季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

青森ねぶた祭り2017の日程と見どころ。ハネト参加の注意点は?

青森ねぶた祭りは、青森県青森市で8月の初旬に開催されるお祭りで、国の重要無形民俗文化財にも指定されている有名なお祭りです。

 

北国の夏を無尽蔵の熱情で沸かす青森ねぶた祭り。

見たことがなくとも名前は知っている方も多いと思います。

 

青森ねぶた祭りでは、「ラッセ!ラッセ!ラッセラー」と威勢の良い掛け声とともに、絢爛豪華な武者人形のねぶたが、跳人や囃子方たちと青森市内を賑やかに練り歩きます。

 

最終日は花火大会も開催され、花火を背景に豪華なねぶたが海上運航される様子は、なんとも情緒溢れる光景なんですよ。

 

今回は青森ねぶた祭り2016の日程や見どころ、ハネト参加方法や楽しみ方など青森ねぶた祭りの魅力を、下記の順にたっぷりお届けしたいと思います。

 

・青森ねぶた祭り2016の日程。見どころは?
・青森ねぶた祭りが盛り上がるおすすめスポット、有料観覧席は?
・青森ねぶた祭りの楽しみ方、ハネト参加方法
・青森ねぶた祭り最終日の花火!おすすめ観覧スポット!
・青森ねぶた祭りへのアクセス情報と混雑状況

 

Sponsored Link

青森ねぶた祭り2016の日程

 

日程:2016年8月2日(火)~7日(日)

 

・雨天の場合

青森ねぶた祭りは雨天決行です。雨天時にはねぶたに大きなビニールをかけて運行するので、中止にはなりません。過去にも運行が中止になったことはありませんのでご安心下さいね。

 

 

・主なイベントスケジュール

8月1日(月) 18:00~21:00 前夜祭
8月2日(火)・3日(水) 19:10~21:00 子どもねぶた
  19:10~21:00 大型ねぶた運行
8月4日(木)~6日(土) 19:10~21:00 大型ねぶた運行
8月7日(日) 13:00~15:00 大型ねぶた運行
  19:15~21:00 第62回青森花火大会
  19:15~21:00 ねぶた海上運行

 


Sponsored Link

青森ねぶた祭りの見どころは?

 

青森県青森市、人口30万人の北の街が、10倍以上の観光客で賑わうお祭りが青森ねぶた祭り。

 

仙台の七夕祭り、秋田の竿火(かんとう)祭りと並んで、東北三大祭と言われており、そのなかでも観客動員数はダントツにすごいんですよ。

 

ねぶたには扇型と人形型があり、青森市のねぶたは人形型です。

 

青森ねぶた祭りのねぶたは、水滸伝や三国志、歌舞伎や神話などを題材にした大型の張りぼて人形を乗せた山車で有名ですが、青森以外の場所へ遠征する場合は、遠征地にちなんだ題材を用いることもあります。

 

ねぶたは、最大のもので幅約9m、高さ5m、奥行き8m、重さ4tにもなる巨大なもので、その姿はまさに巨大な雲海のようです。それを数十人掛かりで市内を曳き廻してゆきます。

 

なぜ横にワイドかというと、都市計画により電線が張られたことで、縦方向が制限され、横幅が広い形になったというわけです。

 

観る者を圧倒し、暑気のけだるさを一気に吹き飛ばす!

 

ねぶたの内部には、600~800個、総容量にして2万キロワットにもなる電球や蛍光灯が取り付けられています。最近はLEDなどに替わり、より明るく鮮明に輝くようになりました。

 

闇夜に浮き出す立体武者は、まばゆいばかりに光輝き勇壮にして荘厳。

 

引き手がねぶたを前後にうねったり台座ごと回転したり、観衆に迫る勢いで躍動させる様は、まさに迫力満点!

 

ねぶたの前後を埋め尽くすのは、お囃子と、ハネト(跳人)と呼ばれる踊り手さん。お囃子だけで50人~100人もの人たちで構成されています。

 

躍動と熱狂!色が踊る!色が跳ねる!

青森ねぶた祭り ハネト

 

囃子のリズムにあわせて跳ねるように踊る跳人。

昔は赤襦袢と花笠でしたが、今は浴衣にカラフルな腰巻きやたすきやしごきを身に付けています。

 

「ラッセ!ラッセ!ラッセラー」と威勢よく掛け声を掛けながら、ねぶたの周りをぴょんぴょん跳ねながら踊ります。

 

跳人の浴衣にはがつけられていて、跳ねるたびにシャンシャンと鳴る音が、幸せを呼ぶとして人気があるんですよ。

 

また、仮装する「化人(ばけと)」と呼ばれる人々もいて、女装した姿が観客の笑いを誘い、祭りをさらに盛り上げていきます。

 

うねるような圧倒的な熱気とねぶたの大迫力。

青森ねぶた祭りは、一度観たら病みつきになること間違いナシの、魅力たっぷりなお祭りなんですよ。

 


Sponsored Link

青森ねぶた祭りが盛り上がるおすすめスポット、有料観覧席は?

