季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

*

冷房病の症状と対策。頭痛、腹痛の対処法。クーラー病の原因。

の暑い季節になると必須なのが冷房(クーラー)ですよね。

家の中、仕事場、電車の中、スーパー、どこでも冷房なしではいられません。

 

冷房の中にいると、ひとときの暑さを忘れて快適に過ごすことができます。

そのため、長時間冷房の効いた場所に居続けてしまうことも。

 

でも、冷房は当たり続けると頭痛や腹痛など、健康に害をなす症状があらわれるもの

今回は、冷房病といわれる症状や原因、そして対策などについて書いていきます。

 

夏の暑い盛り、こういった知識を頭の片隅に入れておくだけでも予防効果がありますので、ぜひ参考にしてみて下さいね。

・冷房病とは?クーラー病とは違うの?
・冷房病の症状とは?
・冷房病で「吐き気・めまい・おう吐」まで引き起こす理由は?
・冷房病の症状が出た時の対処法は?
・冷房病にならないための対策は?

 

Sponsored Link

冷房病とは?クーラー病とは違うの?

OL 寒い 震え

 

冷房病もクーラー病も同じものです。冷房病・クーラー病という病名はないものの、冷房やクーラーで体を冷やすことが体調不良に繋がるため、「冷房病」または「クーラー病」と言うのです。

 

体を芯から冷やし過ぎて体が「冷えるのやだ!温めてよ~!」と悲鳴をあげているのですが、冷房病の症状は「夏バテ」に似ていることから、暑さに負けているのかもと冷房病の緩和とは反対の事をしがちなのです。

 

体が冷えて悲鳴を上げ、体調不良を起こさないためにも、冷房病の症状と対策・改善方法を、チェックしておきましょう。

 

冷房病の症状とは?

冷房 寒い 主婦

 

「冷房病」へと体が傾き始めると、体は悲鳴よりも先にサインを出します。ちらっとしかサインを出さないので、なかなか気づきにくく、さらに女性ならではの勘違いしてしまうこともあるのです。

 

手足の冷えが、冷房症の始まりのサイン

本当にちらっとサインですよね。知らず知らずに体を冷やしていくので、気が付いた時には「全身冷えてる!」ということも。

 

冷房病の始まりのサインは「手足の冷え」です。もともと冷え性だという方は特に気をつけたいもので、「いつもの冷え性」だと思っていると違うことがあります。

 

ぐるっと周りを見渡して、冷房の風が当たっている環境だったり、外と室内の温度の差がある環境の方は、冷え性よりも冷房病である可能性が高いです。

 

手足が冷えてくると、老廃物を外へ出すリンパの流れや血の巡りが悪くなり、むくみが出てきます。女性はここで、夏太りと勘違いしやすいのでご注意!

 

冷房病の始まりでむくみやすくなっているだけの場合があるので、デトックス効果・利尿作用のあるお茶やコーヒーを避けてダイエットをしようとせず、冷房病かどうかのチェックをしましょう。

 

そっとお腹や腰周りを触ってみましょう。いつもよりもひんやりとしていませんか?これも冷房病の症状で、体が冷えているサインなのです。夏太りではないですよ。

 

少しずつ表れる体のサイン

手足の冷え、お腹・腰周りの冷えが進むと体全体が冷えてしまいます。

 

「頭痛」ががちらちらと顔を出したり、風邪に似たような症状が出てくるので、「夏風邪か?!」と風邪薬へと手を出したくなりますが、ここに「肩こり」「腰痛」「むくみ」が見え隠れしていたら、冷房病の可能性があります。

 

風邪薬を飲む前に、「冷房病」対策で体の調子を整えてみましょう。

 


Sponsored Link

冷房病で「吐き気・めまい・おう吐」まで引き起こす理由は?

女性 吐き気

 

冷房病で体が悲鳴を上げてしまうと、日常生活に支障をきたすような体調不良が出てきます。

 

どうして体が悲鳴を上げるのかというと、女性の体がデリケートだからです。

 

でも、これは本当のことで、冷房やクーラーによって体が冷えると、自律神経のバランスが崩れます。自律神経の乱れが、女性ホルモンのバランスを崩し、体調不良へと繋がってしまうのです。

 

女性ホルモンが乱れると、不眠・イライラ・不安になる・むくむと、精神的にも身体的にも負担がかかり、吐き気・めまい・おう吐を引き起こすことがあるのです。

 

女性のみなさん、女性はデリケートですから、冷房病から身を守ることは大事なのですよ。

 

「冷房病」に悩まされる方も多いでしょう。体調を崩すことで周りに迷惑がかかるからと、病院にも通うと思います。ところが、特にこれと言った原因がない、ということもあります。

 

そうなのです。冷房病は、心身共に症状はでているけれど、はっきりとした原因が分からず薬では対応できない「不定愁訴」と言われるものに分けられるのです。

 

だから、「冷房病」も「クーラー病」も正式な病名ではなく、決定的な治療薬・治療法がないのが本当です。

 

「冷房病の対策や緩和ができないじゃない!」と思うでしょう?大丈夫!自分の体は自分で変えちゃいましょう。

 

デリケートで不調へ傾きやすいのなら、デリケートだから好調にも持っていきやすいのです。キーワードは「温める」ですよ。

 

冷房病の症状が出た時の対処法は?

