季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

白河市だるま市2017の日程やアクセス情報!駐車場や混雑は?

福島県、白河市だるま市

 

かつて奥州三関の1つ、白河の関が置かれ、みちのくの玄関口として知られる白河市で、この時期、白河市だるま市が開かれます。

 

300年以上の歴史をもつこのお祭りは、例年700軒以上の露店が立ち並び、15万人以上の観光客が訪れる、みちのくの春を告げるお祭りです。

 

今回は、この白河市だるま市の2017の日程や見どころなどについて、下記の内容でご紹介していきます!

 

・白河市だるま市2017の日程は?
・白河市だるま市とは?
・白河市だるま市の見どころは?白河だるまとは?
・白河市だるま市のアクセス方法と駐車場情報
・白河市だるま市の寄り道情報

 

Sponsored Link

白河市だるま市2017の日程は?

 

日程2016年2月11日 (毎年同日固定) 時間9時~19時30分
場所:福島県白河市天神町

   中町、本町(目抜き通り)

問い合わせ:白河観光物産協会

      0248-22-1147

 


Sponsored Link

白河市だるま市とは?

白河だるま市

出典:http://shirakawa315.com/

 

白河では鎌倉期の頃から、「花市」と呼ばれる祖先のお墓にお供えする造花の市が開かれていました。

 

今から約300年前(江戸時代)に時の白河城主松平定信が、城下の繁栄をはかって「だるま」の制作技術を習得させ、旧正月の14日を縁日として大手門前に花市を張らせ、花と一緒にだるまを売らせたのが始まりとされています。

 

出典:www.minyu-net.com

出典:www.minyu-net.com

 

花市は次第に、だるまの方が有名になって、「だるま市」として広く庶民に愛されるようになって現在に至ります。

 

現在では本町から天神町に至る市内の目抜き通りを中心におよそ700軒もの露店が立ち並び、15万人を超える観光客が、だるまを買い求めに全国からやって来るようになりました。

 

 


Sponsored Link

白河市だるま市の見どころは?

だるま

だるま

だるま

出典:http://rakuras.cocolog-nifty.com/

白河市だるま市のみどころは、何といっても700軒以上も立ち並ぶ露店です。

 

その中でもやっぱりメインはだるまでしょう。

白河だるまの販売店は赤い地に白字ののぼりが目印。

 

だるまを購入する際は、ちょっぴり値切ると縁起が良いと言われていますので、恥ずかしがらずに値切ってみましょう。

ただし、お店の人が困らないように、常識の範囲でお願いしますね。

 

露店

露店

出典:mujina.txt-nifty.com

出典:mujina.txt-nifty.com

露店はもちろん「だるま」だけではありません。

白河市だるま市では定番の飲食店はもとより、実にユニークが露店が数多く出店されています。ここでは少しだけご紹介しておきますね。

縁起物 だるま、福熊手、福ざる、まねき猫、造花、神棚
飲食物 ほしいも、焼きはるさめ、おやき、いわし、ドネルサンド

珍味、シャービン、きりたんぽ、だるま最中、餃子ドッグ

その他 福袋、かめすくい、植木、刃物、木工品

 

どんど焼き

どんど焼き

どんど焼

出典:http://rakuras.cocolog-nifty.com/

露店を十分に堪能したら、どんど焼きを見に行きましょう。

 

どんど焼きは天神神社会場と本町会場の2ヵ所で実施されていますが、天神神社の会場へはおそらく雪道を上ることになりますから、お天気(雪)の具合とご自分の足の履物と相談して下さいね。

 

どんど焼き会場では、お正月飾りとともに、両目を入れられただるま達が役目を終えて、どこか誇らしそうに天へ煙となって上っていく姿を見ることができます。

 

白河ラーメン

白河ラーメン

白河ラーメン

出典:http://shirakawa315.com/

どんど焼きを堪能したところで、休憩がてらに白河市だるま市本部のあるラクラスしらかわ(白河ふるさと回帰支援センター)へ立ち寄ってみましょう。

 

ここでは手作り甲冑展などのイベントのほか、ラーメン部会による「白河ラーメン」が販売されています。ここの白河ラーメンはこの場所、この日しか食べられない限定ラーメン。

 

すっきり醤油味で温かく胃袋を満たしてくれます。1杯500円、限定1000食ですので、露店よりラーメン!という方は先に訪れたほうが良いかも知れませんよ^^

 

白河だるまとは?