出典:http://www.nebuta.or.jp/

出典:http://www.nebuta.or.jp/

 

観覧に盛り上がるおすすめスポットをいくつかご紹介しますね。

 

人気のスポットは見応えも充分ですが、混雑も必須。

条件に合ったポイントを探してみて下さいね。

青森県庁舎前

住所: 青森県青森市長島1丁目1−1

地図:


道幅が広いので、ねぶたの山車も大きく回転したりうねったりと、見せ場のポイント。アナウンスも流れるので人気があるスポットです。当然、それなりの混雑は覚悟して下さいね。

 

アスパム通り×新町通り交差点

住所:青森県青森市新町1−13−5付近

地図:


道幅が広く、大きな交差点ですので、見せ場的なポイントです。ねぶたの山車が大きく回転したりうねったりして観客にアピールしてくれます。

 

このポイントも毎年人気なので、大変に混雑すると思いますが、見応えは充分です。

 

国道4号線沿い


国道4号線は6車線ある幹線道路なので、ねぶたが大きく回転したり躍動感ある動きを見せてくれます。

 

長い直線を次第に迫ってくる迫力を楽しむのにも絶好のスポットです。県庁前は大変に混雑するので、平和公園通りなど、青森駅より遠ざかると良いかも知れません

 

新町通り沿い


新町通りは国道4号線に比べると道幅が狭いので、より間近でねぶたを観覧することができます。ねらい目は交差点。

 

青森駅より遠く、県庁より更に遠くなるほど人混みは少なくなりますので、条件に合わせて混雑具合を調節して下さいね。新町通りと国道4号線、両方楽しむのもアリですね。

 

有料観覧席

 

青森ねぶた祭りをベストポジションで観るなら、有料観覧席ですね。

有料観覧席は歩道に設置されていて、10名以上の団体観覧席と9名以下の個人観覧席があります。

 

団体観覧席はパイプ組桟敷席個人観覧席はパイプ椅子席

どちらも野外設置のため、雨天時にはレインコートが必要。

 

料金は団体観覧席・個人観覧席ともに1人2,600円。

詳しくは6月中旬以降に公式HPにて発表されるので、チェックして下さいね。

 

青森ねぶた祭りの楽しみ方、ハネトに参加する時の注意点

青森ねぶた祭り ハネト

 

青森ねぶた祭りのもう1つの醍醐味、跳人(ハネト)

1台のねぶたに500人から1,000人、多いときには2,000人もの人が跳ねて踊ります。

 

全祭り期間を通じて9万人もの人がハネトに参加しているんですよ。

そんなハネトに参加してみたい!と思っていらっしゃる方もいることでしょう。

 

 

やっぱりお祭りは参加してこそ楽しいですよね。

青森ねぶた祭りのハネトは、観光客でも参加できることで有名なんですよ。

 

そこで青森ねぶた祭りの、もう1つの楽しみ方として、ハネトに参加する方法をご紹介しますね!

 

老いも若きも男も女もシャンシャン鳴らして飛び跳ねる!

 

ハネトは正式なハネト衣装を着ていれば、誰でも(観光客でも)、どの団体のねぶたにも基本的に自由に参加できます

 

一部の団体で、全員が揃いの衣装を着ていて部外者お断りの団体がありますが、基本的には自分の好きなねぶたに自由に参加できると思って大丈夫です。

 

 

ハネト衣装は県内のスーパー・デパートなどで一式5,000~10,000円程度(花笠を除く)で売られていますし、ねぶた運行ルート上ではレンタル(4,000円前後)をしてくれる店も多数あります。

 

もちろん、衣装の着付けもしてくれるので、気軽にハネト参加することができますよ。

 

もっと本格的に参加したい!と思う方は「福財布(ふくさいふ)」という貴重品を首から提げておく巾着(400円程度)を購入すると良いですね。

 

 

ねぶた祭り用品店では、金魚ねぶたの形をした、可愛いらしい金魚財布も売っています。

 

ハネト衣装を着たら、これにお金や携帯などの貴重品を入れて、首から提げてベルトに挟んでおきます。慣れない衣装ですから、絆創膏も入れておくと便利ですね。

 

 

携帯するものとしては、他にうちわと手ぬぐい(タオル)も必要です。

 

足袋と草履を固定する布ヒモもあると便利です。

固定の仕方は、地元のハネトさんに声をかけたら、きっとやってくれると思いますよ。

 

北国の夏を沸き立たせる都市型祭りの熱狂に参加しよう!

