季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

お中元を贈る時期はいつからいつまでがマナー?過ぎたら?

就職や結婚をしたら、「お中元」や「お歳暮」を贈るものなのかな?

 

みんなはどうしているの?誰に贈るものなのか、いつ贈ればいいのか、分かっているようで分からないものですよね。

 

関西と関東じゃお中元の時期が違うらしいってホント?でも、いまさら人に聞くのも恥ずかしいし…。

 

今回は、知っているようで知らない、お中元を贈る時期と贈る時のマナーをまとめて紹介します。

 

・お中元ってそもそも何?
・お中元を贈る時期は?地域によって時期が違う理由?
・お中元を贈る側と贈られる側、どちらの時期に合わせればよいの?
・お中元は時期が遅れても大丈夫?
・自分や相手が喪中の時にお中元を贈ってもOK?

 

Sponsored Link

お中元ってそもそも何?

 

中元というのは暦に使われることばで、上元(旧暦1月15日)・中元(旧暦7月15日)・下元(旧暦7月15日)の三元なかのひとつです。
道教では、中元を人間贖罪の日として一日中火を焚いて神を祝う風習があり、のちに、死者の罪を赦すことを願う日となりました。

 

これが日本ではお盆の行事となり、お中元は、この時期にお世話になっている人に夏のごあいさつを贈る風習をさすようになりました。

 

そうめん

 

お中元は、離れて暮らす両親や親せき、お得意先、媒酌人や恩師など、目下のものから目上のものへ贈るものです。

 

ごあいさつ」の品ですから、無理のない金額のもので構いません。張り切って無理に高価なものを贈るのは避けた方がいいんです。

 

なぜかというと、お中元を贈ったら必ずお歳暮も贈るものだからです。そしてお中元は、一度きり贈るのは失礼になってしまいますし、次の時から明らかに金額が落ちるのもまた失礼なものです。

 

今年だけ贈りたいときは「お中元」ではなく「御礼」として贈りましょうね☆

 


Sponsored Link

お中元を贈る時期は?地域によって時期が違う理由?

 

お中元を贈る時期は地域によって違います。それは、お盆行事を7月15日に行う地域と、8月15日に行う地域があるからです。

 

お中元は、お盆の準備に間に合う時期に贈るものですから、7月15日に行う地域には7月初めから7月15日までに8月15日に行う地域には8月初めから8月15日までに贈るのがマナーです。

一般に7月15日までに贈る地域は、東北、関東、北陸です。

8月15日までに贈るのは、北海道・東海・北陸・関西・中国・四国・九州です。

(※北陸では都市部は7月15日まで、その他は8月15日まで)

 

ただ、関東では6月中旬から発送が始まりますし、関西でも7月初めからお中元が届き始めます。

 

これは、万一遅れて届くと失礼にあたるので早めに贈る習慣ができて広まっていったようです。

 

挨拶

 

お中元は本来持参するものですが、最近は郵送することが殆どです。でも、お中元を発送したことを知らせるあいさつ状を送ることを忘れずに☆

 


Sponsored Link

お中元を贈る側と贈られる側、どちらの時期に合わせればよいの?

お中元

 

でも、贈る側と贈られる側のお中元の時期が違うときにはいつ贈ればいいのかな?

 

お相手の方が、関東に住んでいるけれど、出身は関西なんだけど?などなど、贈る時期はけっこう迷いますよね。

 

基本的にはお中元は先方の住んでいる地域の時期に合わせればOKです。でも、相手の地域に合わせて何度も手配するのはタイヘン。

 

そんな時には、お中元は本来「お盆の準備に間に合うように贈るもの」ですから、遅れるよりは早めに贈りましょうね♪

 

迷った時には、どちらでも大丈夫な7月15日頃に届くようにするというのが賢い贈り方かもしれません。

 

お中元は時期が遅れても大丈夫?

 

お中元の時期に遅れたから今年は止めておこう…なんてことをしてしまう人はいませんか?ちょっと待って下さい!

 

毎年贈っていたのに、いきなりお中元やお歳暮を止めてしまうのは、「今後のお付き合いを控えます」という意味にとられることも!遅れてもきちんと贈りましょう

 

 

その時、お盆を過ぎてしまった場合は表書きを、親しい人には「暑中見舞い」、仲人さんなど目上の方には「暑中御伺」にして贈ります。

 

立秋を過ぎていたら、それぞれ「残暑見舞い」「残暑御伺」に変えましょう。

 

自分や相手が喪中の時にお中元を贈ってもOK?

 

お中元は、相手が喪中でも贈って大丈夫

 

ただ、四十九日を過ぎていない場合は、忌明け後に贈るなどの気遣いは必要かもしれませんね。

 

忌明けを待っていてお中元の時期を過ぎてしまった時は、「暑中見舞い」「暑中御伺」として品物を贈ります。

 

この時、水引は紅白はちょっと憚られますから、無地ののしにしておく方がよいでしょう。

 

 

【関連記事】

お中元のお礼状の書き方例文。ビジネス、個人のハガキの書式

お歳暮の時期。関東や関西はいつ?過ぎた時のマナーは?

 

いかがでしたか?

今回は、お中元を贈る時期と、お中元のマナーについてまとめてみました。

 

お中元は、「夏のごあいさつ」。

せっかく贈るのなら時期を逃さないよう、失礼にならないお中元の贈り方をしてくださいね。


Sponsored Link