季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

*

ピンキリの由来と意味。どちらが上?類語や英語の表現はあるの?

「ピンキリ」「ピン」「キリ」というのは何の事でしょうか?
押しピンの「ピン」と木に穴をあける「キリ」だと思っている人が多いようですが、全く違います。

 

今回は、そんな「ピンキリ」の意味と共に、「ピン」と「キリ」の由来についてまとめてみたいと思います。

・ピンキリの意味は?どんな由来があるの?
・ピンキリはどちらが上?
・ピンキリの類語はあるの?
・ピンキリの英語表現はある?

 

Sponsored Link

ピンキリの意味は?どんな由来があるの?

手 指差し

 

ピンキリの意味

ピンキリとは、ピンからキリまでの略です。

「値段が高いものから低いものまで」という意味で使われる事が多いですが、「出来のよいものから悪いものまで」や、単に「色々」という意味で使われることもあります。

 

ピンキリの由来

室町時代、海外との交流が盛んになり、「ピン」という言葉が外国から入ってきます。
「押しピン」や「ヘアピン」などの「ピン」ではありません。

「ピン」は、ポルトガル語の「pinta」(点数)だと言われています。
ポルトガルから伝わったカルタ(カードゲーム)を元に作られた「天正カルタ」では、1点札をピンと呼んでいたのです。
これが、「ピン」の由来です。

 

「キリ」の由来は諸説あります。

 

1.限り
日本語の「限り」が変化して「キリ」となった。
キリがいい、区切りという意味で「最後」を表しています。
2.十字架
ポルトガル語の「cruz」(十字架)から十を意味している。
3.花札の桐
花札の絵は1月が松、12月が桐です。
最後ということで12月の絵は桐なので、キリと言うようになった。
4.天正カルタの12枚目
天正カルタは、12枚で1組です。
その12枚目のことを「キリ」と呼んでいたのです。

 

江戸時代には、俗語として「ピンからキリまで」という言葉が使われ始めます。
その頃の意味は、「最小から最大まで」「最低から最高まで」「最悪から最良まで」という意味でした。

 

昭和後期に入りピンキリと略して使われるようになり、意味も、微妙に変化します。
これまでの使われ方に加えて、「いろいろ」「様々」といった意味でも使われるようになったのです。

 

ピンキリはどちらが上?

はてな 女性
昔からのもので、風習や言葉などは時代とともに変化しているものが多いですが、その中でも言葉は特に変化する代表的なものです。

この言葉が言われ出した頃は“ピンが一番下で、キリが一番上”という意味で使われていました。

 

「ピン」の語源になった「天正カルタ」で、1点を「ピン」と呼んでいたことからピンは「1」を表し、数字の中で一番小さい=最低の意味で使われていたのです。
時代が進むにつれて、何故か、“ピンが上で、キリが下”の意味として定着し、現在ではどちらが上ということもなく、「色々」という意味でも使われています。

 


Sponsored Link

ピンキリの類語はあるの?

ピンキリの類義語には、玉石混交(玉石混淆)という言葉があります。
意味は、「すぐれたものと劣ったものが区別なく入り混じっていること」です。

 

また、「当たり外れ」も、「予想や予報などが当たることと外れること」「物事が成功したり、失敗したりすること」という意味がありますので、近い言葉ですね。

 

ピンキリの英語表現はある?

アルファベット 英語
ピンからキリまでという意味の英訳を紹介します。

It’s a mix of good and bad.
(良いものと悪いものが混ざっている)
From very expensive to very cheap
(非常に高価なものから、非常に安価なものまで)
(○○) has a wide range of prices.
(○○の価格は幅がある)

 

「ピンからキリまで」は江戸時代からの古い言葉

【関連記事】

「生かすも殺すも」の意味や類語。四字熟語や英語で表現すると?

情けは人のためならずの本当の意味と由来。英語や類義語は?
果報は寝て待ての意味。類義語や反対語。英語で言うと?
雨降って地固まるの意味と使い方。結婚式で使える?
酒は百薬の長?万病の元?意味や読み方。由来について。
青菜に塩の意味と使い方と、例文。類義語は?英語で言うと?

“百聞は一見にしかず”の意味。英語で言うと?例文や続きは?

 

今回の記事は「ピンキリ」の意味と由来についてでした。

「ピンキリ」は「ピンからキリまで」を略した言い方で「最低から最高まで」「色々」という意味があることが分かりました。

 

また、「ピン」と「キリ」のどちらが上なのかという認識は、「ピンキリ」という言葉が出来た時と、現在では逆になっていることも、不思議でしたね。