季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

*

散歩効果!効果的な時間帯と歩き方。歩く距離や早さは?場所は?

Sponsored Link

散歩が好きで日課にしている方も多いのではないでしょうか。

 

時間も行く先も決めず、ただのんびりと何時間でも歩けることもあると思います。

 

自然の花や草木に季節を感じたり、綺麗な家や手入れの行き届いた庭を楽しんだり、美味しい空気を堪能して、さまざまな顔を見せる空や雲を写真におさめたり。

 

行き詰まったときに、時間を気にせず散歩をすると、気持ちがリセットする効果もありますね。

 

そんな風に、散歩にはたくさんの楽しみ方や効果があるのです。

健康にも役立つということで、くわしく調べてみました。

 

ぜひ生活に取り入れて、心身の健康と脳の活性化に役立ててくださいね。

・散歩の効果とは?ストレス解消や脳に良い?
・散歩の効果的な時間帯は?早朝や夜中でも良いの?
・散歩時間の長さや早さはどれくらいが効果的?距離や歩数は?
・散歩におすすめの場所は?
・散歩はダイエットにも効果がある?

 

Sponsored Link

散歩の効果とは?ストレス解消や脳に良い?

散歩 効果

 

散歩の効果とは?

健康効果

散歩をすることで少しづつ筋肉量が増えて、基礎代謝があがり、平熱を高く保ちやすくなる。

 

免疫力のアップも期待できる。

 

セロトニンが増え、心と身体が元気になる

日常生活ではストレスを感じることが数多くあります。

 

感情の起伏が激しくなったり、気分が落ち込むことで、不眠やうつ病を発症することも。

うつ病の原因のひとつには、セロトニンという「幸せホルモン」と呼ばれる物質の減少がありますが、散歩をすることで、そのセロトニンを増加することが立証されています。

 

太陽の光を浴びながら、ゆったり5分以上散歩をすると、リラックスして幸せな気持ちになる=セロトニンが活発になり、幸福度があがり、うつ病の治療にも役立つということですね。

 

ストレスの解消や脳に良いのは本当?

自律神経を整えて、ストレス解消ができる

自立神経は、活動時に働く交感神経とリラックスしている時や睡眠時などに働く副交感神経で成り立っています。

 

散歩をすることで、気持ちが休まり、副交感神経の働きが増し、心も身体もリラックスして、ストレス解消につながるのです。

 

脳に良いのは本当?

個人差はありますが、歩き出して20分ほど時間がたつと、体内の血液の循環が良くなり、新鮮な酸素が身体の隅々に行き渡り、脳の前頭葉にも送りこまれます。

 

前頭葉に、新鮮な血液や酸素が送り込まれると、脳にある神経線維が連結され、新たな思考回路が出来上がることが研究で立証されています。

 

散歩の効果的な時間帯は?早朝や夜中でも良いの?

散歩 時間帯

 

最も効果的な時間帯は朝です。

朝、散歩をすることによって、以下のような効果が考えられます。

・朝日を浴びてゆったりと歩くことで、セロトニンが増加しやすい
・時間をある程度決めて散歩することで、体内時計が整い生活にリズムが出る
・代謝があがり、その日の消費カロリーもあがりやすくなる
・自律神経も無理なくスイッチが切り替えられて、やる気が出る

 


Sponsored Link

散歩時間の長さはどれくらいが効果的?距離や歩数はどのくらい?

散歩時間 距離

 

散歩時間や長さどのくらいがいいの?

ライフスタイルや、年齢によっても個人差がありますが、疲れを残さず、無理なく続けられる時間としては、30分程度といわれています。

 

20~30分歩くと、血液や酸素の循環も良くなるので理想的ですね。

 

距離や歩数はどのくらい?

距離や歩数にこだわるよりも、自分に合ったペースで、楽しみながら歩くことが大切です。

大体、1日1万歩くらいを目安に散歩すると良いといわれていますが、いきなりやるよりも少しずつ無理のないペースで増やしていきましょう。

 

また高齢の方であれば、5,000歩~8,000歩程度でも十分です。

万歩計を使うと効果的に歩数が計れますので便利です。

 

スマホにも万歩計の機能がついているので活用しましょう。
付いていない場合でも無料のアプリを利用すればOKです。

 

距離は歩幅によってまちまちなので、距離よりも歩数で計ったほうがそれぞれに合った効果が得られるのでおすすめですよ。

 

散歩におすすめの場所は?

散歩 おすすめ

 

特に決め事はありません。

 

自分の行ったことのない場所や見てみたい風景を目指して、ゆったりと楽しみながら歩くことをおすすめします。

どこでも行きたい場所でいいですが、車や人通りの多い場所は避けましょう。

人通りや自転車、車の往来が多いと危険が増します。

 

また車の排気ガスも体にはよくありませんので、大通り周辺は避けたほうがよいでしょう。

 

また、特に女性の場合で夜に散歩する場合、人通りのない暗い道は危ないので避けましょう。

電灯がついた明るい道で、比較的人通りがあったほうが安心です。

 

散歩はダイエットにも効果がある?

散歩 ダイエット

 

気ままに歩いているだけなので、運動量はないと思われがちですが、実は、ウォーキングと同等のカロリー消費があることがわかっています。

 

歩くことで、少しづつ筋肉も付いていくので、基礎代謝があがり、燃焼しやすい身体がつくられ、ダイエットにも効果がでやすいのでおすすめです。

 

無理に体を動かす必要もないので続けやすいところも魅力ですね。

 

足腰や体に負担がかからないのでとても安全に健康的になることができます。

 

歩くことは良い事だらけ

歩く 良い事

 

【関連記事】
ウォーキングとジョギングの効果と消費カロリー。どっちが痩せる?
早歩きダイエット効果!カロリーや速度は?時間やコツは?
セロトニンの増やし方!食べ物や運動で効果的に増やす方法は?

 

いつでもどこでも、時間を気にせず手軽に始められる散歩。
その効果は絶大です。

無理なく運動不足も解消できて、ダイエット効果もあり、健康への効果も高く、心や身体に安らぎを与え、ストレス解消にも役立つ。

いいことづくめですね。

 

散歩をしていて、何よりも良いと感じるのは、日常のあわただしさの中で見えなくなっていた、自然の美しさや、季節を感じる心を取り戻せることです。

小さな幸せに気が付くことができます。

毎日を充実させるヒントは、散歩の中にあるのかもしれませんね。

ストレスを効果的に消すことができて、なおかつ健康と美容にも効果のある散歩。

 

ぜひ積極的に生活に取り入れてみてくださいね。

最初は5分ほどでも大丈夫ですよ。

Sponsored Link