ハネトは事前の登録や受付などは一切ありません

 

ハネト衣装を着て、ねぶた運行スタート30分前までに、待機しているねぶた団体(ハネトの集団)に入ればOK!あなたも是非ハネトに参加してみませんか?

 

 

青森ねぶた祭り最終日の花火!おすすめ観覧スポット!

青森ねぶた祭り 花火

 

青森ねぶた花火は、ねぶた祭りの最終日に打ち上げられます。

 

祭りで賞をとったねぶたが海上運行をして、その上で約1万1000発の花火が打ち上がるので、ねぶたと花火の美しいコラボレーションを観ることができます。ラストには大型スターマインも上がります。

 

夕暮れから夜にかけて、花火を背景に堤川を流れていくねぶたとお囃子。

夏の暑さを流すような情景は、観る者に得も言われるぬ感動を与え、祭りの最後にふさわしい場面です。

 

青森ねぶた祭 海上運行

 

花火は有料観覧席(2,000円~4,000円)のほか、青森港の堤埠頭近辺から、メモリアルシップ八甲田丸近辺の海岸沿いで観覧することができます。

 

海岸沿いであれば、大体どこでも見えると思いますよ。

 

 

ただしねぶたと花火のコラボを鑑賞するスポットは別です。

 

海上運行しているねぶたは遠いので小さく見えるし、迫力が無いのが事実です。

また海上運行中は、真上に花火がなかなか上がりません。

 

 

そこで、ねぶたと花火のコラボを鑑賞したいのなら、「ねぶたラッセランド」付近をおすすめします。

ここは海上運行のねぶたの発着場所となる場所です。

 

近場のねぶたと背後の花火が存分に楽しめると思いますよ。

ただし人気の場所なので、かなり混雑する可能性があります。

 

青森ねぶた祭りのアクセス情報と混雑状況

会場:青森市中心部

住所:青森県青森市

電話:017-723-7211(青森観光コンベンション協会)

地図:


公式HP:青森ねぶた祭り

電車の場合:JR青森駅より徒歩5~20分

車の場合:青森道青森中央ICから約4km15分

 

駐車場】

青森ねぶた祭りの臨時駐車場は2ヶ所あります。

・青森操車場跡地北側

住所: 青森県青森市中央2丁目10-10(ハローワーク隣り)

地図:

・サンロード青森東側

住所:青森県青森市緑3丁目9-2

地図:

 

【交通規制】

2日~6日の間、ねぶた運行コース内エリアで交通規制が敷かれます。

また7日はねぶた海上運行のための移動経路と、花火のためベイブリッジが車両通行止めになりますのでご注意下さい。

青森ねぶた祭り 交通規制

 

ねぶたの名人“北川のジサマ”が育てた斬新で華やかなねぶた!

青森ねぶた祭り

 

【関連記事】

青森ねぶた祭り。宿泊ホテルおすすめはココ!観光もたっぷり。

弘前ねぷた祭りの日程。運行コースとおすすめ鑑賞場所。

仙台七夕まつりの日程と楽しみ方。花火やイベント情報。

西馬音内盆踊り日程と見どころ。桟敷席、宿泊所情報。

八戸三社大祭の日程。山車のおすすめ鑑賞場所は?

盛岡さんさ踊りの日程とイベント時間。おすすめ宿泊所は?

 

ねぶたの作成方法に改良を加え、より芸術的で迫力あるねぶたに仕上げたのは、“不世出のねぶた師”と言われた北川金三郎氏。ねぶたの神様と言われている北川啓三さんの父親です。

 

初めて骨に針金を使い細部の表現力を高めたり、光源に電球を使うことで度肝を抜く明るさを演出したりすることで、青森ねぶたをより華やかに変えました。

 

その功績から『ねぶた名人』の称号が与えられましたが、決して気難しいタイプではなく、人がらはとても気さくで、“北川のジサマ”と親しまれていたようです。

 

 

青森ねぶた祭りについてご案内致しました。

 

北川のジサマが情熱をもって命を吹き込んだ巨大に光り輝くねぶたの造形美。

そしてそれを盛り上げるお囃子やハネトの熱い踊り。

 

新旧一体となって脈々と受け継がれる青森ねぶた祭りは、今もなおその盛り上がりや魅力、活気を維持し続けています。

 

みちのくの短い夏を堪能できる青森ねぶた祭り。

最終日は海上を行くねぶたに花火が咲き乱れてとても幻想的。

 

今年の夏は、ぜひ青森ねぶた祭りを楽しんではいかがでしょうか。

きっと良き日本の姿を肌で感じることができると思いますよ。


Sponsored Link