季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

*

出産内祝い(お返し)両親へ贈るおすすめの品物!相場やのしは?

Sponsored Link

無事出産をおえられ、皆さんからお祝いをいただきました。

 

可愛いベビー服などを始めとして、その心遣いに赤ちゃんの誕生を喜んでもらえたと嬉しい気持ちになります。

 

特におじいちゃん、おばあちゃんとなったご両親にとっても嬉しさ倍増でしょう。

 

そんな気持ちでお祝いをいただいた時には産内祝いとしてお返しをしますが、ちょっと考えてしまうのがご両親への内祝いの仕方についてです。

 

そこで今回、ご両親へ出産内祝いをする時に気遣う点や相場、またメッセージカードについていろいろと調べていきたいと思います。

・両親へ出産内祝い(お返し)は必要?相場はどれくらい?
・両親へ贈る出産内祝い(お返し)おすすめの品物は?
・のしの書き方は?
・両親への手紙(メッセージ)の書き方例文。どんなことを伝えればいい?

 

Sponsored Link

両親へ出産内祝い(お返し)は必要?相場はどれくらい?

出産内祝い 相場

 

ご両親への出産内祝いは必要?

ご両親からお祝いをいただく時に悩んでしまうケースが2点。

 

一つは「孫のためのお祝いだからお返しはいらないわよ。」といわれてしまうことです。

 

そしてもう一つはお祝い金が高額なことです。

 

可愛い孫のために、そして若い夫婦のお財布事情を考えて援助の意味も込めて多くお祝い金をいただくことがあるのですよね。

 

「お返しはいらないから」と言われても、やはりもらいっぱなしという訳にはいかないですよね。

 

金額的にも普通の出産内祝いの相場は半額ほどと言われていますが、そこもちょっと控えめにしたほうが良いかもしれません。

 

出産 ベビー

そこでご両親の立場からして、嬉しいのはお孫さんの顔を見せてもらえることだと思うのです。

 

家が近い場合は、お孫さんを連れていって「いただいたお祝いでこのベビー服を買わせていただきました」と言って、さりげなく出産内祝いを渡すとご両親も受け取ってもらいやすいと思います。

 

また遠方の場合は、「このベビーカーを買わせていただきました」と出産内祝いにベビーカーにのせたお孫さんの写真などを添えると良いかと思います。

 

お祝いをお孫さんのために使わせていただいたというアピールをさり気なくしながら、ご両親に出産内祝いを送るのがよいのではないでしょうか。

 

出産内祝いの相場は?

両親 出産内祝い
ご両親からの出産祝いの相場は5万円~10万円と言われています。

 

そこで半額のお返しをしてしまうとかえって嫌な思いをされてしまうケースが多いようです。

 

そこでここはご両親の気持ちをありがたく受け取り1万円前後のお返しで良いでのはないかと思います。

 

その他にも地域的に出産内祝いの相場みたいなものがありますので、ご兄弟ですでに出産内祝いをされた方がいらっしゃる場合は相談してみるのも良いかもしれません。

 

両親へ贈る出産内祝い(お返し)おすすめの品物は?

お返し 品物
それではご両親への出産内祝いとして送るのにおすすめの品物はどのようなものが良いのでしょうか。

 

出産内祝いには、昔から生まれたお子さんの名前を入れたものが送られることが多かったのです。

それは今も続いているようですね。

 

特にご両親にとってはお孫さんの名前のついたものには感慨もひとしおでしょう。

 

そこで次のような品物はいかがでしょうか。

 

フォトフレーム

いまはお孫さんのプロフィール付きで写真を入れられるフォトフレームが人気のアイテムとなっているようです。

 

ワイン

名入りのワインなどはいかがでしょうか。

 

飲み終わった後も可愛い形のボトルですとインテリアにもなります。

 

バームクーヘン

バームクーヘンはその形から長寿を願ってという思いが込められています。

 

消費してしまうものではありますが、子供の健やかな成長を願ってという意味でもおすすめの一品ではないでしょうか。

 

デジタルフォトフレーム

遠方のご両親には嬉しい品物ではないでしょうか。

 

めったに会えないので日々の成長をこまめに携帯から写真を送ってあげるのは喜ばれると思います。

 


Sponsored Link

のしの書き方は?

のし 書き方
出産内祝いを送る時に品物にはのしが必要となります。

 

紅白の蝶結びの水引となり、表書きは「出産内祝い」となります。

 

下には赤ちゃんの名前を書くことになります。

 

参考までに出産内祝いの時は内のし(包装紙の下にのしをかける)となります。

 

両親への手紙(メッセージ)の書き方例文。どんなことを伝えればいい?

両親 手紙
出産内祝いを送る時は品物だけを送るのはとても味気ないものです。

 

一言でも良いのでメッセージを書いたカードを添えるようにしましょう。

 

そこで何を書いたらよいか簡単ではありますが、例文をご紹介させていただきたいと思います。

 

例文

 

義実家宛

 

この度は○○(子供の名前)の出産に際しお心遣いいただきありがとうございます。

 

頂いたベビーカーに乗せて散歩できるようにならないかと心待ちにしております。

お義父様やお義母様がいらっしゃった時にはぜひ○○(子供の名前)と一緒にお散歩を楽しめたらと思っております。

 

気持ちばかりですが内祝いの品をお送りさせていただきます。

 

自分の実家宛

 

この度は長男○○(子供の名前)の出産に際しお心遣いいただきありがとうございました。

 

出産後もいろいろとお世話になりっぱなしで、でもとても心強かったです。
その時に聞いた私が生まれた時の話など、知らなかったお話が聞けてとても良かったです。

育児が初めてですが○○(子供の名前)を健康で思いやりのある子供に育てられるように頑張りたいと思います。

 

ささやかですが内祝いの品を送りましたのでご笑納ください。

ご両親あてのメッセージですのであまり堅苦しくならなくてよいかと思います。

ただ義実家宛には砕けすぎないように気をつけてくださいね。
またこの時に写真も何枚か入れてあげると喜ばれると思います。

 

出産内祝いは気持ちでお返しを。

出産内祝い 贈る

 

【関連記事】
出産祝いプレゼント相場!女の子男の子にオススメは?熨斗の書き方は?
女の子出産祝いプレゼント!服やおもちゃおすすめは?人気ブランドは?

 

産内祝いについてお話させていただきました。

ご両親への出産内祝いとなると少し勝手が違ってきますね。

 

出産内祝いの品物についてもお話させていただきましたが、一番の贈り物はお孫さんと一緒にお顔を見せに行く事だと思います。

 

初めて寝返りをしたところとかつかまり立ちをしたところなどが一緒に思い出も共有できるのが、一番のお返しになることでしょう。

 

お孫さんのためにというご両親のお心使いに感謝をして出産内祝いを選んで送りましょう。

Sponsored Link