季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

レインブーツ簡単お手入れ方法!長靴を長持ちさせるには?

雨の日って憂鬱という人も多いと思います。

 

雨の日に活躍するのがレインブーツ。今はあまり見なくなりましたが、まだまだ雨の日や梅雨の時期には活躍しています。

 

素敵なレインブーツもたくさん出てますよね^^高級ブランドのお店でも扱っていたりします。

 

子供なら、おしゃれなレインブーツを買ってもらったら、早く雨降らないかな~?なんて、急に雨が待ち遠しくなるかもしれませんね(笑

 

レインブーツはちゃんとお手入れしないと、ひび割れたり硬くなったりしてしまいます。

 

せっかく買ったおしゃれなレインブーツを長持ちさせるために、傷まない簡単お手入れ方法をご紹介しますね♪

 

・天然ゴムと合成ゴムの特徴について
・レインブーツをお手入れするとどれくらい長持ちする?
・レインブーツによくあるトラブルとは?
・レインブーツを長持ちさせるお手入れ方法は?

 

上記のテーマに沿って書いていきたいと思います。

 

Sponsored Link

天然ゴムと合成ゴムの特徴について

レインブーツ

 

まずはレインブーツの素材についてご紹介します。レインブーツの素材には天然ゴム合成ゴムがあります。

 

天然ゴムの特徴

天然ゴムはゴムの木の樹液から作られたゴムです。強度が強く、傷つきにくいのが特徴。

 

合成ゴムの特徴

合成ゴムはゴムの木の樹液に石油を加えて作られたゴムです。着色性がよく、扱いやすいのが特徴。

 

5,000円以下のレインブーツはほとんどが合成ゴムです。

 

Sponsored Link

レインブーツをお手入れするとどれくらい長持ちする?

 

レインブーツの寿命は1~2年と言われています。意外と短いですよね。

 

きちんとお手入れすることによって、寿命が2倍ほどになるんです。
レインブーツのお手入れ方法も記載していくのでぜひご覧くださいね♪

 

Sponsored Link

レインブーツによくあるトラブルとは?

レインブーツ トラブル 種類

 

レインブーツによくあるトラブルについてご紹介します。

 

トラブルの原因をしっかりおさえておくことで、適切なお手入れができるようになりますよ。

 

ひび割れと硬化

レインブーツの素材は硬くなりやすいので、折りたたんだままにしておいたりすると硬くなってしまいます。
硬化によって表面に傷ができ、そこからひび割れをおこすこともあります。ひび割れはレインブーツの表面にできた傷が原因です。

 

 

臭い

レインブーツは水を通さない素材ですので通気性が悪く、当然ですが蒸れます。

 

蒸れると足は汗をかきますよね。通常の靴でさえ足は汗かきですので、レインブーツのように丈が長いものは余計です。
汗をそのまま放置しておくと、雑菌で臭いが強くなりますし、水虫などの足のトラブルにもつながります。

 

黄ばみ

黒や茶などの色の濃いレインブーツなら目立ちませんが、色の薄いレインブーツは酸化によって黄ばむことがあります。

 

合成ゴムは、黄ばみをおこしやすい傾向があります。

 

レインブーツを長持ちさせるお手入れ方法は?

レインブーツを長持ちさせるお手入れ方法をご紹介します。

 

 

ケア剤を塗る(スプレー式が多いので、スプレーして乾いた布 でふき取る)。ケア剤によって、しなやかになり、寿命が延びます。

 

②はいた後は、汚れや水分をふき取り、陰干しにする。汚れ落とし剤もあります。

 

③レインブーツの内側には消臭スプレーをする。

 

乾燥剤を入れておく。

 

直射日光は避けて、ブーツ用ハンガーなどにかけて保管する。

 

これらのお手入れ方法をきちんとすれば、長持ちすること間違いなし。
きちんとお手入れをして、お気に入りのレインブーツを長持ちさせてくださいね。

Sponsored Link