季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

*

正月事始めはいつ?由来は?煤払い、松迎えの意味について。

「正月事始め」という言葉を聞いたことがありますか?

昔からある風習なのですが、最近では行われる場所が少なくなってきているようです。

 

でもニュースなどでは取り上げられたりしているので、そのお話をしたら「それなら知っている」と言われるかもしれません。

 

それでは「正月事始め」について由来やそれにかかわる風習などについてお話していきたいと思います。

・正月事始めとは?いつのこと?
・正月事始めの由来は?
・煤払いとは?必要な道具や掃除の仕方は?
・松迎えとは?どんな意味?

 

Sponsored Link

正月事始めとは?いつのこと?

花 黒
「正月事始め」は「しょうがつことはじめ」と読みます。

何をする日かというとお正月を迎えるためにいろいろと準備をするのを始める日のことです。

 

「煤払い(すすはらい)」「松迎え」という事などは、正月事始めの日に行います。

現在は毎年12月13日に行われます。

 

正月事始めの由来は?

神社 しめ縄
平安時代の昔から江戸時代のはじめ頃まで宣明暦の二十八宿という占いが長く使われていたようです。

この二十八宿で「鬼宿日(きしゅくび)」という日がとても良き日とされていたそうです。

この日は結婚式以外行われることはすべて大吉といわれていて、それならば年神様をお迎えする日としてはよいのではないでしょうか、ということで12月13日に正月事始めの日となってのが由来です。

そもそも正月とは新しい年神様をお迎えして祝う行事ですから、その準備をするにも縁起の良い日を選んだわけですね。

 


Sponsored Link

煤払いとは?必要な道具や掃除の仕方は?

煤払い 掃除

 

煤払いとは?

新年に年神様をお迎えするために、1年の間にたまった汚れなどを払い、また清めることが「煤払い」です。「煤」と言っても今の若い方はわかりづらいかもしれませんね。

 

昔はお台所や暖を取るための道具(ストーブみたいなものです)は薪や炭を使っていたのです。

そうすると家の隅のほうに黒い煤ができます。

 

それが一年分の煤となると大変なことですから、「煤払い」をしてきれいにしようという由来からおこなわれているようです。

現代では薪や炭を使うところも少なくなったので、こういう行事をするところも数えるほどになってきましたね。

 

今よく見かけるとしたら、ニュースなどで年末の行事としてお寺の「煤払い」の様子が良く伝えられていますが、それが正月事始めの日に行われる「煤払い」です。

 

必要な道具や掃除の仕方は?

神社など天井の高いところなどは「煤梵天」といって竹竿の先に藁を付けたものをもって「煤払い」をします。

 

一般家庭では煤などはないのでホコリ取りということになりますね。

掃除のときに使うハタキなどで隅のホコリを丁寧に叩き落とします。

 

また神棚などは和紙などでそっとぬぐってホコリ取りをします。

 

松迎えとは?どんな意味?

門松 お正月
門松に使う松や、おせちやお雑煮などの料理を用意するための薪などを、お正月に必要とされる木々を山へ行って取りに行く習慣があります。

 

これを「松迎え」といいます。12月28日までに松を集めるようです。

 

ではなぜ門松が松でないとだめなのかご存知ですか?

松は「祀る」(神としてあがめ安置する)という言葉が語源となっているようで、神聖な儀式には欠かせない木となっていたのです。

 

それで年神様のお迎えの入り口に置くわけですから松の木が使われるようになった、という由来があるようです。

門松は平安の時代からあったのですから歴史がありますね。

 

その他に正月事始めにする行事は?

芸妓さん 舞妓さん

・関西ではこの日からお歳暮を贈り始めます。
・京都では芸妓さんや舞妓さんが、お茶屋さんや芸の師匠のところに行って「お世話になりました、来年もよろしくお願いします」という意味を込めてご挨拶に行きます。
・日にちは12月8日に行われますが、針供養も正月事始めの一つの行事といわれています。

 

正月事始めは師走の大事な行事ですね。

お正月 煤払い

 

【関連記事】
正月飾りを玄関に飾る時期や飾り方。位置や付け方。場所は?
門松の飾り方。雄松雌松の左右の位置。玄関の飾る場所は?
しめ飾りの意味。飾る期間は?飾り方の向きや場所は?
お正月の神棚の飾り方や期間。お供え物やしめ縄はいつまで?
鏡餅を飾る由来。橙(みかん)や干し柿の意味は?処分の仕方は?

年の瀬の意味や語源とは?使い方や挨拶の例文。ビジネスは?

師走の意味は?由来はお坊さん?時候の挨拶の使い方と例文。
昔から日本人は縁起のいい日をとても重んじます。

お正月の準備をするのもよい日から始めるというのもうなずけますね。

こういう慣習はちゃんとした「いわれ」があり長い年月それが守られてきました。

 

現在では環境など違うので簡単に済ます傾向もありますが、特に縁起物についてはどうしてこの行事が行われるようになったか、意味を理解して行うのも大事なことではないでしょうか。

 

師走は何かと忙しいですが大掃除をするとき、この「正月事始め」のことを思い出していただけたら幸いです。