季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

正月飾りの処分方法。時期は?自宅や神社での処分の仕方

正月飾りって毎年準備されてますでしょうか。

 

一口に正月飾りといってもいろいろありますよね。

お正月をお祝いするために、お家のなかや玄関先などに飾るもの。

 

しめ縄や門松、鏡餅などがよく目にするものなのではないでしょうか。

 

行きはよいよい・・・ではないですが、準備するのはよくても、実際あまり詳しく知らないのがその処分方法。

 

今回は正月飾りの処分方法についての疑問を解決していきたいと思います。

 

・正月飾りを処分する時期は?
・正月飾りを神社で処分する方法は?
・正月飾りは自宅で処分してもいいの?注意点は?
・正月飾りは毎年使い回しても大丈夫?

 

Sponsored Link

正月飾りを処分する時期は?

 

正月飾りの処分するにあたって、迷うのは正月飾りを処分する時期

 

でも、迷うのはある意味正解なんです。

 

なぜなら、正月飾りを処分する時期や外す時期はどの正月飾りを処分するのかという事や、住んでいる地域によって違いがあるから

 

ですが一般的に言われるのが、歳神様がいらっしゃる松の内の時期は飾っておく。

というもの。

 

でもこの松の内の時期も、もともとは1月15日までだったのですが、近年では七草粥を食べる1月7日までとされることが多いようなのです。

 

これは迷うのも仕方ないですよね。

なので、正月飾りごとに処分に適した時期をまとめてみました!

 

門松・しめ飾り

の内を過ぎてから。

1月7日ないし1月15日とする地域がほとんど。

 

鏡餅

開きとされる1月11日に無病息災を願って食べる。

 

*他にも正月飾りを1月20日の「二十日正月」まで飾るという地域もあるようです。

そういった地域は1月20日を過ぎてから処分しましょう。

 


Sponsored Link

正月飾りを神社で処分する方法は?

 

正月飾りの処分方法も気になるところだと思います。

 

歳神様をお迎えし終わった正月飾りは、多くの人が神社に処分を委ねます。

 

確かに、なんという行事だったかまでは覚えていませんが、幼いころに近所の神社に正月飾りを持っていった記憶があります。

 

神社に持参された正月飾りは、一般的にどんど焼きやお炊き上げという方法で処分されます。

どんど焼きやお焚き上げは火の神の力によって天界へ歳神様をお還しするという意味があります。

 

想いの込められた神事なので、なるべく神社に持って行って処分してあげたいと思うところです。

 


Sponsored Link

正月飾りは自宅で処分してもいいの?注意点は?

 

とはいっても、どんど焼きやお焚き上げをやっている神社が近くにあるとも限らないですし、各家庭の事情でタイミングよく参加できるとも限りませんよね。

 

そんな時に自宅で処分できたら・・って思いますよね。

 

正月飾りの自宅での処分。

実はきちんとした方法をとりさえすればOKなんです。

 

注意する点はいくつかありますので、ご紹介しますね。

 

正月飾りを自宅で処分する際の注意点

・お清めをする

正月飾りを包めるような大きめの紙を用意し、正月飾りを並べます。

その上に少量のお塩やお酒をふりかけ、お清めをします。

 

お清めをし終わったらその紙で包みます。

 

・ほかのごみとは別のゴミ袋に入れる

普通のごみとは一緒にせずに単独で入れる袋を用意しましょう。

 

・袋の上から再度お清めをする

歳神様への感謝の気持ちを込めながらもう一度お清めをしましょう。

以上を行ったら、自治体の指示に従って一般ごみとして出します

 

正月飾りは毎年使い回しても大丈夫?

 

近頃の正月飾りは、とってもオシャレでかわいいものが多いですよね。

 

傷んでもいないし、お値段もそこそこしたし・・・。

何より気に入って買ったものだから、来年も使っちゃダメかしら?なんて思ったことないでしょうか。

 

確かに、処分をためらってしまう事も増えてきました。

実際、きちんと保管して毎年使っているという方もいるようです。

 

しかし個人的には縁起物のリサイクルはしないでおきたいな~と思います。

保管に自信がないというのもありますが^^;

 

神様は、清潔な場所を好んでやってくると言われていますからね。

私のように保管に自信のない方にはあまりおすすめできません。

 

気がついたらカビや染みができていたなんてことになったら、それこそ罰当たりのような申し訳ない気持ちになってしまいますよね。

 

毎年、歳神様をお迎えするために、しいものを用意するほうが好ましいと言えるでしょう。

 

正月飾りの処分方法はこれでばっちり!

 

【関連記事】

正月飾りを玄関に飾る時期や飾り方。位置や付け方。場所は?

正月飾りを手作りで簡単に作る方法。子ども、高齢者におすすめ!

お正月の神棚の飾り方や期間。お供え物やしめ縄はいつまで?

しめ飾りの作り方と処分方法。簡単に手作りする方法は?

しめ飾りの意味。飾る期間は?飾り方の向きや場所は?

鏡餅はいつからいつまで飾るの?飾る場所や飾り方

 

いかがでしたでしょうか。

月飾りの処分方法についてまとめさせていただきました。

 

お正月を華やかにしてくれるだけでなく、歳神様を迎えるという重要な役割を果たしてくれる正月飾り。

 

まずは時期を守って、処分方法も確認することから始めましょう。

 

飾るときはもちろんですが、一年の始まりの最初に行う行事ですから処分するときもありがたい気持ちを持って行いたいものですね。


Sponsored Link