季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

紫外線の目への影響や病気。日焼けで目が痛い、充血への対策

紫外線って肌にシミをつくるのでしょう?」と心配されている紫外線。

 

紫外線への心配は皮膚への影響だけではありません。意外に思われるかもしれませんが、目にも影響が及んでいます。

 

紫外線は眼病にも影響しているのです。

 

目が痛い!なんだか目が充血している。

こんな症状がでた時には、もしかしたら、その原因は紫外線なのかもしれません。

 

目からも吸収される紫外線から目を守りましょう。

紫外線の影響による目の病気やその対策を探ってみました。

 

・紫外線は目から吸収されるの?目も日焼けする?!
・紫外線による目の病気は?対処法は?
・目への紫外線対策はどうすればよいか

 

Sponsored Link

紫外線は目から吸収されるの?目も日焼けする?!

 

肌にシミを形成する」と嫌がられている紫外線。それはまさにそのとおりですが、紫外線は肌以外にもこんなところに悪影響を及ばせています。

 

どこかというと…。それは。皮膚と同様に、目は紫外線からダメージを受ける対象になっています。なので紫外線は目からも吸収されてしまっています!

 

肌

 

目から侵入した紫外線は、角膜を通じて体の中に伝わり、直接肌からの影響ではなくとも体の中でメラニン色素を形成して、肌の老化を促しているのです。

 

そして肌だけには及ばず、眼病の心配にもつながることになってしまいます。目は皮膚と同様に直接外気に接する体の一部なので、紫外線という外からの影響を受けざるを得ない臓器なのですね。

 

長い時間に、外でスポーツを観戦して目が充血してしまったなどというのは、まさに紫外線で目が日焼けをしてしまったから、といわけです。目が紫外線を吸収して、目に痛みを感じそして充血などをするようになります。

 

 


Sponsored Link

紫外線による目の病気は?対処法は?

 

紫外線が目に及ぼす色々な病気。紫外線はこんな眼病を引き起こしていました。よく耳にする白内障。高齢になったらかかる眼病と思っていましたが、実は紫外線がとっても影響している目の病気でした。

 

これは目の奥の水晶体がくもり、物が見えにくくなる病気ですが、目から入った紫外線がその水晶体に影響を及ぼしていたのです。

 

また角膜に炎症を起こし、強い痛みや充血を伴う電気性眼炎(雪目)も紫外線により目が日焼けして起こる目の病気です。

 

白目の部分が異常に増えてそれが黒目にまで及んでしまう翼状片(よくじょうへん)という病気も紫外線が影響されているといわれています。充血したり、目に痛みがあったりという症状が現われます。

 

目薬

 

紫外線の影響を疑える症状には、まずは「紫外線による炎症や充血」とか「瞳(目)のUVカット」というような表示がされた目薬を使ってみましょう。最近では各メーカーさんから紫外線による症状の目薬が色々出されています。

 

症状を話して薬局で相談するのも、自分の体質にあったよい目薬と出会えることかと思います。それで痛みや充血が改善されない場合は、眼科などの専門医へ相談することをおすすめします。

 


Sponsored Link

目への紫外線対策はどうすればよいか

 

ではどうやって目への紫外線を対処してゆけばよいのでしょうか。

 

目への紫外線対策としてまず、屋外へ出かける時は、レンズがUVカットされているサングラスをかけることがお勧めです。

 

サングラス

 

またレンズの色が濃ければよいということは問題ではありません。人間の目は暗いところでは、瞳孔が開いてしまいたくさんの光を取り入れてしまうので、暗いとそれだけ紫外線を多く取り入れてしまいます。

 

レンズの色が濃いからといってUVカットされているわけではないのです。レンズはあくまでもUVカット使用のものでなければ意味がありません

 

またコンタクトレンズをご使用の方も、今は紫外線防止のUVカット使用のコンタクトレンズがありますので、それを使用することをお勧めします。

 

 

メガネで直接目を守ることのほかに、外出時はつばさのある帽子をかぶったり、日傘をさすなどは、紫外線の目への負担をより軽くすることができます。

 

 

また目への紫外線対策として、日頃、緑黄色野菜などに多く含まれるルテイン、紫外線によってできた活性酸素を取り除いてくれる働きのあるビタミンCやE。

 

そして紫外線をやっつけるパワーとして話題になっているアスタキサンチン(赤い色の魚介類に多く含まれる成分)を摂取することで、体内からも紫外線対策しておきましょう!

 

 

【関連記事】

紫外線アレルギーの症状と治療法。顔のかゆみや目の腫れ対策

紫外線から全身を守る対策グッズまとめ。帽子、服、食べ物など

紫外線対策の帽子の選び方。効果のある色や形は?

紫外線吸収剤とは?成分や肌への影響について

顔のシミを自分(男女)で消す方法。レーザーを使わない取り方は?

 

目も日焼けをする」なんて思いもよらなかったかもしれませんが、目もお肌と同様に紫外線におかされている体の部分。

 

紫外線は目にまで影響を及ぼしていることを頭にいれて、日頃からしっかりとケアをしてあげてくださいね。


Sponsored Link