季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

西条祭り2016の日程。見どころはだんじり・みこしの川入り!

西条祭りは、毎年10月に愛媛県西条市で行われるお祭り。

 

愛媛県西条市の石岡神社、伊曽乃神社、飯積神社、嘉母神社の4つの神社の祭礼を合わせて、西条祭りと称します。

 

だんじりやみこし屋台、太鼓台などが奉納される絢爛豪華なお祭りで、勇ましくも優美な風情があって、見応えがあるんですよ。

 

中でも伊曽乃神社の祭礼は、規模も1番大きく、西条祭りの中心です。

 

そこで西条祭りの日程やアクセス情報を交えて、伊曽乃神社の祭礼を中心にして、西条祭りの魅力をご紹介したいと思います。

 

・西条祭り2016の日程とスケジュール。
・西条祭りの見どころは“みこし”と勇ましく優美な“だんじり”
・西条祭りの鑑賞スポットは?有料席はある?
・西条祭りのアクセス方法と駐車場の有無。

 

上記のテーマに沿って書いていきますね。

 

Sponsored Link

西条祭り2016の日程とスケジュール。

 

日程:2016年10月15日(土)~16日(日)

 

 

・主なイベントスケジュール

10/8(土) 嘉母神社祭礼      
10/9(日) 嘉母神社祭礼      
10/14(金)   石岡神社祭礼    
10/15(土)   石岡神社祭礼 伊曽乃神社祭礼  
10/16(日)     伊曽乃神社祭礼 飯積神社祭礼
10/17(月)       飯積神社祭礼

 


Sponsored Link

西条祭りの見どころは“みこし”と勇ましく優美な“だんじり”

 

西条祭りは江戸時代から300年以上続いているお祭りで、“だんじり”とみこし、太鼓台が神社に奉納されます。

 

奉納されるだんじり、みこし、太鼓台は全部で150を超えると言われ、その中でも曽乃神社の祭礼に奉納される数は81台と一際多いことで知られています。

 

この数は1つの神社に奉納される数としては日本の中でも極めて多い数なんですよ。

 

ではその伊曽乃神社の祭礼を中心に、見どころをいくつかご紹介しますね。

 

宮出し
15日の早朝(午前0時~3時)にだんじりが伊曽乃神社に集合し、神様の乗ったみこしをお出迎えに上がります。

 

豪華なだんじりを担いで神社の階段を上がる様子は見応えたっぷり。

 

その後、みこしとだんじりは1日じゅう市内を練り歩きます。

 

御旅所 
16日に日付が変わった頃、市内の練り歩きを終えたみこしが、神様の宿泊所である御旅所に到着します。

 

この時、だんじり80余台は1台につき100個以上の提灯できらびやかに飾り、ずらりと整列して4台のみこしを次々とお迎えします。

 

提灯を揺らし金糸を光られ乱舞する様子はまさに豪華絢爛。お祭りの熱気も最高潮に達します。

 

真夜中から早朝の行事ではありますが、ぜひとも観覧しておきたい光景です。

 

宮入り
16日の夕刻は、祭りのフィナーレは川を渡って帰って行くみこしを見送る場面です。

 

加茂川の河川敷にずらりと並んだ60余台の見送りだんじりは壮観。

 

その中をみこしがしずしずと川入りをしますが、同時に神戸地区のだんじり11台も川に入ってみ

こしの周囲を取り囲み、みこしを渡らせまいとします。

 

これは、神様の行く手を遮るものではなくて、

「神様とお別れするのは名残惜しいのでもう少しとどまって下さい」というシチュエーションなんですね。

 

夕刻で提灯に灯がともった美しいだんじり、黄金に輝くみこし。

祭りの終わりを惜しむ様子は圧巻です。

 


Sponsored Link

西条祭りの鑑賞スポットは?有料席はある?

・おすすめスポットは加茂川土手

 

日中に観覧を楽しむなら、“川入り”が行われる加茂川土手がおすすめ。

 

西条市街と伊曽乃神社の間を流れる加茂川土手には、夕刻より行われる“川入り”(宮入り)を観覧するために、大勢の人が集まりますので、ひと目で場所がわかると思います。

 

良い場所で観覧したいなら正午ごろより張り切って場所取りをする必要がありますが、土手が斜面になっているので、夕刻からでもそれなりの観覧はできるでしょう。

 

ただし川入りの時刻は予定より大幅に早まったりする可能性もあるので、早めに現地に到着しておくことをおすすめします。

 

 

・真夜中に観るなら御旅所もおすすめ

 

“川入り”が珍しいので人目を引きがちですが、実は西条祭りが最高潮に盛り上がるのは、夜中に御旅所にみこしが到着するとき。

 

みこしに乗り移った神様を、仮の宿泊所である御旅所でお出迎えして、歓迎の奉納をする時なんです。

 

提灯の灯火で更に華麗に飾られただんじりが担ぎ手によって激しく揺れて、勇ましくも幻想的。

時間に都合のつく方は、ぜひ御旅所で観覧しましょう。

 

 

・有料観覧席は無いので時間帯によって観る場所を絞りましょう

 

西条祭りでは料観覧席が設置されません。

 

2日間、昼夜を問わずほぼぶっ通しで祭事がとり行われるので、観覧する時間帯によって観る場所を絞る必要があります。

 

逆に言えば、祭りの最中なら、どの時間帯に行っても必ず楽しむことができるということ。

都合のつく時間帯によって楽しみ方を変えても良いですね。

 

西条祭りのアクセス方法と駐車場の有無

会場 石岡神社、伊曽乃神社、飯積神社、嘉母神社
住所 愛媛県西条市内
電話 0897-52-1446(西条市役所 観光物産課)
地図
公式HP http://www.city.saijo.ehime.jp/soshiki/kanko/maturi2.html
電車の場合 JR伊予西条駅下車、車で約5分、または徒歩約20分
車の場合 松山自動車道いよ西条ICより約10分
駐車場 あり(10月16日加茂川橋下臨時駐車場)/無料 約1,500台

 

祭礼期間中は企業も学校もお休み!

 

【関連記事】

新居浜太鼓祭りの日程と見どころ。喧嘩の場所や歴史は?

広島西条酒まつりの日程、ゲスト。前売り券の料金は?

 

西条祭りは非常に市民に愛されているお祭りです。

市民のほとんどが祭りに参加するために、祭礼期間中は主な企業はほぼお休み。

 

学校も振替登校などで対処して、祭り期間中はお休みです。

 

遠方に暮らす西条出身者も、盆や正月に帰省せずとも祭りには帰省する!

という人が多いんだそうです。

 

 

市民の祭り愛はそれだけではありません。

 

絢爛豪華なだんじりは非常に高価ですが、このだんじりやみこしの新調、維持費、修繕費に至るまで全て市民や自治会の寄付によって運営されているのだとか。

 

西条祭りにお出かけの際は、ぜひ白熱した市民の熱狂ぶりも観覧して来て下さいね。


Sponsored Link