季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

スギ花粉症シダトレンの効果と価格。舌下免疫療法の副作用は?

そろそろ花粉症が気になるシーズンが近づいていますね。

 

今回はスギ花粉症の新しい治療薬として有名になりつつある、”舐める”治療薬「シダトレン」についてのご紹介をさせていただきます。

 

名前だけは知ってるけれど、どんなものか分からなくて手が出せない…という方は、是非参考にどうぞ。

 

 

シダトレンは舌下免疫療法(ぜっかめんえきりょうほう)と呼ばれる治療法に使う治療薬で、スギ花粉を含むこの薬液を摂取する(舌に薬液として垂らす)ことで、花粉症に免疫をつけていこうというやり方になります。

 

体質自体を変えていく治療法なので、長期的な改善が見込めるのがポイントです。

 

 

シダトレンは2014年の10月から販売されたばかりで、まだ情報もあまり広まってはいない治療薬です。

 

毎年注射で押さえているけど、花粉症を根本から治したいという方も多くいると思います。そういった方は今回の記事を調べて、是非シダトレンを検討して見てはいかがでしょうか。

 

・花粉症治療薬シダトレンの効果や副作用は?また治療内容は?
・治療期間の費用は?シダトレン取扱い病院は?
・花粉症治療薬シダトレンは子供や妊婦でも大丈夫?

 

上記のテーマに沿って書いていきたいと思います。

 

Sponsored Link

シダトレンの効果は?治療はどう受けられる?

シダトレン

出典:http://meguro-heartclinic.com

 

シダトレンは花粉症の治療法としては少々特殊で、病院に行ってお願いするだけでは治療を受けることができません。

 

検査も必要であり、また治療期間が人によってまちまちであることもあります。そんなシダトレンの基本的な情報から、まずはご紹介致します。

 


Sponsored Link

花粉症治療薬「シダトレン」の効果や副作用は?また治療内容は?

 

シダトレンの効果ですが、こちらは受診した方のうち8割が症状を改善できたという報告があげられています。

 

シダトレンは定期的にアレルゲン物質を摂取して体を治す治療法なので、数年単位の治療期間を必要としますが、早い人では三か月や半年ほどで効果が現れるようです。

 

但しアレルギーの元を取り込んでの治療なので、口内炎や頭痛、喉の痒みにくしゃみなどアレルギー反応が副作用として出ることがあります。

 

また、ごくごく稀ですがアナフィラキシーショックの可能性もありますが、こちらは最初の受診時に検査を済ませますので、治療途中での発症はほぼ有り得ません。

 

花粉症

 

 

またシダトレンはスギ花粉に対しての治療薬であり、他のアレルギー症状をお持ちの場合はそちらに対しての改善は現れません。

 

スギ花粉症に悩んでおり、一番ひどいアレルギー症状を起こす対象がスギ花粉である方のみシダトレンの使用対象者となります。

 

シダトレンによる治療内容は、まず検査を受けて服用に問題なしと判断された後、1,2か月に一度の通院をしながら薬をもらいます。

 

薬は舌下に数滴垂らしてから2分間貯めて飲み込みます。処方後5分間うがいや食事を避けるくらいで、治療内容は非常に簡単です。

 


Sponsored Link

治療期間に費用は?シダトレン取扱い病院は?

 

シダトレンによるスギ花粉症の治療は、大体3~5年間かかるものとされています。

 

またそれだけの年月をかけても効能が出ない場合もあり、現状受診された方の中では2割程効果がなかったと報告があがっています。受ける場合は、以上の点も事前に考えておく必要がありそうですね。

 

費用は一か月分で2,000円越えない程度で、年間23,000円程の負担になります。

 

治療薬の値段としては比較的お手頃な価格なので、これからスギ花粉症の治療にシダトレンを始めてみようと思う方にとっては、負担が軽いのは有り難い点ですね。

 

 

シダトレン取扱い病院は、各地域ごとで取りまとめられたHP等が公開されています。

 

治療可能期間は5月~12月(花粉症シーズンは治療不可)なので、お近くの病院を今のうちに探しておくといいですね。東京にあるシダトレン治療の対応可能病院はこちらにまとめられています。

 

花粉症治療薬シダトレンは子供や妊婦でも大丈夫?

