季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

立春の候の時期はいつからいつまで?挨拶例文や読み方。

立春は春のはじめの時期の意味です。

 

これから暖かくなりますよ、と言った意味ですが、それは一番寒い時期だからですね。

 

2月は一年で一番寒い時期です。

どこが春かと思いますよね(笑

 

時期としては、二十四節気の第一になります。

 

昔は、立春を一年の始まりと考えていたので、期間の意味としては、雨水の前日までになります。

 

挨拶文というとなにやら堅苦しい文字を使って、意味もわからず臆してしまう人もありますが、知ってみればとても便利な言葉が時候の言葉にはあります。

 

ここでは、その意味や使い方についてわかりやすくご説明していきたいと思います。

 

・立春の候とは?読み方や意味は?
・立春の候の時期はいつからいつまで?
・立春の候の時期に使う挨拶例文。結びは?
・Wordの挨拶文の定型文を使う

 

Sponsored Link

立春の候とは?読み方や意味は?

 

「りっしゅんのそうろう」ではありません。

「りっしゅんのこう」と読みます。

 

気候の候ですね。

立春の気候の挨拶として冒頭に良く使われます。

 

昔の人が使っていた なになにそうろう。

は、なになに「です」といった意味でした。

 

立春の候は、もう立春になりましたね。春のはじまりですね。

と言った挨拶ですね。

 

実際の季節の時期とはズレを感じますが、手紙文などの時候の挨拶としては、そういう習わしと思って良いですね。

 


Sponsored Link

立春の候の時期はいつからいつまで?

 

立春は分の翌日の2月3日から6日までの間で、その年により前後します。

次の雨水までの間が立春の時期になります。

 

雨水もその年により違いますが、だいたい2月19日ごろになります。

雨水から、水がぬるみ、草木の芽が出始める頃とされています。

 

立春の時期は2月節分の翌日から2月18日ぐらいまでとなります。

二十四節気をさらにそれぞれ3つに分けた七十二候というものがあります。

 

七十二候。立春の候は?

略本暦では、それぞれの候に名前がついています。

〇初候・・東風解凍(こちこおりをとく)意味は、東風が厚い氷を解かしはじめる。

 

〇次候・・黄鶯睍睆(こうおうけんかん)意味は、鶯が里で鳴きはじめる。

 

〇末候・・魚上氷(うおこおりをいずる)意味は、割れた氷の間から魚が飛びでる。

七十二候は、江戸時代に暦学者が日本の気候に合うように改定されたので、季節感がぴったりきますね。

 

俳句の季語にも使えますね。

 


Sponsored Link

立春の候の時期に使う挨拶例文。結びは?

 

立春のころ、二月によく使われる言葉には、他に、

・如月(きさらぎ)・・・陰暦の二月の意味

 

・仲春ちゅうしゅん)・・・陰暦の二月の意味で、春の三か月の真ん中の意味

 

・節分(せつぶん)・・・立春の前日

 

女性の場合の挨拶文

女性の場合は、立春の候(りっしゅんのこう)では固すぎるので、みぎりを使います。

 

例、立春のみぎり。

 

みぎりだと可愛らしい感じがしますね。

 

みぎりとは、水限のことで、時節、ころ、おり、の意味です。

昔は『砌』と書きました。

 

水限は、雨滴の落ちるきわ、ちょうどそのようなころですね、と言った意味で使います。

 

女性でもビジネス文書の場合は、立春の候が望ましいです。

上の方やビジネスでは、作法にのっとった時候の挨拶がふさわしいですね。

 

良く使われる2月の冒頭文

・早春の候  ・向春の候

・春浅の候  ・晩冬の候

・余寒の候  ・春寒の候

・春雪の候  ・残寒の候

・残雪の候  ・梅鶯の候

などがあります。

 

これらは立春に関わらず二月いっぱい使えますよ。

梅鶯の候(みぎり)など、実に風情がありますね。

 

立春の結び文

びとは、最後に書く締めの文です。

冒頭に合わせた文になります。

〇立春の候・・・・立春とは名ばかりの寒さです、どうぞお風邪などひかれぬようにご自愛ください。

 

〇余寒の候・・・・余寒厳しきおり、なにとぞ体調崩されませんようにご自愛ください。

というふうに合わせます。

 

ビジネスで使う立春の挨拶文

やはり立春の候が多いですが、気をつけたいいのは、十四節気の言葉は使って良い時期が決まっていることです。

 

立春は節分の翌日から雨水の前日だいたい2月18日までと決まっています。

それ以外の日にちには使えないのです。

 

〇ビジネスの挨拶文例

立秋の候、貴社ますますご発展のことお喜び申し上げます。

 

Wordの挨拶文の定型文を使う

Word 2016 小ワザ集:あいさつ文や定型文を挿入する

 

Wordをお使いでしたら、挨拶定型文の挿入が簡単です。

 

Wordの定型文を挿入してみます

挿入を選択→挨拶文→挨拶文の挿入→月を選択→安否の挨拶か、感謝の挨拶を選んで挿入します。

【Wordの定型文例】

・余寒の候、貴社ますますご盛栄のこととお慶び申し上げます。

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

 

・春寒の候、貴社ますますご盛栄のこととお慶び申し上げます。

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

 

【要件の起こし文を選びます。】

・さて

・他でもございませんが

 

【結びの言葉を選びます】

・引き続き倍旧のご厚情を賜りたく、切にお願い申し上げます。

 

Wordをお使いでも、挨拶の定型文が入っていることを知らない方も多いのではないでしょうか。

簡単ですので、ぜひ使ってみてくださいね。

 

手書きの方が風情が伝わる

 

【関連記事】

三寒四温の意味と時期。いつの季語?挨拶例文や英語は?

お年賀の意味。タオルやお菓子は?お歳暮や年賀状との違い。

立冬の意味と時期。立冬の挨拶文例。おすすめの食べ物は?

寒露の意味と時期。おすすめの食べ物は?寒露の候の使い方。

年の瀬の意味や語源とは?使い方や挨拶の例文。ビジネスは?

 

メールや携帯電話やインターネットの時代ですが、手書きで季節の変わり目に「いかがお過ごしですか?」と手紙やはがきをいただくと、嬉しいものですね。

 

四季を感じる言葉とともに、大切な方に挨拶文を送ってみられるのも素敵なことです。

 

絵を添えた絵手紙などもうれしいものですよね。

二十四節気や七十二候を知るということは、季節のご挨拶のきっかけにもなります。

 

その折々の季語は風情もあり便利なものですよね。

ぜひ季節の変わり目に、お手紙したためてみてくださいね。


Sponsored Link