山日光館とセット料金

 

駐車場:あり(50台・有料)

公式HP:高山祭屋台会館

 

高山祭春(山王祭)のアクセス方法は?

 

日枝神社

住所: 岐阜県高山市城山156

電話:0577-32-0520

 

お旅所

住所:岐阜県高山市川原町49

地図:

 

関東方面から

電車の場合

東京駅から東海道新幹線を利用し名古屋駅まで約1時間50分

名古屋駅でJR高山本線に乗り継ぎ高山駅まで約2時間20分

所要時間約4時間10分

 

車の場合

調布ICより中央自動車道と長野自動車道を経由し松本ICまで約2時間30分
松本ICより国道158号経由で平湯温泉まで約1時間

平湯温泉から国道158号経由で高山駅前まで約50分
所要時間約4時間20分

高山祭り からくり奉納

 

関西方面から

電車の場合

①新大阪駅から東海道新幹線を利用し名古屋駅まで約50分

名古屋駅からJR高山本線に乗り継ぎ高山駅まで約2時間20分
所要時間約3時間10分

 

②大阪駅から高山駅へ直通便があります。(ワイドビューひだ号)

大阪駅から東海道本線経由で岐阜駅へ、そこから高山本線経由で高山駅
所要時間約4時間10分

 

車の場合

豊中ICから名神高速道路を経由しで一宮JTまで約2時間

一宮JTから東海北陸自動車経由で飛騨清見ICまで約1時間30分
飛騨清見ICから中部縦貫道に入り高山ICまで約20分

高山ICから一般道を経由し高山駅前まで約10分
所要時間約4時間

 

 

名古屋方面から

電車の場合

名古屋駅からJR高山本線に乗り高山駅まで約2時間20分

所要時間約2時間20分

 

車の場合

知多半島道路、名古屋高速道路、名神高速道路、東海北陸自動車道、中部縦貫道を経由して高山駅前まで約3時間

 

北陸方面から

電車の場合

富山駅からJR高山本線経由で高山駅まで約1時間30分

 

車の場合

①富山から国道41号経由で高山駅前まで約2時間
②金沢から北陸自動車道、東海北陸自動車道を経由し白川郷ICまで約1時間

白川郷ICから東海北陸自動車道、中部縦貫道を経由し高山駅前まで約50分
所要時間約1時間50分

 

高山祭春の駐車場と交通規制情報

 

高山祭春の駐車場と交通規制は下図・下表を参照して下さい。

 

高山祭 駐車場

 

高山祭 交通規制

 

なお、上図はこちらよりダウンロードいただけます。

 

駐車場名 営業時間 駐車台数
A 市営空町駐車場 24時間営業 126台
B 市営えび坂駐車場 24時間営業 55台
C いちのまちパーキング 24時間営業 52台
D 大新町駐車場 8時~17時 50台
E 松井駐車場 8時~175時 32台
F 市営弥生橋駐車場 24時間営業 21台
G 高山中央駐車場 24時間営業 65台
H みやもと駐車場 24時間営業 19台
I 旭パーキング 24時間営業 30台
J 市営広小路駐車場 24時間営業 33台
K 市営花岡駐車場 24時間営業 157台
L 公営駅西駐車場 24時間営業 210台
M かみいち第2駐車場 24時間営業 60台
N 高山別院駐車場 14日 6時~21時

15日 6時~18時

バス 60台
O 市営不動橋駐車場 24時間営業 バス 20台

普通車 32台

P 市営天満駐車場 24時間営業 バス 10台

普通車 104台

Q 花里小学校臨時駐車場 14日 21時30分まで

15日 16時30分まで

250台
R 西小学校臨時駐車場 14日 21時30分まで

15日 16時30分まで

150台

 

飛騨高山まつりの森

飛騨高山まつりの森

 

本物の重要有形文化財の屋台ではありませんが、平成の匠の技術で作った新しい屋台が展示されています。こちらも本物に負けず劣らず豪華絢爛

ほの暗い明かりの中でうっすらと浮かび上がる屋台が、とても風情がありますよ。

 

江戸時代の名からくり人形師、萬屋仁兵衛の心を引き継いだ人形たちが、現代の職人技とコンピューター技術を駆使して多彩な動きを披露してくれます。

お祭り期間だけでなく、一年中高山祭の雰囲気が楽しめます。

飛騨高山まつりの森

住所:岐阜県高山市千島町1111

電話:0577-37-1000

地図:

 

時間:9時~17時

料金:大人:1,000円 小人:600円(小学生以上、中学生以下)

駐車場:あり

公式HP:飛騨高山まつりの森

 

春の高山祭(山王祭)について

 

春の高山祭(山王祭)は日枝神社の祭礼で、毎年4月14日・15日に開催され、櫻山八幡宮の祭礼である秋の高山祭(八幡祭)と合わせて、高山祭と総称されています

 

京都の祇園祭、埼玉県の秩父夜祭と並んで、日本三大美祭の1つ、日本三大曳山祭の1つに数えられているんですよ。

 

さらに高山祭は、屋台が重要有形民俗文化財、屋台行事そのものが重要無形民俗文化財に指定されています。同じ行事に関連して国の重要有形・重要無形文化財の双方に指定されているのは全国でも5件のみ。そのうちの1つなんです。

 

祭の発祥は、飛騨の領国大名、金森氏の時代(1585年~1692年)ごろといわれ、屋台の起こりは1718年ごろといわれています。

 

屋台は「動く陽明門(おびただしい数の彫刻で覆われている、日光東照宮の門)」と称され、春に12基、秋に11基が曳き揃えられて、その豪華絢爛な姿を毎年披露しています。

 

桜と屋台の美しいコラボ

高山祭

 

【関連記事】

飛騨古川祭りの日程時間と見どころ。駐車場や臨時列車情報

犬山祭の日程や駐車場情報。スケジュールや屋台の時間帯

長浜曳山まつりの日程やスケジュール。駐車場や交通規制

信玄公祭りの日程とゲスト。駐車場や交通規制は?

 

高山祭春(山王祭)の日程、スケジュールなどについてご紹介いたしました。

 

春の高山祭はちょうど高山市街に桜の花が咲く季節。

 

飛騨高山の人々の心意気が集約された屋台は、まるで鎧のように隙がなく、そして華麗です。

満開の桜と豪華絢爛な屋台は、まるで錦絵のようにそれはそれは美しいものです。

 

屋台一台ごとに異なる彫刻の見事さや工芸の美。山王祭はなんど見ても飽きません。

そのため国内外から毎年多くの人々が訪れます。

 

京の雅と江戸の粋が交じった、独特の文化で形成された土地で、実に情緒豊かな街。

今年の春は、是非、岐阜県高山市の高山祭へ遊びに行ってみてくださいね!