鶴亀松竹梅 だるま

 

縁起だるまの白河だるまは、松平定信がお抱え絵師の谷文晁(たにぶんちょう)に描かせた、眉が鶴、髭は亀、あご髭は竹、耳髭に松と梅を図案化した「鶴亀松竹梅」が特徴です。

 

この特徴は庶民に愛された江戸時代当時より変わっていません。

 

白河だるまには18種類の大きさがあって、初市でだるまを買って神棚にお供えし、一族の繁栄を願って毎年1回りずつ大きなだるまに買い換えるのがならわしです。

 

出典:www.minyu-net.com

出典:www.minyu-net.com

 

白いだるまは「開運祈願」、赤いだるまは「厄除け」と「家内安全」の御利益があるとされています。

 

白河だるまは、

1番小さいもので高さ8cmお値段が300円

1番大きなもので高さ55cmお値段17000円

 

値段は昨年のものですが、今年もほぼ変わらないと思います。

 

白河市だるま市のアクセス方法と駐車場情報

  アクセス
  

地図

出典:http://shirakawa315.com/

東北新幹線新白河駅~東北本線白河駅下車 徒歩5分

東北自動車道 白河ICより 白河駅方面へ 約5分

会 場:上図のとおり 駐車場:場所は上図のとおり
駐車台数
白河駅北側臨時駐車場

100台

 市役所

50台

白河総合運動公園臨時駐車場

100台 ほか

交通規制:2月11日8時~21時の間交通規制が敷かれますのでご注意下さい。

詳しくは上図のとおりです。

シャトルバス:白河総合運動公園~白河駅 9時~21時まで10~15分間隔
混雑状況:会場は正午から徐々に混み始めます。15時~16時くらいにピークを迎えます。
公式サイト:白河だるま市

 

駐車場は正午をさかいに、会場より近いところから満車状態になります。白河総合運動公園が比較的穴場ですね。

 

シャトルバスを利用すれば会場まで楽々到着できます^^

 

白河市だるま市の寄り道情報

せっかく白河市へ来たのだから、白河市だるま市の帰りにちょっと寄り道していきませんか?

 

小峰城 所在地:福島県白河市郭内
小峰城
白河駅の北側にあります。日本100名城の1つ。

 

震災後立ち入り禁止になっていましたが、2015年4月に復旧され入城可能になりました。幕末の戊辰戦争では白川口の戦いの場として、激しい戦いが繰り広げられた場所です。

 

 

まほろん(福島文化財センター白河館)

公式サイト:まほろん

 開館時間:9時~17時 入館料:無料

まほろん

出典:http://shirakawa315.com/

福島県内の遺跡から出土した土器や石器を展示しています。親子で楽しめる勾玉作りや火おこし体験ができます。
 

 

きねうち温泉
公式サイト:きねうち温泉
所在地:福島県白河市東釜子狐内47 電 話:0248-34-1126

きねうち温泉

出典:http://kitsune.life.coocan.jp/

アルカリ性単純温泉、源泉掛け流しです。

日帰り入浴大人800円、子供600円でご利用できます。

雪景色の露天風呂はみちのくならでは。館内ではお食事もできます。

 

出典:www.tif.ne.jp

出典:www.tif.ne.jp

 

【関連記事】

高崎市少林山七草大祭だるま市!アクセス・駐車場・日程

深大寺だるま市の日程や時間は?駐車場・混雑・人出

 

福島県白河市だるま市の日程や見どころなどについてご紹介いたしました。

 

まだまだ雪深いみちのくに、春を告げる白河市だるま市。

 

お出かけの際は、足元の雪対策を忘れずにしっかり防寒して行ってくださいね!


Sponsored Link