季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

*

菖蒲湯の由来と効能。こどもの日に入る意味や入り方は?

こどもの日には、菖蒲湯の為の菖蒲が売られていますね。

 

菖蒲湯は日本の風物詩ですが、なぜこどもの日に菖蒲湯に入る習慣が出来たのでしょうか?

 

今回は、菖蒲湯の由来と共に、菖蒲湯の効能についても詳しくまとめています。

 

・菖蒲湯の由来とは?こどもの日に入る意味は?
・菖蒲湯の効能は?どんな効果があるの?
・菖蒲湯の入り方は?頭に巻くと頭が良くなる?
・菖蒲湯以外の菖蒲の楽しみ方は?

 

Sponsored Link

菖蒲湯の由来とは?こどもの日に入る意味は?

 

菖蒲湯の起源は、中国にあります。

 

中国には5月5日の端午節に、よもぎで作った人形を飾ったり、菖蒲の葉を玄関や門に飾ったり、菖蒲酒を飲んだりして、厄を祓う習慣がありました。

 

なぜ5月5日におこなったのかというと、急に暑くなるのがこの時期だからです。

 

昔は急に暑くなると、病気にかかりやすく、亡くなる人が多かったようです。

その為、5月を『毒月』と呼び、厄除け・毒除けをする意味で香りの強い菖蒲やヨモギ・ガジュマロの葉を門に刺して、厄除けをしたのです。

 

この習慣が奈良時代に日本に伝わると、宮中で菖蒲を吊るす習慣が定着しました。

 

 

菖蒲湯に浸かる習慣は江戸時代からと言われていますが、その理由については諸説あります。

もともと日本にあった、田の神を迎えるための禊の習慣と合わさって菖蒲湯に入る習慣になったという説と、

 

端午の節句や武士の出陣前に武運長久を願って湯に浸かったことが起源という説が主な説です。

 

つまり、“こどもの日”だから菖蒲湯に入るのではなく、端午の節句”だから菖蒲湯に入るのですね。

 

菖蒲湯の効能は?どんな効果があるの?

 

まず、菖蒲湯で使う菖蒲はサトイモ科の植物です。

たまにアヤメ科の花菖蒲を売っている花屋もあるので、一応確認した方がいいかもしれません。

 

では、菖蒲の効能についてまとめていきましょう。

 

菖蒲湯に使うのは葉の部分ですが、実は葉よりも、根茎部分の方がアザロン・オイゲノールなどの精油成分が多く含まれています。

その精油成分が、菖蒲の独特の香りの元なのです。

 

本来菖蒲湯は、香りで邪気を払う為の習慣なので、根茎の部分が手に入るならぜひ一緒に使いたいものです。

 

具体的な効能としては、

・血行促進 ・腰痛 ・神経痛 ・冷え性 ・筋肉痛 ・リュウマチ ・肩こり

・保湿効果 ・リラックス効果

などが、主な効能とされています。

 

 

ところで、スーパーなどで菖蒲を購入すると「よもぎ」もついてくる場合があります。

 

この「よもぎ」にも効能がありますので、ぜひ湯船に入れて下さいね。

 

具体的には、・保湿効果 ・血行促進 ・肩こりに効果が期待できるとされています。

 

ただし、よもぎ湯には陣痛作用があるので、妊娠中の人は「よもぎ」は使わないようにしてください。

 


Sponsored Link

菖蒲湯の入り方は?頭に巻くと頭が良くなる?

 

菖蒲は、香りが強いのは「葉」ですが、効能が得やすいのは「」「」の部分です。

 

根は手に入りにくいので、せめて茎は活用したいものです。

茎は切り取らずに葉と一緒に使いましょうね。

 

では、菖蒲湯の入り方を紹介します。

①菖蒲を10本程度束ねる

②空の浴槽に①の菖蒲を入れる

③少し高めの42~43℃くらいのお湯を入れる

④適度に冷ましながら、成分が湯に馴染むのを待つ

この方法が一番手軽な方法です。

 

 

菖蒲の葉で肌を切るのが心配な人や、もっと精油成分を抽出したい場合の方法もご紹介しましょう。

①菖蒲の葉を包丁で細かく刻む

②布袋(パック)などで包み、洗面器に入れる

③上から熱湯注ぎ、10分間浸ける

④抽出したエキスを浴槽に入れる

 

菖蒲湯につかりながら菖蒲の葉をはちまきのように頭に巻くと、頭がよくなると言われています。

また、お腹にまくと健康になるという話もあります。

 

どちらも、菖蒲に含まれている葉油が直接肌に触れると血液の循環が更に活発になることから始まったおまじないだと思われます。

 

菖蒲湯以外の菖蒲の楽しみ方は?

菖蒲酒

 

菖蒲酒の作り方は簡単です。

 

本当は根部分を刻んでお酒に浸けると解毒作用があって一番いいのですが、葉を使います。

 

葉にも、食欲増進と疲労回復、血行促進に効果があると言われています。

 

菖蒲の葉を2センチ程度に刻んで、お酒に30分程漬けておくだけです。

香りが移って、リラックス効果も得られます。

 

菖蒲枕

 

本来は、菖蒲を編んで枕を作って5月4日の夜に使用するのですが、編むのは大変ですし菖蒲の葉も大量に必要です。

 

そこで、の下に菖蒲を敷いて寝るのが一般的です。

 

枕の下にひくと、シーツや枕が汚れそう・・・という場合は、枕元に飾るだけでも香りは楽しめますね。

 

こうして菖蒲枕に使った菖蒲は、5月5日の端午の節句に菖蒲湯として使います。

 

ぜひ、菖蒲湯を楽しんで。

 

【関連記事】

子供の日菖蒲湯の由来と効能。作り方や入り方は?

こどもの日の由来。鯉のぼりや兜の意味。柏餅や菖蒲湯は?

五月人形(兜飾り)の上手な飾り方。三段飾り、平飾りの場所や方角

鯉のぼりの由来。歌詞や色の意味。吹き流しとは?歴史は?

 

今回は、菖蒲湯の由来と、菖蒲湯の効能についてでした。

 

中国から伝来した、厄払いの習慣が元になっていることが分かりましたね。

 

菖蒲の香りには、リラックス効果だけでなく、血行促進や腰痛・神経痛など色々と効能があることも分かりました。

 

菖蒲湯は、楽しむ為にそれ程手間がかからないので、ぜひ試してみてくださいね。


Sponsored Link