季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

しゃっくりの原因。止まらない理由は病気やストレス?食べ過ぎ?

突然始まる「しゃっくり」。

 

困りますねぇ〜。もしそこがし〜んとまり返った場所なら?

 

授業中に…レストランで…会議中に…映画館で…。

(今まで映画の上映中にしゃっくりした人にお目にかかったことはありませんが^ ^)

 

 

「ヒック!!」と静寂を破る甲高い音(?)。

 

恥ずかしいけどどうにもできない。しかもいつ止まるとも知れず連続で出てしまう、何とも厄介な代物です。

 

 

子どもの頃、「どうしてしゃっくりって出るの?」と大人に聞いた事があります。

 

すると「この辺に横隔膜っていうのがあって、そこがケイレンを起こしちゃって…」とかなんとか説明された記憶があります。

 

やはり子ども心にも突然とび出す「しゃっくり」という現象は不思議だったんですよね。

 

 

そこで今回はそんな不思議なしゃっくりの原因や、なかなか止まらない理由などについてご紹介していきたいと思います。

 

・しゃっくりはなぜ起こる?原因は?
・しゃっくりがよく起こる原因は?対策方法は?
・しゃっくりがなかなか止まらない原因は病気?
・しゃっくりの継続時間。どれくらい続いたら病院へ行くべき?
・しゃっくりは身体からのアラーム

 

Sponsored Link

しゃっくりはなぜ起こる?原因は?

 

「しゃっくり」の原因は一体何なのでしょう?

 

 

しゃっくりは何らかの原因で隔膜がケイレンして起こります

 

横隔膜はちょうど溝落ちのあたりにあり、お腹と肺を隔てている筋肉のことです。

 

ここがケイレンすると声帯の筋肉が収縮し、息が通る時に「ヒック」という音がするのです。

 

 

原因は幾つかあります。

*早食いや大食いによって胃炎や胃拡張を起こしてしまったため

*精神的なストレス

*薬の副作用 など。

 


Sponsored Link

しゃっくりがよく起こる原因は?対策方法は?

 

しゃっくりをよく起こす人は、まずは生活習慣に問題があるかもしれません。

 

 

以下のようなことはありませんか?

・暴飲暴食をよくする

・アルコールをよく飲む

・辛い食べ物が好き

・炭酸飲料をよく飲む

・食べるスピードが早い

・ストレスを抱えている

・喫煙している

・大声で笑う  などなど。

 

これら全てが必ずしも原因になるということではありませんが、可能性は高いと言えます。

 

 

実際しゃっくりが起きる原因として、

 

食べ物と一緒に空気がたくさん体内に入る(早食いの人に多い)、炭酸飲料を飲んだ時に胃が膨らんで横隔膜に刺激を与える、笑った時に横隔膜が刺激されケイレンを起こす。。。などということが考えられます。

 

 

対策としては、昔ながらの方法も色々ありますね。

1.びっくりさせる(誰かにワッ!と驚かしてもらう)

2.鼻をつまんで水を飲む

3.息を思い切り吸い込み、10秒くらい止めた後時間をかけてゆっくり吐く

4.耳に指を入れて30秒くらいそのままにした後、一気に指を引き抜く など。

 

試してみた方法が一つはあるのではないでしょうか?どちらにせよ無理のない方法で行うようにしてくださいね。

 


Sponsored Link

しゃっくりがなかなか止まらない原因は病気?

 

たかが「しゃっくり」でしょ。ほっときゃそのうち止まるよ。などと軽く考えている人も多いかと思います。

 

ごくたま〜にしか出ない「しゃっくり」で、すぐに止まるならそんなに心配する必要もないかもしれません。

 

 

しかし、なかなか止まらず何日も続いてしまったり、頻繁に「しゃっくり」をするようなら?実は、〜い病気が隠れている場合もあるんです(゚o゚;;

 

 

—しゃっくりの種類—

*横隔膜が直接刺激されて起こるもの

胃ガンや食道ガンなどの消化管腫瘍、消化管の炎症

 

*消化管の刺激によるもの

暴飲暴食、刺激物の摂取など

 

*中枢性しゃっくり

中枢神経が刺激されて起こる

アルコール中毒、脳腫瘍、脳血管障害など

 

*末梢性しゃっくり

肺炎、胸膜炎、気管支喘息など

 

 

どうですか?ちょっと難しい専門用語も出てきましたが、見ただけでも恐い病気が揃っていますよね(・・;)

 

しゃっくりがなかなか止まらない場合は、ただのしゃっくりと思わずに少し原因を見つめたほうがいいかもしれません

 

しゃっくりの継続時間。どれくらい続いたら病院へ行くべき?

 

では普通の「しゃっくり」と、病気かもしれない「しゃっくり」をどうやって見分けたら良いのでしょうか?

 

通常しゃっくりは数分から数時間で止まります

 

この場合は、一時的に横隔膜が刺激されてケイレンを起こしているだけということが考えられるので、そんなに心配する必要はないかもしれません。

 

 

しかし「しゃっくり」が数日続き、なかなか止まらないという場合は、上記に挙げた病気が原因ということも考えられるので、病院を受診することをお勧めします。

 

たとえ数日続いていなくても何かいつもと感じが違うとか、「しゃっくり」と同時に他の症状もあるとか、これは変だぞ?と思ったらすぐに病院を受診してみる事が望ましいですね

 

 

人ではわからない病気が潜んでいるかもしれませんからね。

 

しゃっくりは身体からのアラーム

 

【関連記事】

しゃっくりの止め方。人差し指を耳に入れる方法や水の飲み方。

赤ちゃんのしゃっくりの止め方。原因は?止まらない時の対処法。

 

しゃっくり」って結構しんどいですよね?

 

まともに喋ることもできないし、周りに気を遣うし、長時間だと何より自分自身の身体もかなり辛くなります。

 

「しゃっくり」が長引けば、食事もきちんと摂れないどころか睡眠にも影響が出てくるでしょう。

 

いくら何でもここまでなっては周りも心配するし、病院へ行ってみるでしょうが、数分〜1時間くらいで止まるしゃっくりならさほど気にしない人も多のではないでしょうか。

 

 

でも、ちょっと考えてみてください。

 

しゃっくりは“何かしらの要因によって横隔膜が刺激されて起こる”のですから、身体がラームを発信しているのかも!?

 

身体のためには「しゃっくり」が出てから対処するより、「しゃっくり」が出ないように対策する方がいいですよね?場所を選ばず突然出る「しゃっくり」は厄介ですから。

 

 

「しゃっくり」が出てしまったら、食事の仕方やストレスなど、自身の生活習慣を見直すキッカケにしてみるのもいいかもしれませんね。


Sponsored Link