冷房

 

冷房病にならないための対策、冷房病の症状が出た時の対処法と、どちらにも言えるキーワードは「温める」です。

 

靴下を重ね履きにする・冷房、クーラーの設定温度を上げる、一枚多く着る・ひざ掛けを利用すると対処法はありますが、これって実際にはなかなかできない女性もいるのではないのでしょうか。

 

会社で周りが暑いと言って冷房をガンガンかけている中で「冷房病なので」と、見た目や周りの環境を変えるのはなかなか難しいのが現実だと思うのです。

 

ここでいう「温める」は、体の外から温めるではなく、体の中から温めるということです。

 

体の中から温めるポイントは?

ホットココア

 

体の中から温めるには、食事が大事になります。実は「白い食べ物」は体を冷やすのです。

 

始めに触れた「暑さに負けた」と勘違いしちゃうと、食べてしまう「素麺」「バニラアイス」「シャーベット」「うどん」、ついつい飲んでしまう「砂糖入り清涼飲料水」と考えると、白い食べ物や飲み物を自ら摂って体を冷やしてしまっているのです。

 

一番大きなポイントは「白い食べ物」を「い食べ物」へとチェンジさせましょう。

 

白米より玄米、素麺よりも蕎麦、白砂糖は黒砂糖にと変えていくことで、体が内側から冷えてしまうのを予防します。

 

そして、飲み物は砂糖の入っていないものを飲むようにしましょう。コーヒーや緑茶は、利尿作用が高いので体を冷やすため、夏場は避けるほうがいいかと思います。

 

温かい飲み物にするようにして、こまめに飲むようにしましょう。

 

生姜紅茶を勧めたりはしません。これは好き嫌いが分かれてしまう飲み物です。しかも、自分が苦手にしているものを飲むのは「ストレス」になって、それこそ体の冷えに繋がります。

 

ホッとする瞬間+ドキドキで自律神経のバランスを取る

ワクワク キラキラ 女性

 

好きな温かい飲み物を飲んだ時の「ホッとする瞬間」が、冷房病ガードが張られる瞬間なのです。

 

ホッとする気持ちが、体温を上げる働きをする自律神経に働きかけ、冷房病ガードが張られ、冷房病対策にも対処法にもいいのです。

 

お風呂に入ってホッとする・ベッドに入ってホッとする・トイレに入ってホッとする、とホッとする時間を作ったら、次はドキドキです。

 

好きなアイドルや俳優、好きな人と過ごす時間(妄想でもOK!!)でドキドキするといい緊張感が体に働き、ホッとしたら、ピシッともするというバランスが取れていき、自律神経の乱れが緩和していくのです。

 

しかも、ホッとする瞬間とドキドキは、女性ホルモンを活性化させるので、さらに「冷房病ガード」を厚くするのですよ。

 

冷房病にならないための対策は?

けんちん汁

 

心のバランスが取れてきたら、食事に体を温める根菜類をプラスする

白い食べ物・飲み物をなるべく避けて、黒い食べ物に変える。ホッとする瞬間とドキドキで、自律神経を整え始めると、冷房病ガードが働き、胃腸の調子も良くなってきます。

 

ここに根菜類を使った食事を取りいれて体を中から温め、消化にかかる熱量で、さらに鉄壁の冷房病ガードを作るのです。

 

いきなり体を温める食べ物を摂るのは、今までお粥を食べていたのをやめて、いきなり揚げ物を大量に食べるようなものです。

 

胃もたれをおこし、ホッとしないトイレと仲よくなってしまい、かえって疲れや体力が落ちて冷房病を呼び寄せてしまいます。

 

段階を踏んで体の調子を整えたうえで、食事を変えていくことで、冷房病鉄壁ガードができて、対策も対処もできる体質へと繋げることができるのです。

 

今の自分の冷房病対策・対処法が、段階を踏んでいるものかを見直すことも、大事な冷房病対策なのです。

 

体の中から冷房病対策

【関連記事】
冷房病の頭痛対策。ダルさや吐き気の治し方。漢方、マッサージ。
夏バテの症状と対策。夏バテのしやすい人や生活とは?

安眠熟睡!熱帯夜対策快眠グッズおすすめで暑さを吹き飛ばす!
夏風邪の症状(子供・大人)と治し方。喉の痛み、高熱の対処法。
夏太りの原因と解消法。水太り、むくみ改善。食べ物、運動で予防。
夏痩せの原因と対策。痩せるのは病気?運動や食べ物で改善。

冷え性改善方法!おすすめ食べ物・飲み物。ストレッチのやり方。

赤ちゃんの暑さ対策。部屋、外出先での上手な体温調節方法。

 

今年の夏は「鉄壁の冷房病ガード」を作り、体の中から変えていく冷房病対策と対処法で、上手に乗り切ってくださいね。

 

もしかしたら「冷房病」かもと思われた方は、冷え始めているのなら職場で薄い腹巻を履いて、冷房病鉄壁ガードを作り始めてくださいね。

 

職場や学校で冷房やクーラーとうまく付き合うようにするのも、大事な冷房病対策と対処法なのです。