ここまでご紹介したシダトレンですが、服用が可能とされる年齢制限や、高齢・妊娠中でも花粉症の治療にシダトレンを摂取しても大丈夫か気になるところですね。

 

シダトレンの実情を知った上で、シダトレンが花粉症治療にもたらすメリット・デメリットについても知っていきましょう。

 

シダトレンによる治療を受けられるのはどんな人?

 

シダトレンによる治療が受けられるのは、13歳から65歳までと適応年齢が定められています。

 

但し65歳を越えていても、健康状態が良好であれば治療を受けられる可能性があります。ですが12歳未満は治療が適応されない為、該当される方は別の治療法を検討する必要があります。

 

妊娠中及び授乳中の場合、投与に関する安全性が確立されていない為、こちらも花粉症治療にシダトレンを用いるのは推奨されていません。

 

但し妊娠発覚前から治療を受けておりその後妊娠となった場合は、医師の判断次第では継続が可能となるケースも存在します。

 

 

他にシダトレン治療が受けられないケースとして、ダニの舌下免疫療法薬である「ミティキュア」、「アシテア」を服用している場合があります。

 

舌下免疫療法薬はアレルゲンを摂取する治療なので、違うタイプの薬を併用できません。該当される方はどちらの治療を優先するべきかを検討してお選び下さい。

 

シダトレンを使う際のメリット・デメリットとは?

シダトレン

出典:http://www7a.biglobe.ne.jp/SuzunokiCC

 

まずメリットからご紹介します。

 

一番はやはり、花粉症という症状そのものを完治させることができる、という点になります。

 

花粉の症状を抑えるだけの投薬や注射となると毎年の治療が必要になりますが、シダトレンなら効果が出れば、5年程度には花粉症そのものから解放されるのが何よりのメリットでしょう。

 

もう一つの点は治療内容が手軽であること。

 

シダトレンを口内に溜めてから飲み込むだけという内容なので、検査と初回の治療を終えれば一か月に一度薬をもらって飲むだけで済む手軽さです。

 

ちなみに味は少し刺激のある甘い味で、飲み込むのに苦労するようなことはありません。

 

 

デメリット検査をまずクリアする必要がある事。

 

アナフィラキシーの可能性等も考えられるので、シダトレンを摂取しても問題のない体かどうかが判明してからでないと治療を受けられないという点があります。

 

また治療を開始してもすぐには効果が出ない為、すぐに症状を止めたい方向きではありません。

 

もう一つのデメリットが長い治療期間の割に、100%の効果が期待できるわけではないことです。

 

体をアレルゲンに慣らす治療の為、最低2年長くて5年はかかります。また中断したら最初からやり直しになります。ここまでして完治3割、一部回復5割、結果出ず2割という点も注意したいところです。

 

 

【関連記事】

花粉症の時期はいつからいつまで?種類やピーク

スギ花粉の時期はいつからいつまで?飛散状況やピーク

 

シダトレンについて取り上げた本記事はいかがでしたでしょうか?

 

まだまだ改善の余地もあり不安定な部分も見受けられるシダトレンですが、それでも8割の方はその効果を強く実感しており、また効能があったという報告量もじわじわと増しております。

 

薬を飲み続けたり、注射をし続けたり、酷い場合は神経の切断も必要になる花粉症を、舐めるだけの薬で完治できる可能性があることを考えると、多少不安な点があってもシダトレンの可能性にはかけてみたいものがありますね。

 

シダトレン治療が受けられるシーズンまでちょうど時間もあるタイミング、最寄りのシダトレン治療対応可能病院も調べながら、是非一度受診を考えてみてはいかがでしょうか。


Sponsored Link